みんなでシッポをつけよう!  児童デイサービス

Hちゃんが風船で作る「シッポ」

Hちゃんがシッポを作るとスタッフのお尻(ズボン)に結びつけます。
スタッフは逃げたり、お尻をふりふりするので、Hちゃんはなかなか結びつけることができません。
「動かないで〜」と笑顔で言いながら、なんとか結びつけようとします。
時には2個、3個、それ以上の風船を結びつける時も
「恥ずかしいわ〜」と言うスタッフを見て、「みんなに笑ってもらえる」等とやりとりを楽しみながら、Hちゃんはにこにこと笑っています。
そしてスタッフのお尻にシッポをつけるとその姿を写真に撮ります(後日その写真を見返して笑っています)。

先日、HちゃんがスタッフHにシッポを結びつけようとした時、TちゃんがスタッフHをつかまえたり、結びつけようとしたりと協力してくれていました

クリックすると元のサイズで表示します

その後にはHくんも協力してくれて、Hちゃんの秘密基地の中で作戦会議をする姿も・・・

その翌日にはSちゃんも協力してくれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

お互いの思いがぶつかったり、時にはけんかもしたりする子どもたちですが、スタッフに“何か”をしようとする時には一致団結しています
Hちゃんも工作をしたりして過ごすことが多いのですが、この時はお友達と協力して楽しそうにスタッフに結びつけていましたよ
今度はHちゃんや子どもたちにシッポをつけてみようかな、どこかにたくさんシッポをつけてみたらどうなるかななどとスタッフもこっそり考えていることはヒミツです
4



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ