【備忘録】アウトバック(BP9)のバッテリー交換  やわらかい話

自分の車のバッテリーがあがりました。
4月29日、遠隔でドアを開けようとしたら開かず
ディーラーからバッテリーが弱ってますと言われてたから来たかって感じでしたが。
人生で初めてJAFを呼び、とりあえず動かすことができました。
1時間ほどエンジンを動かしっぱなしにしてバッテリー充電。

その2日後、遠隔でドアを開けようとしたら再び開かず・・・
あきらめてネットでバッテリーを購入して自分で交換することを決意いたしました。

1日にネットでポチったら4日に届くというスピードはすごい。
クリックすると元のサイズで表示します
こちら、届いたバッテリー。
現在ついているものと同じACDelcoのものにしましたよ。
もっと安いものもっと高いものもありましたが、基本ビビりなので同じものを。

ボンネット、オープン。
クリックすると元のサイズで表示します
JAFを呼んだ時にも開けているので特に驚きはなし。
数日前にあけたときにはバッテリーの部分にカバーがついていることに驚いたけど。

バッテリーカバー、オープン。
クリックすると元のサイズで表示します
手元にある工具はソケットレンチのみ。
事前に勉強(?)したとおり、マイナスを外し、プラスを外す。
そして固定している金具を外そうとしたときにアクシデント発生
ソケットレンチだとナットに届かない
使う工具でスパナ(または10mmレンチ)を用意するようにネットで書いていたのはこれが原因か・・・
しかしすでに端子を取り外しているから後戻りはできない・・・ってか、したくない。
手元にあって使えそうなのはラジオペンチのみ。
がんばってラジペンで回して外しましたよ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
少しだけナットの角が削れた気がする・・・
やっぱりきちんと工具をそろえたほうがいいですね。
完全に角が削れるってほどの大惨事は免れましたが。
来月の車検の時に、正直にディーラーに話そう。

そして最後の写真がこちら。
クリックすると元のサイズで表示します
俺はこれで終わりだと思いましたよ。
もちろん、エンジンがかかったのを確認したからね。
一安心してカバーをつけようとしたらはまらない
3枚目の写真と比べればわかるよね、位置が違うもの。
この写真で言うと右下の角がボディフレームに隠れるようにしないといけない。

このあと、ナットを緩め、位置を微調整し、カバーを付けて作業完了。
最後のほうは写真を撮るのも忘れちゃってたよね・・・エンジンがかかって終わったつもりになってたから。

意外と自力でなんとかなるもんだ・・・
あとは自分でやったことをディーラーに話して、固定具合をチェックしてもらわないと。


備忘録(あくまで自分用)なので、これを参考にして何らかのことが起こっても自己責任でお願いします。
また、ご意見やアドバイスなどあればこっそり教えてください。
0




AutoPage最新お知らせ