ヒジでもいいから目に入れる  新しい諺


平成19年にできた新しい諺(ことわざ)です。
「ヒジでもいいから目に入れる」

(意味)
1 無理なことを強引にする、させる
2 ヒジをしっかり上げてガードして、目の位置を狙う(ボクシング用語)
 ※ 2については地球上で4人のみが理解できるとされている

(使用例)
上司「明日までにこのデータをまとめといてくれ」
部下「そんなヒジでもいいから目に入れるようなこと言わないでくださいよ」
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ