夏期連続講座  実践講座案内

教職員・福祉職員のための実践講座〜夏期連続講座〜の日程・テーマ・講師が確定しました。
  ・大阪府教育委員会及び大阪市教育委員会への後援も申請中です。
  ・会場はぽぽろの隣室(おおさかパルコープ鶴見集会所)です。
  ・申し込み等、詳細はホームページに掲載する予定です。予約なしの当日参加は不可です。申し込み用紙はホームいページに掲載します。
  ・受講料は半日講座の場合には2,000円、一日講座の場合には4,000円の予定です。「ぽぽろを育てる会」会員さんは1割引です。
  ・定員は30名〜40名

  ・日程・テーマ等以下の通りです。
  @8月3日(火)午前10時〜12時半
    テーマ「子ども・家族のねがいに寄り添う支援」
    講師:高橋沙都さん・尚美さん(『うわわ手帳と私のアスペルガー症候群』著者)
    ※沙都さんのギター演奏とお話もあります。

  A8月3日(火)午後1時半〜4時
    テーマ子ども・家族のねがいと特別支援教育の課題
    講師:青木 道忠 氏(大阪発達支援センターぽぽろ所長)

  B8月4日(水)午前10時〜午後4時
    テーマ「ことばの遅れのある子どもの発音指導」
    講師:加藤 登美子 氏(言語聴覚士、ぽぽろことばと発音教室室長)

  C8月5日(木)午後1時半〜4時
    テーマ「思春期から青年期への移行支援〜ぽぽろの青年支援のとりくみと卒後の学ぶ場づくりを通して〜」
    講師:長岡 千代子 氏、小田 多久代 氏(ぽぽろ相談員・青年クラス担当)

  D8月6日(金)午前10時〜12時半
    テーマ「どうなる今後の障害児・者の制度〜障害者制度改革めぐる最新動向と教育・くらし・労働〜」
    講師:井上 泰司 氏(NPO大阪障害者センター常務理事)

  E8月6日(金)午後1時半〜4時
    テーマ「障害児者と性教育〜障がいのある青年向け・性のセミナーから見えてくる課題〜」
    講師:千住 真理子 氏(堺市立中学校教員・ぽぽろ相談員)」

  F8月9日(月)午前10時〜12時半
   「発達障害T―発達障害理解―」
    テーマ「発達障害の子どもたちの困難さの理解と支援」
    講師:井川 百々代 氏(滋賀大キッズカレッジ大阪教室代表)

  G8月9日(月)午後1時半〜4時
   「発達障害U ―学習支援・生活支援・自立支援―」
    テーマ「就学前・学齢期・青年期・成人期の課題と支援(具体例)」
    講師:井川 百々代 氏(滋賀大キッズカレッジ大阪教室代表)

  H8月11日(水)午後1時〜4時
    テーマ「子どもの発達と描く活動―保育・障がい児教育現場へのメッセージ―」
    講師:新見 俊昌 氏(大阪保育研究所)

  I8月17日(火)午前10時〜午後4時
    テーマ「手作り教材 エプロンシアターの作り方と演じ方」
    講師:澤田 ひとみ 氏(元大阪市立特別支援学校教員)
    参加者の方には準備物をお願いしています。
3

「軽度」発達障害講座  実践講座案内

 本日は教員・施設職員のための実践講座〜夏期連続講座〜の初日でした。
 参加いただいた皆さん、ご苦労様でした。ありがとうございました。参加者はスタッフを入れて約65名でした。
 今回の講座の目玉は初日の「軽度」発達障害教育講座です。今回はこの4月から始まった滋賀大学キッズカレッジ大阪教室の「ぽぽろ学習室」にご協力頂いているお二人の先生に読み・書き(・算数障害)に関する国際的な最新情報や指導のあり方についてお話しいただきました。午前は東大阪市の元教員で滋賀大非常勤講師・キッズ大阪教室代表の井川百々代氏で、午後はNPO滋賀大学キッズカレッジ理事長・滋賀大学教授の窪島務氏でした。「目からウロコ」の方も多かったようです。
 感想などは「ぽぽろだより」で報告・紹介させていただきます。
クリックすると元のサイズで表示します
5

夏期連続講座大阪市教委後援名儀とれました  実践講座案内

 ぽぽろの教員・福祉職員向けの実践講座−夏期連続講座−の後援名義使用許可が大阪府教委(7/15)に続いて大阪市教育委員会も7月21日付けで届きました。大阪市内の学校の先生方で参加を希望されていらっしゃいます方はご参考にしていただければと思います。

 なお、講座の申し込み状況は以下の通りです。第3講座の「発音講座」につきまして、定員を25名としておりましたが、40名まで引き上げました。あと8名の空きがあります。
 第1・第2講座の「軽度発達障害講座」につきましても定員50人を上回りましたので、会場を少し広げ定員を65名まで引き上げました。あと10名の空きがあります。
 その他の自立支援法、特別支援教育、性教育の講座につきましてはまだ余裕があります。詳細はホームページをご覧ください。

3

諸連絡  実践講座案内

 4/16付けのブログ=先週の学童の続きにYちゃん、SちゃんのことをスタッフのKさんが書き足しました。読んでね。(ごめんなさい!「下書き」のままでした。本日=21日にアップしました。)

 NPO法人滋賀大学キッズカレッジと連携した大阪(ぽぽろ)教室の案内をホームページにアップしました。ご覧ください。

 さて、ホームページですでにお知らせしています6月21日(日)の自閉症講座ですが、大阪府教育委員会の後援がとれました。明日から、府立支援学校に案内を送付する予定です。
 大阪市教委はまだです。昨年のように開催日2日前に許可ということはないと思います。前代未聞のあきれた対応でした。

 また、北河内家族連続講座「子育て講座」についても府教委の後援がとれました。
 関係者の皆さん、(申請中)がとれましたので、ご案内宜しくお願いします。
 講座の詳細チラシについてはホームぺージに近々アップします。第一回目の講座は私がすることになっています。
 北河内筋の各市教育委員会の後援申請に回っていらっしゃる皆さん、ご苦労様です。小中学校への配布用のチラシは来週には印刷できると思います。
0

09年度自閉症講座案内  実践講座案内

2009年度「自閉症講座」案内

 日時:2009年6月21日(日)
    午前10時〜午後4時
 会場:未定
 講師:奥住秀之氏(東京学芸大学準教授)
 受講料:4,000円(ぽぽろを育てる会会員1割引)
 定員:70名
 ぽぽろの講座でぽぽろ開設以来開催しているものは本講座と発達診断講座です。いわば目玉となる講座です。講師の確保がなかなか大変で、今回は半年前から奥住先生にアタックし、お忙しい中をやりくりしていただいて引き受けていただきました。自閉症研究に関する最新の理論や実践も含め、たっぷり5時間、発達保障の立場からの実践講座を今から楽しみにしています。乞うご期待!詳細は後日、ホームページでお知らせいたします。
0




AutoPage最新お知らせ