IHクッキングヒーターが原因でブレーカーが落ちた!  やわらかい話

先週の木曜のことでした。
朝6時半ころ、突然停電。
少し時間がたてば復旧するだろうと思っていたが停電のまま。
ブレーカー落ちたか?と思って確認すると、見事に落ちてました。
電化製品を使いすぎてる感じもなく、いつもと同じ朝。
とりあえず時間がないので原因をさぐらず、そのまま出勤。

ネットでいろいろ調べたら、漏電ブレーカーを1か所ごとスイッチ入れて確認するとよいという情報をゲット。
でも、時間がたってるから直ってるかもしれない。
甘い期待の中、夜に相方さんが料理中ブレーカー落ち
朝に気付かなかったが、ブレーカーが落ちると家の中が真っ暗になる!!
クリックすると元のサイズで表示します
玄関にこいつを常備しておいてよかった。
いや、ネコのほうじゃなくてね。
写真を撮ろうとしたらよってきちゃった。
常備してたのはcoleman CPX6テントファンLEDライト付 ですよ。

ライトをつけてブレーカーを照らし、とりあえずブレーカーをあげました。
そして、ネットで調べたとおり漏電ブレーカーチェック。
クリックすると元のサイズで表示します
うちのブレーカーはこんな感じ。
いちばん左が全体のブレーカー。
落ちるときはこいつが落ちます。
右側にたくさんあるのが、部屋別・電源別のブレーカー。
俺がやった方法は
1 部屋別を全部オフにし、全体ブレーカーをオン。
2 部屋別のブレーカーを1つづつオンにしていく。
3 どっかのタイミングでブレーカーが落ちる。
4 落ちた場所を特定。
その結果(意外と特定に時間はかかりませんでしたが)犯人がIHクッキングヒーターであることが判明。

ネットで「IHクッキングヒーター 漏電ブレーカー」で検索すると、意外とヒットするのね。
しかも電気屋さんのブログでは「よくある故障」と書いてある。
ちなみにIHクッキングヒーターの中のグリル(魚焼き)部分が原因らしい。
クリックすると元のサイズで表示します
原因はここ。
魚はよく食べるからなぁ。
汚いですね。
使い始めて6年くらいかな、こればっかりはしょうがない。
取り出して掃除するのも不可能なので・・・

ブレーカー落ちの次の日、たまたま相方さんが休みだったので管理人へ連絡。
電話をいろいろと回された結果、翌日電気屋が来ることに。
それだけのために昼過ぎまで家で電話をいろいろとしたりされたり。
最初から市内の電気屋に連絡すれば電話を回されることもなかったのに・・・
クリックすると元のサイズで表示します
こちらがグリル交換後。
輝いてます!!
担当の方に原因について聞いたところ、魚の脂が原因で中が腐食することで起こることがわかりました。
故障回避方法がないか聞いたところ、たまに空焼きすると寿命は延びるとのお答え。
寿命が延びるってことは、故障自体は経年劣化で必ず起きるということか・・・
まぁ、仕方ないね。
ちなみにIHクッキングヒーターはパナソニック製です。
どこのメーカーでも必ず起こるんだろうな・・・

とりあえず、備忘録としてブログに残すことにしました。
数年後これを自分で見る機会があるのかな。
誰かのお役に立てれば幸いです。


修理にかかった経費
部品代  6,500円
技術料 11,500円
出張料  2,500円
消費税  1,640円
合計  22,140円

ネットで調べた時も2万円くらいってどっかに書いてたから、ほぼ予想通りの金額。
急な出費としては大きいけどね。

0




AutoPage最新お知らせ