ブランデュー弘前 2019 ホーム8戦目  ブランデュー弘前

ブランデューホーム戦も今シーズンは残り2試合。
今日の相手は富士クラブ2003、今シーズンのリーグ戦で唯一負けた相手です。
クリックすると元のサイズで表示します
今日のスタメン。
GK 尾関選手
DF 根本選手 川崎選手 濱中力選手
MF キム選手 眞口選手 姜選手 沼倉選手
FW 小田桐選手 高橋選手 浅利選手
最近は3バックメンバー固定ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
前半は相手の早い寄せに対応できないブランデュー
中盤の競り合いで体を上手く使われちゃってるのが多かったかな。
両チームともディフェンスラインを高くしていて、フィールドプレーヤー20人が中盤にぎゅっと詰まってる感じだったし。
それと、もしかしたらブランデューの選手の中に苦手意識があったのかも。
苦手意識じゃないにしても、前回の対戦で負けてるってことを意識してるって言うかね。
勝たなきゃいけないって気持ちが強すぎたかなぁ。
シュートされる回数は少ないものの、ゴール前まで運ばれることが多くキーパーの尾関選手が大活躍。
38分には相手との接触で傷んだキム選手が交代でピッチを去ることに。
交代出場は海野選手
ってか、なかなか得点が動かない。
尾関選手の後ろにいるゴールポスト選手も1回のファインセーブを見せる。
スコアレスで前半が終わろうとしていた44分、姜選手のセンタリングを小田桐選手が流して最後は高橋選手がゴール。
直後に前半終了。

ハーフタイムでの選手交代はなく、前半終了時と同じメンバーで後半開始。
クリックすると元のサイズで表示します
前半終了間際に1点を取り、調子に乗れると思いきやなかなかうまくいかず・・・
シュートは打つものの入らない。
ってか、相手の守備が固い。
身体をはって守ってるっていう感じでしたね。
60分、沼倉選手姜選手がアウト、笠原選手早乙女選手がイン。
前線にフレッシュな選手を入れて、裏を狙おうという作戦かな。
高い位置を取るディフェンスラインに対しては有効な作戦かも。
それでもすぐには得点できず・・・
スコアが動いたのは77分。
途中出場の笠原選手の左からのセンタリングを高橋選手が頭で合わせてゴール!
残り15分を切ったところでようやく追加点
81分、浅利選手と2得点の高橋選手がアウト、小野選手濱中大選手がイン。
その直後、コーナーキック。
相手がクリアしたボールを拾ったのはカウンター守備のため後ろ目にいた眞口選手
グラウンダーのシュートを撃つとうまいこと選手の間をすりぬけてゴールイン。
相手キーパーからはボールが見えてなかったんだろうな・・・
とりあえず残り10分を切っているところで試合を決定づける3点目を決めたのは大きかった
そして無事にそのまま試合終了。
クリックすると元のサイズで表示します
前回対戦のリベンジに成功。

今日の良かった点
 尾関選手の活躍により無失点勝利
 守備の連動とバランス
 試合中のコミュニケーション(今日はすごく選手の声が聞こえた気がする)
今日の悪かった点
 中盤のルーズボールへの寄せ
 前半は裏を取る動きが少なかった

早いもので、来週が今年の弘前ラストゲーム。
レンタル移籍中の早乙女選手小野選手が弘前で試合に出るのも最後になります。
ちなみにブランデューは現在2位
数字上は1位に上がる可能性もありますし、3位に落ちる可能性もあります。
1位はもちろん、2位でもJFL昇格を懸けた全国地域サッカーチャンピオンズリーグに出場できる可能性がありますので、何にしても残り2試合は負けられない

そしてもう1つの(個人的に)負けられない戦い。
ペットボトルカバー購入への道。
先週は財布の中身の関係で買えなかったからね・・・
クリックすると元のサイズで表示します
無事に弘商さんのブースで購入いたしました!
ブースを見てたら新たにブラッフェのチェーンマスコットなるものを発見。
とりあえず今日は購入を見送ったものの・・・どうしよっかな。
1




AutoPage最新お知らせ