2020/2/27  10:19

泣くロミオと怒るジュリエット  

泣くロミオと怒るジュリエット

クリックすると元のサイズで表示します

2020年2月23日(日)13:30開演

シアターコクーン

S席 1階D列9番

作・演出:鄭 義信
出演:
桐山照史、柄本時生、橋本 淳、元木聖也、高橋 努、
岡田義徳、朴 勝哲、みのすけ、福田転球、八嶋智人、
段田安則 他

ストーリー
戦争が終わって5年。港を擁する工場街ヴェローナ。
工場から出る黒い煙と煤に覆われた鉛色の街。その街の空気をさらに不穏にしているのは、顔を合わせる度に揉め事を起こす2つの愚連隊“モンタギュー”と“キャピレット”だった。
“モンタギュー”の元メンバーで、今は更正してカストリ屋台で働く奥手でまじめな青年ロミオ。ロミオの親友で、喧嘩っ早くいつも問題を起こす張本人のマキューシオと、正反対に聡明で理知的なべンヴォーリオ。3人はそれぞれに、今の時代や自分の境遇に悩みや閉塞感を感じていた。そんな日々の憂さ晴らしに3人が出かけたダンスホールで、田舎から出てきたばかりのジュリエットに出会い、ロミオは人生で初めての恋に落ちる。しかしジュリエットはなんと、敵対する“キャピレット”のリーダーティボルトの妹だったのだ…!
そんなことはお構いなしに燃え上がる2人の恋。ロミオは白頭山東洋治療所の店主で父親のような存在のローレンスに相談するが…。2人を取り巻く様々な人物と共に、街は大乱闘に巻き込まれていく…。(公式HPより)


泣くロミオと怒るジュリエットを夫と観てきました。柄本時生くんがでるというので、夫も行きたいと言い、連れて行きました(笑)夫はお芝居など観に行くのは初めてだったと思います。
結構長時間だったのでちょっと疲れたようでした。
でも内容も年齢的には理解できるものだし、知っている俳優さんもでていて楽しめたのではないかな。
これはオールメール&関西弁というかなり異色のロミジュリでしたがとても面白かったし、戦争という背景の重さもつたわってきました。
時生くんのジュリエットはとってもかわいい。冒頭は笑ってしまいましたが、どんどんかわいくみえてきてもうジュリエットでした。ラストのドレス姿も素敵でした。
桐山くんは吃音のロミオ。想像していたロミオとはちがいましたが、その純粋なまっすぐな青年をしっかり演じていました。でもダンスシーンになるとさすがアイドル。キラキラ感あります。
あと橋本淳さんがかっこよかったです。これは初日に観た娘も言っていました。本家ロミジュリならロミオにピッタリのビジュアルです。
元木くんは得意のアクロバットをふんだんに使い迫力のある乱闘シーンになっていました。
そしてなんといっても八嶋さんと高橋さんのシーンが印象にのこりました。高橋さんが戦争の時のことを語るシーン。気迫が凄かったです。八嶋さんの普段のコミカルなおばさんキャラも一変しシリアスな二人のシーン。さすがです。
たくさん笑ったり心が締め付けられたり泣いたり、いろいろ考えせせられる舞台でした。



2020/2/17  17:16

天保十二年のシェイクスピア  

絢爛豪華 祝祭音楽劇
天保十二年のシェイクスピア

クリックすると元のサイズで表示します

2020年2月16日(日)12:30開演
日生劇場

S席 1階I列29番

作 井上ひさし
作曲 宮川彬良
演出 藤田俊太郎

キャスト
高橋一生 浦井健治 唯月ふうか 辻萬長
樹里咲穂 土井ケイト 阿部裕 玉置孝匡
章平 木内健人 熊谷彩春 梅沢昌代 
木場克己 他

あらすじ
江戸の末期、天保年間。下総国清滝村の旅籠を取り仕切る鰤の十兵衛は、老境に入った自分の跡継ぎを決めるにあたり、三人の娘に対して父への孝養を一人ずつ問う。腹黒い長女・お文と次女・お里は美辞麗句を並べ立てて父親に取り入ろうとするが、父を真心から愛する三女・お光だけは、おべっかの言葉が出てこない。十兵衛の怒りにふれたお光は家を追い出されてしまう。
 月日は流れ、天保十二年。跡を継いだお文とお里が欲のままに骨肉の争いを繰り広げている中、醜い顔と身体、歪んだ心を持つ佐渡の三世次が現れる。謎の老婆のお告げに焚き付けられた三世次は、言葉巧みに人を操り、清滝村を手に入れる野望を抱くようになる。そこにお文の息子 ・きじるしの王次が父の死を知り、無念を晴らすために村に帰ってくる―。
(公式HPより)

面白かったです。
天保水滸伝を父としシェイクスピアの全作品を母として生まれたという井上ひさしさんの戯曲。
天保水滸伝はよく知らないし、ジェイクスピアも全部は読んでないのですが、楽しめました。
言葉遊びがたくさんあって、そして卑猥な言葉や芝居もあるのだけど、嫌な感じはせず笑えました。シェイクスピアの聞いたことあるセリフ、みたことあるシーンがあって全37作品がおりこまれているんだそうです。
主役の一生さんは悪人ですがリチャード3世かな?三世治って名前だし。浦井くんはハムレットであったりロミオであったり、ああだから名前はきじるしの王次なのかって、観ながら納得。よだれ牛はモンタギューからとってるのかとか、わかりやすいものからそうでないものまで、調べたらきっときりがないかもしれません。
役者さんそれぞれのレベルも高いし、楽曲もたのしい。歌詞もおもしろい。歌詞が字幕として舞台左右にうつしだされます。
殺し合いで、たくさんの人が死ぬけど、暗くはないし悲喜劇で楽しめました。

2020/1/27  16:20

フランケンシュタイン  

ミュージカル「フランケンシュタイン」

2020年1月26日(日)13:00開演
日生劇場
 

S席 2階A列12番

クリックすると元のサイズで表示します


音楽:イ・ソンジュン
脚本/歌詞:ワン・ヨンボム
潤色/演出:板垣恭一
訳詞:森雪之丞

キャスト
中川晃教 柿澤勇人(Wキャスト)
加藤和樹 小西遼生(Wキャスト)
音月桂
鈴木壮麻
相島一之
露崎春女
大矢臣 小林佑玖(Wキャスト)
浅沼みう 山口陽愛(Wキャスト) 他

ストーリー
19世紀ヨーロッパ。科学者ビクター・フランケンシュタインが戦場でアンリ・デュプレの命を救ったことで、二人は固い友情で結ばれた。“生命創造”に挑むビクターに感銘を受けたアンリは研究を手伝うが、殺人事件に巻き込まれたビクターを救うため、無実の罪で命を落としてしまう。ビクターはアンリを生き返らせようと、アンリの亡き骸に今こそ自らの研究の成果を注ぎ込む。しかし誕生したのは、アンリの記憶を失った“怪物”だった。そして“怪物”は自らのおぞましい姿を恨み、ビクターに復讐を誓うのだった…。
(公式HPより)



2020年最初の観劇は日生劇場でのフランケンシュタインでした。加藤和樹さんファンの友人と行ってきました。
なので、加藤さん、中川さんの公演です。
2017年のときもこの二人の組み合わせの公演をみました。
ストーリー、演出はほぼ同じなのですが、加藤さんの迫真の演技、中川さんの歌声にひきこまれます。のめりこんでみてしまうので切なくて苦しい結末にどっと疲れました。それでも観たい、よかったなあって思えるのはなぜなのでしょうか。


終演後は友人と俺のフレンチにて美味しいお料理をたべながら感想を語り合いました。
ちなみに俺のフレンチではドラマのグランメゾンとのコラボメニューがあり3種類いただいてきました。

2019/12/31  14:38

2019年備忘録   

2019年
1月
 ママ友4人でスカイツリーへ
2月
 娘の結婚相手の家族と顔合わせ
3月
 都内外泊(綾瀬)
 娘入籍
 座骨神経痛(腰部脊椎菅狭窄症)発症
 床下点検
 甥高校卒業
4月
 家族食事会(娘の結婚のお祝い)
 義父3回忌法要
 娘の結婚式衣装合わせ2回
5月
 母と金沢旅行(2泊3日)
 人間ドッグ(オプションマンモグラフィー、動脈硬化検査、ピロリ菌)
 WOWOW契約
 キッチン換気扇取替工事 リビング照明器具取替
6月
 娘の結婚式の衣装合わせと両家食事会
 腰部MRI
 夫人間ドッグ
7月
 
8月
 寝室エアコン取替
 長野お墓参り(1泊2日)
 ケーブルTV点検 ガス会社変更
9月
 夫タイ旅行(4泊5日)
 都内外泊(赤坂)
 台風
10月
 台風
 シェービングエステ
 娘の結婚式(八芳園)品川に前日泊
11月
 台風後の家屋点検
12月
 都内外泊(神保町)
 
 
 

2019/12/31  13:26

2019年ライブ・舞台鑑賞記録  

2019年の鑑賞記録

1.13(日)13:00 ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812(東京芸術劇場プレイハウス)

2.6(水)18:00 Endless SHOCK(帝国劇場)

3.2(土)18:00 Endless SHOCK(帝国劇場)
3.3(日)13:00 Musical Red Hot & COLE(博品館劇場)
3.15(金)18:00 ミュージカル「プリシラ」(日生劇場)
3.21(木・祝)14:00 佐藤健 30th アニバーサリーイベント(三郷市文化会館大ホール)
3.24(日)15:00 Endless SHOCK(帝国劇場)

5.8(水)18:00 Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2019 FREE HUGS!(東京ドーム)
5.12(日)13:00 滝沢歌舞伎ZERO(新橋演舞場)
5.26(日)13:00 BACKBEAT(東京芸術劇場プレイハウス)

6.16(日)13:00 Rock Opera 「R&J」(日本青年館ホール)
6.20(木)13:30 CLUB SEVEN ZERO U(シアタークリエ)

7.7(日)12:00 ミュージカル エリザベート(帝国劇場)
7.21(日)13:00 奇子(紀伊國屋ホール)

8.11(日)15:30 Brand New Musical Concert 2019(東京オペラシティコンサートホール)
8.18(日)13:00 ミュージカル エリザベート(帝国劇場)
8.25(日)13:00 舞台「7ORDER」(天王洲 銀河劇場)

9.2(月)18:30 関ジャニ∞ 十五祭(東京ドーム)
9.15(日)13:00 新作ミュージカル「怪人と探偵」(KAAT神奈川芸術劇場ホール)
9.16(月・祝)13:30 ミュージカル「ドン・ジュアン」(TBS赤坂ACTシアター)
9.23(月・祝)14:00 ORIGINAL MUSICAL THE CIRCUS! EPISODE FINAL(新国立劇場中劇場)

10.26(土)17:00 A.B.C-Z ジャニーズ伝説2019(日生劇場)

11.3(日)17:30 中川晃教 コンサート2019 I Sing 〜Soul Beat〜(日本青年館ホール)
11.17(日)12:00 ミュージカル「ファントム」〜もうひとつのオペラ座の怪人〜(TBS赤坂ACTシアター)
11.23(土)18:00 ミュージカル ダンスオブヴァンパイア(帝国劇場)
11.30(土)18:00 ARASHI Anniversary Tour 5×20(東京ドーム)

12.14(土)18:00 KinKi kids Concert Tour 2019-2020 Thank 2 YOU(東京ドーム)
12.15(日)12:00 ENTA!2(Zepp DiverCity TOKYO)
12.19(木)13:00 ロカビリー☆ジャック(シアタークリエ)





2019/12/30  12:16

ロカビリージャック  

ロカビリー☆ジャック

2019.12.19(木)13:00開演

シアタークリエ

5扉11列18番

作・作詞・楽曲プロデュース:森雪之丞
作曲:斉藤和義 さかいゆう 福田裕彦
演出:岸谷五朗

出演:屋良朝幸 海宝直人 昆夏美 
   青柳塁斗 岡千絵
   平野綾 吉野圭吾
   真瀬はるか 中村百花 かちゃ 蛭薙ありさ
   田村雄一 上野聖太 宮野怜雄奈 村井成仁 常川藍里

Story
1950年代に誕生し、エルヴィス・プレスリーら人気シンガーが牽引し一世を風靡したロカビリー音楽――。ロカビリーに魅せられた売れない歌手ジャックは、スターになるために悪魔と契約を交わす。それは“愛”を歌えないジャックにシンガーとしての成功を約束する代わりに、彼の中に“愛”が生まれ大きく育った時、命とともにそれをもらう…という契約だった。 一年後、成功の階段を駆け上がるジャックの前に、一人の女性シンガーが現れ、二人は一瞬で恋に落ちる。悪魔がささやく「こりゃ意外と早く“愛”を味わえそうだ…」。
情熱的な若者たちの愛、友情、青春、予想のつかないどんでん返しの物語に、コミカルでキャッチ―かつ感動的な音楽が絡まる日本発!世界を席巻する一大エンターテインメントがついに開幕!!(公式HPより)


すごく楽しかったです。キャストみんな歌がうまいし、楽曲もいい。そして屋良くんのダンスはやっぱり素敵。綺麗です。
昆ちゃんや吉野さんの演技は秀逸。ストーリーも面白かったです。

2019/11/24  16:30

ダンスオブヴァンパイア  

ミュージカル ダンスオブヴァンパイア

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2019年11月23日(土)18:00開演
帝国劇場

S席 1階P列53番

脚本/歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽:ジム・スタインマン
演出:山田和也
キャスト:
山口祐一郎
神田沙也加/桜井玲香(Wキャスト)
相葉裕樹/東啓介(Wキャスト)
大塚千弘 コング桑田 阿知波悟美 植原卓也
駒田一 石川禅
森山開次/佐藤洋介(Wキャスト)

ストーリー
ヴァンパイア研究に生涯を捧げるアブロンシウス教授と若き助手アルフレートは、雪深いトランシルヴァニアの山に迷いこむ。身も凍る吹雪に見舞われながら何とか宿屋にたどり着くが、そこは「ガーリック、ガーリック」と歌う怪しい村人たちのたまり場であった。不審な村人たちの様子を見て、教授はヴァンパイアの存在を確信する。そんな教授をよそにアルフレートはお風呂が大好きな宿屋の娘サラに恋をする。しかしサラはお城に住むクロロック伯爵からの舞踏会の招待を夢みていた。夜も更ける中、入浴中のサラの元に忽然と現われるクロロック伯爵。サラは伯爵の誘惑に抗えずアルフレートの前から姿を消してしまう・・・。
不器用にサラを想うアルフレート。研究一筋、理性を信奉する教授。身を焦がす激しい恋を求めるサラ。この世のすべてを見通しサラの血を求めるクロロック伯爵。それぞれが自らの欲望に突き動かされる時、ヴァンパイアと人間の存亡をかけた運命の戦いがはじまる・・・。(公式HPより)


11/23 ダンスオブヴァンパイアを観てきました。ダンスオブヴァンパイアは今回が5度目の帝劇公演になるそうですが、私は今まで観る機会がありませんでした。
神田沙也加ちゃんと植原卓也くんがでることを知り、チケットを購入。予備知識もないままの観劇となりました。
行き慣れた帝劇ですが、スタッフさんにマントを羽織ってる人がいたり、ロビーには模型のこうもりが飛び交っていたり、掲示物ににんにくやらこうもりやらがつるしてあったり、トイレの案内プレートも違う絵柄にかわっていました。そして帝国劇場ではなく帝国劇城と。そうドラキュラのクロロック伯爵のお城なんですねww
もう開演前からわくわく。
ホラーコメディミュージカルなので笑えるところもありますが、ダンスは超一流。もちろん生オケだし。
主役は山口祐一郎さんなんですが、この話はアルフレートの冒険成長物語みたいな感じなのでアルフレート役の人が主役のようなものです。今回は東啓介くんでした。初めてみたのですが背がとても高く、歌声も素敵で役にぴったりでした。そしてサラ役は神田沙也加ちゃん。もうかわいい。小悪魔っぽいところがまたお似合いで、そしてお風呂のシーンでの声がほんと綺麗。
あとお目当ての植原くんは1幕はほとんどでなくて残念だなあとおもってたら2幕。とっても強烈な役でした。さすが植原くん。かっこいいところとおかしいところを十二分にみせてくれました。また幕間には駒田さんによるクコール劇場。毎回違うネタを話してるとかで楽しかったです。山口祐一郎さんはもうオーラがすごい。ささやくような歌声にはどきりとします。
結末は知らなかったのでびっくり。
カーテンコールでは振付講座があり客席もいっしょに踊ります。この回はe+の貸切公演だったからかルミカライトが配られていたので腕につけてテンションアップ。
とても楽しいミュージカルでした。
そうそう、森山開次さんのダンスが素晴らしかったことを忘れてはいけません。もう釘付けになってしまいました。

2019/11/18  15:49

ファントム  

ミュージカル「ファントム」
〜もうひとつのオペラ座の怪人〜


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2019年11月17日(日)12:00開演
TBS赤坂ACTシアター

S席 2階C列41番

脚本:アーサー・コピット
作詞・作曲:モーリー・イェストン
原作:ガストン・ルルー
演出:城田優

キャスト:
加藤和樹/城田優(Wキャスト)
愛希れいか/木下晴香(Wキャスト)
廣瀬友祐/木村達成(Wキャスト)
エリアンナ エハラマサヒロ 佐藤玲
神尾佑 岡田浩暉

ストーリー
舞台は19世紀後半のパリ、オペラ座。
楽譜売りで歌手志望のクリスティーヌ・ダーエは、その歌声をオペラ座のパトロンの一人であるフィリップ・シャンドン伯爵に見初められ、オペラ座で歌のレッスンを受けられるよう取り計らってもらう。
一方、オペラ座では支配人のキャリエールが解任され、新支配人のショレが、妻でプリマドンナのカルロッタと共に迎えられた。キャリエールはショレに、オペラ座の地下に幽霊がいて、自らを“オペラ座の怪人”と呼んでいることを伝えるが、ショレは解任された事への仕返しに怖がらせるために言っているに過ぎないと取り合わなかった。
オペラ座を訪ねてきたクリスティーヌを見たカルロッタは、その若さと可愛らしさに嫉妬し、彼女を自分の衣裳係にしてしまう。ある日、クリスティーヌの清らかな歌声を聞いたファントムは、ただ一人彼に深い愛情を寄せた亡き母を思い起こし、秘かに彼女に歌のレッスンを行うようになる。ビストロで開かれたコンテストで歌声を披露したクリスティーヌは、カルロッタに「妖精の女王」のタイターニア役に抜擢される。フィリップはクリスティーヌを祝福するとともに、恋心を告白。ファントムは、そんな二人の姿を絶望的な思いで見送るのだった。
初日の楽屋、カルロッタの罠にかかったクリスティーヌは毒酒により喉を潰されてしまう。客席からは野次が飛び、舞台は騒然となる。ファントムは失意のクリスティーヌを自分の住処であるオペラ座の地下へ連れて行く。しかしそれが、やがて彼を悲劇の結末へと向かわせることになる―。(公式HPより)


11/17にミュージカル「ファントム」を観てきました。以前ファントムを演じた城田優さんの演出。あえて加藤さんのファントムの公演を観ました。
オペラ座の怪人もちゃんと見たことがないのですが、ファントムってもっと年齢が高いイメージでいました。この話はあえての若いファントムの設定なのかもしれません。ファントムの悲しい恋心とキャリエールの親心に胸が痛みました。
加藤さんの純粋無垢な演技が印象的でした。
それから愛希さんのダンスも素晴らしかったです。廣瀬友祐ささんも役柄にぴったり。
また、劇場内の演出も凝っていて、スタッフさんのコスチュームもオペラ座っっぽかったし、公演前にはロビーで出演者によるパフォーマンスもありわくわくさせてくれました。

2019/11/4  22:33

中川晃教コンサート  

中川晃教 コンサート2019
I Sing 〜Soul Beat〜


2019年11月3日(日) 17:30開演

日本青年館ホール


1階1P列6番

セトリ
M1.ウィーウィルレットユーゴー
M2.LISTEN
M3.BRAND
M4.恋のGPS
M5.砂のロープ
M6.White Shiny Street
M7.I WILL GET YOUR KISS
M8.別れる時に思うこと
M9.君の瞳に恋してる
M10.粒子
M11. Save Our Soul
M12.相対性理論
M13.WHAT ARE YOU AFRAID OF
M14.チャイナガール
M15.音楽が消えることのないダンスフロア

en1.即興ミュージカル
en2.僕こそ音楽
en3. Family

とっても良かった。中川さんの歌声につつまれ幸せな時間をすごせました。
恋のGPSは振付け練習をしてみんなで振りをして楽しかったし、バンドメンバーをまきこんでの即興ミュージカルも面白かったです。


2019/9/26  23:06

THE CIRCUS!  

ORIGINAL MUSICAL
THE CIRCUS! EPISODE FINAL



2019.9.23(月・祝) 14:00開演

新国立劇場 中劇場

1階16列23番

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


企画:TETSUHARU 中嶋章良
構成/演出:TETSUHARU
脚本:広田光毅
音楽:増田俊郎
キャスト:
屋良朝幸 矢田悠佑 越岡裕貴 寺西拓人 田野優花
高橋駿一 奥村佳恵 菜々香 青柳塁斗
壮一帆 植木豪 他

Story
ケント・バーンズは、世界を股にかけるストリートサーカス団「ミラージュ」の花形パフォーマー。固い絆で結ばれた個性的な仲間たちとともに世界中を飛び回る日々を送っていたが、その実態はアメリカ合衆国大統領直属のスペシャルエージェント「ザ・サーカス」であった。エージェントとして数々のミッションをこなしてきた彼らは、ある時、世界に暗躍する秘密結社「オメガ」の恐るべき計画を知る。オメガ計画を阻止するべく激戦を繰り広げるサーカスは、戦いの中、謎のパワーを秘めた地球外鉱石「コア」の波動を浴びてしまう。コアの影響で覚醒し強大な能力を得たもののうまくコントロールできずにいたケントの前に、死んだはずのかつての親友ベンが現れる。ベンはオメガによって改造され、コアの波動を浴びた、最強の能力者となっていた。ベンは、能力を使ってケントを洗脳し、オメガ側に引き入れる。サーカスのメンバーたちも、彼が持つ桁外れのパワーの前に為す術もなく倒れてしまう…。そして時が経ち、ケント不在のサーカスは、コアの秘密を握る謎のサーシャとともに体制を立て直し、ケント救出とオメガ計画阻止のために再び動き出すー!!(フライヤーより)


9/23 ザサーカスというミュージカルを観てきました。
2016年から始まったこのシリーズも今回がファイナル。毎回楽しく観てきましたが、今回は今まで以上にダンスが凄かったです。ミュージカルなんだけれど歌よりダンスの比重が高い。戦いのアクションシーンもダンス。とってもパワフルで見ごたえがあります。
今回初参加の壮一帆さんもかっこいい。やっぱり元宝塚の方は歌もダンスも身のこなしも抜群です。
そして田野さんの安定の歌唱力。アクション、ダンスシーンの激しさだけでなくコミカルなところも多く、楽しく見ることができました。とりあえずのハッピーエンドでしたがまた続編があってもおかしくはないかなと思っています。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ