ブランデュー弘前 2017 ホーム5戦目  ブランデュー弘前

東北社会人リーグ第7節、ブランデュー弘前VS盛岡ゼブラ
クリックすると元のサイズで表示します
スタメンは、前節との比較で言うとセンターバック中山選手が外れて三橋選手
中盤で笹森選手が外れて鹿村選手
あとは一緒。
クリックすると元のサイズで表示します
試合開始早々、ブランデューがチャンス。
姜選手がサイドからドリブルで切り込み、シュートフェイントで1人を滑らせてから狙いすましてシュート!
これがきれいに決まり先制!!
ホームゲームでは5月28日以来の得点です。
その後、攻めるもののシュートまで行けない展開が続きます。
サッカー自体が変わっちゃった気もしたけどね・・・
裏を狙うのはいいんだけど、パスの出し手がディフェンス陣だったり、中盤の選手が後ろのほうから出したり。
中盤省略型とでも言いましょうか・・・
サイドで裏を取るとこまではよくても、そのあと真ん中に上げないと得点できないよね・・・
中に人がいない→上がりを待つ→相手の守備陣形が整う の繰り返し。
コーナーは取れるものの、そこからは得点できず。
ちなみにペナルティエリアのちょっと外でファールを何度かもらいました。
いい位置からのフリーキック、前半で3本だったかな。
セットプレーから全く点数が取れない
いい位置からのフリーキック、得点できないんじゃいい位置ではないよな・・・
前半はシュートもそれなりに撃たれましたが、キーパー荒井選手の活躍で無失点。
キーパーが活躍してる試合ってよくないよな・・・と思いつつ前半は1−0で終了。
クリックすると元のサイズで表示します
後半も、両チームとも攻撃的。
ただ、うちのチームはシュートまで行けず。
相手はロングスロー多用でゴール前までは行けるものの最後を決めきれず。
セットプレーをいただけるものの、それを生かせず
ゴール前の混戦から、下村選手がミドルを放つもクロスバー直撃。
膠着状態が続き、残り10分。
相手のセンタリング・ロングスローをはね返し続けていたところで、なぜか相手サイドアタッカーがフリー状態。
綺麗にゴール前に上げ、綺麗なヘディングで失点
はい、連続試合失点記録継続
残り時間が少なかったこともあり、このまま試合終了。
クリックすると元のサイズで表示します
4試合連続未勝利。
7試合で2勝3敗2分け。
4試合で先制点しているものの、すべて追いつかれてます。
突き放したのは1回だけ、逆転負け1回、そのままドローが2回。
先制したら追いつかれるがデフォルト仕様ってなんだよ。
まぁ、今日の試合に限って言えば実力が同じくらいのもん同士の試合だったからドローが妥当かな。

次に期待。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ