「LOGOSの森林 スモークポット」で焼き芋を作ってみた    キャンプ

我が家のスモーカーにもなるダッチオーブンブログに約1年ぶりに登場。
LOGOSの森林スモークポットです。
クリックすると元のサイズで表示します
今回はこいつで焼き芋作りました。
場所は我が家のキッチン。
IHではたぶん使えないのでラジエントヒーター部分を使用。
ある程度ダッチオーブンがあたたまったら芋を投入。
クリックすると元のサイズで表示します
比較的小さめの芋、産直で4つで200円。
初めての挑戦なので、失敗してもダメージを少なくするため安いもの。
どのくらいでできるかわからないからヒーターは1時間つけっぱなし。
10分おきに竹串替わりのつまようじを刺して完成度を確認。
10分 つまようじ刺さらない
20分 まだ刺さらない
30分 まだまだ刺さらない
40分 ちょっと刺さった
50分 けっこう刺さった
60分
 よし、完成!!
クリックすると元のサイズで表示します
うん、芋はおいしそうだ!
皿、センスないな・・・
ブログ用の皿を用意しとかないと。
問題は味。
食べてみると・・・うまい!!
しかも甘い
普通に焼いたのとの違いは、やってないからわからない。
ただ、芋1つあたり50円ってことを考えるとコスパ最強
2回目(残り2個)は30分間ヒーターをオン、あとは余熱でやってみた。
完成品の味などは1回目と変わらず。
次回は最初からこの方法だな・・・
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ