2019/7/22  14:19

奇子  

奇子


2019.7.21(日)13:00開演
紀伊國屋ホール

A列9番


クリックすると元のサイズで表示します

原作:手塚治虫
上演台本・演出:中屋敷法仁
出演
五関晃一(A.B.C-Z) 三津谷亮 味方良介 駒井蓮
深谷由梨香 松本妃代 相原雪月花
中村まこと 梶原善

敗戦直後の東北の農村地帯で、大地主一族の遺産相続をめぐる骨肉の争いと恐ろしい欲望の果てにこの世に産み落とされた、奇子。一族の体面のために土蔵の地下室に幽閉され、下界から隔絶して育てられた、言わば“純粋培養”の奇子は、やがて性に対して奔放な美しい成人女性として世に放たれていくことになる…。


7/21に五関さんの主演舞台「奇子」を観てきました。手塚治虫氏原作であやこと読むのだそうです。時代背景や骨肉の争い、近親相姦などおどろおどろしたお話ときき身構えての観劇。それに最前列ほぼ真ん中というお席。子どもの頃犬神家の一族とか八つ墓村とか横溝作品を観ていたので、なんとなく昭和らしい懐かしさも感じました。人を殺したり犯したりと衝撃的なシーンもあるのですが、ダンスで表現したりしていて嫌悪感はいだきませんでした。またラストシーンからはじまり、真実を告白していくという感じで過去の場面へ。時々またラストの場面にもどったりと時系列通りではないのだけども、わかりにくいことはなく話にひきこまれました。
人のエゴ、悲しみ、兄弟愛、運命、いろいろと深い作品だったなあという印象です。
五関さんは片眼のビジュアルがなんともかっこいい。そして発声も聞き取りやすくよかったのですが、最後の方でちょっとかんじゃいましたね。まあそれが生もの。
駒井蓮さんはとってもかわいらしかった。相原雪月花さんの演技はすごいなあって思いました。あと三津谷亮さんも迫真の演技でした。

2019/7/10  18:10

読書記録  

誰の味方でもありません

クリックすると元のサイズで表示します

古市憲寿/著
新潮社 2019年4月

炎上したいわけではない。でも、つい言いたくなる。みんなが当然のように信じている価値観や正論って、本当にただしいのだろうか、と。いつの時代も結局見た目が9割だし、観光名所はインスタの写真に勝てないし、血がつながっているから家族を愛せるわけじゃない。“目から鱗”の指摘から独自のライフハックまで、メディアや小説など多方面で活躍する著者が「誰の味方でもない」独自の視点を提示する。(e-honのHPより)


面白かったです。わりと共感することが多く、私古市さん好きかも。

2019/7/10  17:16

エリザベート  

ミュージカル エリザベート


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


2019年7月7日(日) 12:00開演
帝国劇場

S席 1階A列40番

脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞:小池修一郎
出演:
花總まり/愛希れいか(Wキャスト)、井上芳雄/古川雄大(Wキャスト)、田代万里生/平方元基(Wキャスト)、京本大我/三浦涼介/木村達成(トリプルキャスト)、未来優希、剣幸/涼風真世/香寿たつき(トリプルキャスト)、山崎育三郎/成河(Wキャスト) ほか


クリックすると元のサイズで表示します


7/7 娘とエリザベートを観てきました。
東宝のエリザベートは2015年に2回、2016年に1回観ていますが、全部2階席。それが今回はなんと1階のしかも最前列というとってもすごい席がきてしまいました。
愛希さんのエリザベートは昨年宝塚で観たのですが、その時も2階席でした。
キャスト陣の美しさと迫力にただただ感激し、しばらくは落ち着いて観ていられませんでした。

今回の楽しみの一つは古川トートでした。ルドルフをやっていた古川くんがどんなトートになるのか、また京本くんとの美しいツーショット期待せずにはいられません。古川くんは、モーツアルトのときよりもまた歌がうまくなられていて、そして堂々としたトートでした。それでも愛希さんとふたりフレッシュ感があり、新鮮でした。
フランツも平方さんがとても素敵で、エリザベートとの結婚式までのラブラブ感が微笑ましかったです。この3人の組み合わせは若々しく雰囲気も変わった印象をうけました。でも他の組み合わせもみてみたいです。
京本ルドルフも前回よりもまたさらによくなってたように思います。
歌の部分が変わったと聞いていたのですがどこが変わったのかわからなかったです。あとで2016年版のDVDを見直してみたいです。できれば今回のも映像化されないかあと願ってます。
それから今年は植原くんもでていました。スタイルもよくてほんと素敵。
あと席のおかげでトートダンサーさんをよくみられました。ほんとに素晴らしいダンスでかっこいいです。2階席からだと誰がだれだかわからないのですが表情もばっちり見えてよかったです。やっぱり小南さんのお顔好きだなあってにやけちゃいました。

8月には井上さんトートを観られるので楽しみです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ