3度目の青森ワッツ観戦  スポーツ

次はいつ行こうかなんて前回のワッツ観戦ブログに書きましたが、意外と早くその時は来ました。
あれからわずか15日。
なお、今回もブランデューサポクラ会員特別価格で入場しました。
2階自由席1,000円(当日券価格の半額)。
クリックすると元のサイズで表示します
対戦相手はB2西地区7チーム中5位ライジングゼファー福岡
ちなみに青森ワッツ東地区7チーム中7位です。
わずか15日前に見た試合と大きな違いは、ワッツの監督が変わったことかな。
ちなみに前日の試合は75−86の11点差負け。
今日こそは!!

オープニングアクトは弘前大よさこいサークルのみなさん。
クリックすると元のサイズで表示します
学生さんたちも演技する機会がなくて大変だったでしょうからね。
2試合にわたって活躍してくれたようです。

試合開始、青森ワッツ弘前限定ピンクユニフォーム
クリックすると元のサイズで表示します
序盤は一進一退。
第1クォーター終了時は17−14でリードするものの第2クォーター終了時には29−35と逆転されました。
ここまでの流れは前日と同じ・・・

後半、向こう側に攻める青森ワッツ
クリックすると元のサイズで表示します
バスケ観戦初心者ですが、後半の青森ワッツダメな感じでしたね。
シュートが入らない(相手のディフェンスがいいのかな)
前半はそれなりに取れてたリバウンドが取れない
相手にフリーでシュートされる


ってことで、終わってみればこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
今シーズンの弘前開催はこれにて終了(の予定)。
シーズン終了後のB3への降格はないので(今シーズン限定)、来季もB2の青森ワッツが見られます。
ってか、勝ち試合を見せてください・・・


(余談)
この試合のイベントとしてサイン入りピンクユニフォームオークションをやっていたんですよ。
最低入札価格10,000円(オーセンティックユニの実売価格は15,000円)。
最低入札価格にちょっと色を付けた程度の価格で入札したら落札しちゃったよね・・・
0

エスパルス「21福袋」を買ってみた  スポーツ

年末なのに福袋。
エスパルスさん、やってくれますなぁ。
種類としては5千円(2種)1万円2万円3万5千円5万円の6種類。
アパレルが入っている1万円以上のものを買おうと思ったんだけど、販売開始日の帰宅が遅くなったのでPCを開いた時点で残っていたのは5千円のみ。
ちなみに商品説明にはガチャ&シークレットグッズ、バッグやアパレルに圧着できるワッペン、マスクなど約15点が入った総額11,000円相当のセットです!と書いておりまして。
クリックすると元のサイズで表示します
購入から3日後に到着。
Fanaticsの箱に入っております。
いざ、開封。
クリックすると元のサイズで表示します
商品が入った袋のほかに、パルちゃんファミリーオリジナルクリスマスポストカード選手サイン入りThanksA3サイズポスターが入っておりました。
どこに飾ろうかな・・・

さて、福袋の中身。
クリックすると元のサイズで表示します
左上にあるのがフェイスシールド(300円)
それに載せているのがファンマスク(22ヘナトアウグスト)(1,200円)サインワッペン(4原)(1,200円)
その下の左側がノート(220円)
それに載せているのがユニフォームラバーキーホルダー(1st)(29福森)(500円)ユニフォームラバーキーホルダー(2nd)(10カルリーニョスジュニオ)(500円)フレーム入りユニフォームスタンド(23鈴木唯人)(1,000円)Tシャツ型アクリルキーホルダー(21奥井)(500円)ネオプレーンコインケース(7片山)(600円)
その右にあるのが下敷き(270円)
それに載せているのがユニフォーム型アクリルマグネット(2nd)(6竹内)(500円)ゆらゆらダルマメモスタンド(20中村)(500円)プレイヤーズボトルホルダー(17河井)(700円)パルちゃん開運おみくじ(700円)
右側上段から、ユニフォーム型ポーチ(10カルリーニョスジュニオ)(1,000円)nanoblockパルちゃん(1,100円)パルちゃんぬいぐるみキーホルダー(1,000円)
以上、ポストカードとポスターを除いても17点
商品説明が約15点でしたから、それよりは多いですね。
商品金額の合計は11,790円で、ほぼ商品説明(約11,000円)どおり。
選手名入りのものはマスク(ヘナト)ワッペン(原)以外は誰のものが出るかわからないシークレットグッズ。
意外と選手かぶりがなかったですね。
カルリーニョスジュニオだけ。

販売価格だけ見るとお得だけど、シークレットグッズの在庫処分感があるなぁ・・・

ってか、来年のエスパルスをどこに見に行こうか考えておかないといけないな。
直線距離だけで言えば鹿島なんだろうけど、アクセスを考えるとどこだ!?
1

2度目の青森ワッツ観戦  スポーツ

ブランデュー青森ワッツのコラボ企画が発動。
ブランデューサポクラ会員は2階自由席が当日券半額
クリックすると元のサイズで表示します
と言うことで観戦に行ってまいりました、青森県武道館。
デッチを見てもわかるとおり、弘前開催のときの青森ワッツピンクユニフォーム

開始前にはこんなコラボも。
クリックすると元のサイズで表示します
オープニングアクトのライスボールブラッフェ
クリックすると元のサイズで表示します
ライスボールは素敵な歌声を響かせていましたね。
年明けにはファーストアルバム発売ってことで買わなきゃいかんな。

その後、14時TIPOFF。
クリックすると元のサイズで表示します
前半、ゴール裏にデッチブラッフェ
相手フリースローのときにもう少しプレッシャーをかけてもよかったんじゃないかな・・・
前半が終わっての点数はこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
ダブルスコアだけど100点ゲームは避けられそう。
前の日は64−109で負けてるから、失点はそれより少なくしたいよね・・・

ハーフタイムにはブランデューの選手が登場。
クリックすると元のサイズで表示します
自己紹介して、フリースローやってって感じ。
チーム戦で、負けたほうは腕立て伏せをしていました。

ってことで、後半。
クリックすると元のサイズで表示します
差は詰められず。
第3クォーターはいい試合って感じだったけどね。
終盤は点差を広げられちゃった・・・
終わってみるとこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
まぁ、相手は地区首位ですからね。
青森ワッツ地区最下位
この結果は仕方ない。
さて、次はいつ見に行こうか。
1

ソユスタで山本廉選手を応援!  スポーツ

J2第38節、ブラウブリッツ秋田vs栃木SCを観戦。
弘前駅から乗り換えなしで行ける、唯一のJのホームタウン秋田市
八戸は同じ青森県だけど乗り換えが必要)
栃木SCには以前ブランデューに所属していた山本廉選手がいるので応援に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
ブラウブリッツ秋田のホームスタジアムソユースタジアム(通称ソユスタ)。
秋田駅から徒歩40分
歩ける距離かどうかは人によると思いますが、行き帰りとも秋田ユニを着て歩いてる人を見ることはできませんでした。

注目のスタメン。
栃木ゴール裏に陣取ったのでビジョンをきれいに撮れなかった)
クリックすると元のサイズで表示します
山本廉選手の名前はない。
スタメンで出た前節から中3日、その時は89分までプレイしていたことも考慮されたかな。
ちなみにゲーム前の時点で秋田とは1つしか順位が違わない状況。
クリックすると元のサイズで表示します
サブには無事に名前がありました。
以前、同じ状況の荒井秀賀選手(現沖縄SV)山形まで見に行ったときベンチ入りすらしていなかったですからね・・・
まさに一安心と言ったところで。
ちなみに山本廉選手は中学時代まで秋田U−15に所属しており、メンバーの場内アナウンスの時には秋田サポからも拍手をもらっていました。
秋田サポのみなさま、ありがとうございます。

試合は、どっちがコイントスで勝ったのかはわかりませんがコートの入れ替えからスタート。
クリックすると元のサイズで表示します
前半、こちらに向かって攻撃をする栃木SC
まぁ、攻撃をするとは書いたもののシュートまでもっていくことがほとんどできず。
たまにもらえるFKから得点できるかなって感じ。
一方の秋田ホームの雰囲気もあってか攻勢に出る。
そして15分、コーナーから頭で決めて秋田先制。
向こう側のゴールだったけどヘディングの瞬間「あっ!」って言っちゃうほどきれいに決められた。
その後も攻め続ける秋田、そして攻めきれない栃木
まぁ、秋田のゴール前の集中力がすごいなぁって感じでしたが。
前半はこのまま1−0とリードされて終了。

ハーフタイムには栃木サポの方から後半に出てくるから待ってて、と言われましたが果たしてどうなるか。
クリックすると元のサイズで表示します
後半は向こうに攻める栃木SC
後半は前半と違ってきちんと攻めてましたよ。
そして55分、コーナーキック起点のゴール前の混戦から元代表豊田選手が押し込み同点。
その後は両チームとも得点できずに膠着状態。
69分、栃木1回目の交代(1人)。
79分、栃木2回目の交代(1人)。
残りの交代は1回3人。
とは言え無理に勝ち点3を狙いに行くよりは残留のために勝ち点を1つでも伸ばしておきたい状況を考えると交代はリスクが高い。
2回目の交代(残り約10分)で後ろの三國選手(元青森山田)を入れたのも失点しないことを重視した交代だと思うし。
山本廉選手出番なしかな・・・と思ってたらそのとおりになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
1−1で試合終了。

クリックすると元のサイズで表示します
試合後の挨拶。
これからもがんばってね。


それにしてもこの試合で決まった2ゴールすべてが向こう側のゴールってのもなんかなぁ。
俺がどれだけもってないかって感じ。
あと、今年のサッカー現地観戦で一番日差しが強かった。11月なのに。
そうそう、栃木サポさんからいろいろとお土産をいただきまして、ありがとうございました。
また、試合前に山本廉選手のご家族からゴール裏への差し入れ、栃木ユニ未着用の俺もいただいてしまいました。
金萬、おいしかったです。
0

エスパルス公式ショップで勝手に福袋的な買い物  スポーツ

まだ暑かった8月6日。
エスパルス公式ショップからこんなタイトルのメールが届きました。

【エスパルス公式オンラインストアご利用者様限定】3,000円OFFクーポン

読んでいくと、すべての商品に使えるクーポンであることが書いていました。
こういうクーポンって「○○円以上の買い物に使えます」だったりするものですが。
エスパルス公式ショップ、太っ腹。
ホントは悪いと思いながらも、3,000円のお買い物
送料は当然ながら自腹です。

福袋的な楽しみ方をするために、こんなものを買いました。
クリックすると元のサイズで表示します
誰のが出るかわからない選手応援タオル
誰のが出るかわからないユニフォーム型ポーチ(ホーム)
誰のが出るかわからないユニフォーム型ポーチ(アウェイ)

今年は清水の試合を2回見に行ってるから、その試合に出た選手だといいな。
ちなみに見に行った試合はルヴァンカップ仙台戦天皇杯盛岡戦

まずは選手応援タオルを開封。
出てきた選手は・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ノリエガ エリック
天皇杯盛岡戦に出場。
清水のエリックとして初出場した試合ですね。
まぁ、残り数分のところでの出場でしたが。
雨の盛岡、本人にとっては思い出になったことでしょう。
去年は町田にレンタル、そこでJ2の出場はあるのでプロ初出場ではないようで・・・
まだ19歳、未来のディフェンスリーダーになってくれるといいな。

続きましてユニフォーム型ポーチ(ホーム)を開封。
出てきた選手は・・・
クリックすると元のサイズで表示します
鈴木義宜
ルヴァンカップ仙台戦に出場。
今シーズン、大分から加入した大型ディフェンダー。
開幕からレギュラーをつかむも、6月に怪我をして離脱。
スタンドから見ても、すごく大きいと感じた選手。
離脱後に失点が増えたのは気のせいか・・・?
移籍加入ながら今シーズンのディフェンスリーダーとしてチームを牽引していただけにケガは痛かった。
試合へ出られる日を、首を長くして待っています。

最後にユニフォーム型ポーチ(アウェイ)を開封。
出てきた選手は・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ヴァウド
天皇杯盛岡戦に出場。
昨シーズン加入し、リーグ戦29試合に出場したセンターバック。
ケガ人が多い今シーズンにあって、安定して出場できているのはありがたい。
外国籍選手が多くなるなかでもきちんと出場しつづけているんだから、監督からの信頼も厚いんだろな。
現状のディフェンスリーダーってところ。

なかなかよいラインナップ。
それにしてもなぜディフェンダーばっかりなのか・・・
ポジションはもうちょっとばらけてもいいような気もするけど。
まぁ、運任せの買い物なので仕方ないか。

このグッズを持って試合を見に行けるのはいつになるやら・・・
1

宮城スタジアムで五輪観戦  スポーツ

2020年のオリンピックが東京で開催されると決まってから約7年
当初のチケット販売から約2年
まさか大会が1年延期になると思っていなかったあの頃。
そして状況が状況だけに無観客
しかし、ごくごく一部の競技だけは観客を入れる決断。
その会場の1つがこちら。
クリックすると元のサイズで表示します
宮城スタジアム
知る人ぞ知る、2002ワールドカップ負の遺産
アクセス最悪、競技が見にくい。
逆にこの隔離感だからこそ開催できたのではないでしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します
この日は午前中に台風が東北地方を横断するというコンディション。
開場への移動時でも小雨ぱらぱら
相方さんはリアルブラッフェになって会場入り。

なんと予選リーグでは、1回の入場で2試合を見ることができます。
これは延期前から決まっていたこと。
そして延期前・・・と言うか、チケット購入時に決まっていなかったのは対戦カード
どのチームを見ることができるかわからないチケットを買うという冒険。
一次リーグ3試合目のため、へぼ試合になる可能性もある。

1試合目はこちらのチームが出場。
クリックすると元のサイズで表示します
まずはドイツ
勝てば決勝トーナメント進出、引き分け以下で敗退。

クリックすると元のサイズで表示します
対戦相手はコートジボワール
こちらは引き分け以上で決勝トーナメント進出。
どちらかのチームは決勝トーナメントに進むが、両チームが進むことはない。
非常にわかりやすい展開。

試合開始から少しの時間がたって、どのくらい時間が経過したかビジョンを確認。
クリックすると元のサイズで表示します
ビジョンには映し出されているが左側の時計、動いていない
試合中はリプレイ映像とか流れていた気がするから、選手やスタッフは途中で時間を確認する方法がないタイミングもあったのでは・・・?
これでいいのか東京オリンピック
クリックすると元のサイズで表示します
なお、試合はドロー決着。
コートジボワールが勝ち上がり、ドイツ敗退。

1時間ほどの時間をおいて2試合目。
クリックすると元のサイズで表示します
アジアから出場、オーストラリア
オリンピックでアジアのオーストラリアって違和感がある。
引き分け以上で決勝トーナメント進出。

クリックすると元のサイズで表示します
対戦相手はエジプト
リバプールサラーが来るとか来ないとかなっていたが、結局は来なかった。
勝てば決勝トーナメント進出。
1試合目と同様、どちらかのチームは決勝トーナメントに進むが、両チームが進むことはない。

結果のスコアの写真が撮れていなかったためここに載せられませんが、2−0でエジプト勝利。
エジプト勝ち上がり、オーストラリア敗退。


状況が状況だけに、見に行っていいのかと思っていました。
意外と観客は多かった。
とは言えスタンドはガラガラでしたけど。
おかげでシャトルバスを待つ時間が少なくてよかったです。
0

いわぎんスタジアムでエスパルスを応援!  スポーツ

天皇杯3回戦、清水エスパルスvsいわてグルージャ盛岡
試合会場はいわてグルージャ盛岡のホーム、いわぎんスタジアム。
東北社会人リーグではブランデューもお世話になっているスタジアムです。

天皇杯のスタジアム選定ってどうなっているのかよくわかりませんが、個人的なイメージではベスト8とかベスト16くらいまではどちらかのホームスタジアムを使っている印象。
ちなみに同日開催された青森県代表ヴァンラーレ八戸湘南ベルマーレの試合は湘南のホーム(レモンS)で行われました。
下位カテゴリーチームが所属する都道府県協会に打診して、開催権を返上したら上位カテゴリーチームの所属する都道府県協会が開催するって感じなのかなぁ?
そうだとすれば、岩手県サッカー協会さんは非常に素晴らしい判断をしたと思います。

さて、試合。
クリックすると元のサイズで表示します
開場時はほとんど雨が降っていないものの、開始時刻あたりで霧雨
クリックすると元のサイズで表示します
前半は向こう側のゴールに攻めるエスパルス
写真を撮っても雨のせいもありピントが合わない
そして内容的にもなんとなくぱっとしない
無得点でもいいから失点だけは避けたい・・・と思っていたくらいのときにまさかの失点
そのまま前半終了、雨は土砂降りに。

後半、雨は強いままでカメラのレンズにも雨粒がつき、どうやったって写真がうまく撮れない
クリックすると元のサイズで表示します
色だけは判別できる。
54分、コーナーからの流れで奥井→指宿で同点。
現地で見ている分には、誰が得点者かわからないけど点数が入った!って感じで盛り上がる。
その後も、ピンチは少なくボールを保持するが得点には至らず・・・
延長もちらつき始めた83分、が豪快ミドルを決めてようやく勝ち越し。
長いATも含めなんとか踏ん張り、2−1で勝利。
クリックすると元のサイズで表示します
得点掲示は電光じゃないうえに豪雨なので逆サイドからは見にくい。

試合後に挨拶にくる選手たち、奇跡的にピントが合った。
クリックすると元のサイズで表示します
移動慣れしていない土地での試合、悪天候、相手のホームスタジアムという、なかなか難しい環境の中、選手はよく戦ってくれたと思います。
勝つことだけが必要なトーナメント方式の大会なので、最高の結果と言ってもいいでしょう。

清水サポはおそらく(少なくとも今シーズンは)グルージャを気にすることになるでしょう。
また、岩手の方々も清水を気にしてくれるのではないでしょうか。
カテゴリーを超えて戦う天皇杯のいいところを多くの人が経験できた試合になったと思いますので、繰り返しになりますが、岩手県サッカー協会さんには感謝しかないですね。
2

エスパルス「21新春福袋」を買ってみた  スポーツ

年越しと言えば福袋。
昨年は買いそびれてしまったエスパルス福袋
今年もネット販売開始時間に自宅にいることができず1万円福袋は買えませんでした。
しかし3千円のものは残ってました。

オフィシャルオンラインショップの売り文句は
下部分には保冷エリアも備えた観戦に大変便利な新タイプバッグ『保冷つきメッシュバックパック』入り。
総額9,000円以上(バッグ本体含む)のアイテムを封入。
さらに、500個以上に選手直筆サインのミニ色紙またはトレーディングカードを「お年玉プレゼント」として封入。

ということになっています。

受取日を12月30日以降に設定できるので最速の30日で注文。
さっそく届きました。
クリックすると元のサイズで表示します

さてさて中身は・・・
クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じ。

上段の左から・・・
メッシュバッグ
2020タオルマフラー(富士山) 1,800円
滝選手キーホルダー(ガチャ)
ご当地パルちゃん桜エビ 1,000円
ジュニオール・ドゥトラ選手ネックストラップ(ガチャ)
石毛選手ネオプレーンユニフォームケース(ガチャ)

下段左から・・・
ヘナト・アウグスト選手ミニタオルマフラー(ガチャ?)
19サッカー分析ノート 500円
竹内選手ユニフォーム巾着(ガチャ)
立田選手ミニケース(ガチャ)
西村選手サイン入りトレーディングカード(お年玉)


市販品(値段がわかるもの)には値段をつけてみましたが、3つだけ。
まぁ、この3つだけを足しても購入価格である3千円は超えているというお得な感じ。
ガチャ1回千円として、6つ分(6千円)。
それにサイン入りカードと保冷付きメッシュバッグ。
売り文句に9,000円以上って書いていたけど価格的にはそれ以上

今年は1試合も観戦に行けなかったからなぁ。
2020タオルマフラーはありがたい。
来年はエスパルス観戦に行ける年になるといいな。
2

はるか夢球場で野球観戦  スポーツ

8月9日、野球の日。
弘前市を本拠地とする社会人の野球クラブチーム弘前アレッズが粋な計らいをしてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します
弘前地区高校・社会人交流戦を開催。
弘前アレッズがダブルヘッダーで弘前東高校弘前学院聖愛高校と対戦するという非公式戦。
なお、今年の夏の県大会では弘前東がベスト4、弘学聖愛がベスト8でした。
両校とも県内では強豪校と言っていいでしょう。

1試合目の結果はこちら。
クリックすると元のサイズで表示します
10−4で弘前アレッズ勝利。
弘前アレッズ根深選手が前日のテレビ出演で高校生をぼこぼこにすると言っていたわりには3回終了時で0−4でリードを許すという展開。
直後に4点を入れたものの、この時は大雨に乗じてどさくさ紛れに4点を奪った印象。
この回、降雨による中断もありました。
その後は失点0、6得点でこの結果。
弘前東は与四球がもったいなかった。
安打数は同じなんだから・・・

2試合目はこちら。
クリックすると元のサイズで表示します
1−0で弘前アレッズ勝利。
エース山口投手が完封。
弘学聖愛もタイプの違う3人の投手で社会人相手に1失点。
山口投手は初回から最終回までストレートが140キロを超えるすばらしい投球でした。
この試合、弘学聖愛の攻撃の時には三塁ベースコーチに原田監督が。
高校野球の場合、公式戦だと登録メンバーがベースコーチに入ります。(ルールで決まっていたはず)
弘前アレッズの選手たちとも仲がいいので実現したのかも?
これはこれでなかなか面白かった。


今年は観戦する側としては生で試合を見る機会がなかったし、生徒(選手)たちも観客の前で試合をする機会がなかったからね。
なかなか面白い試みだと思いました。
それにしても天気が・・・雨が降ったりカンカン照りになったりまた雨が降ったり。
かなり体力を奪われました。

今年だからこそできたイベントかもしれませんが、何らかの形で次回があることを期待します。
0

あいつ今何してる?(おととしのフレッシュオールスター出場選手)  スポーツ

2年前の7月12日。
弘前市はるか夢球場にてフレッシュオールスターが開催されました。
そのときのブログはこちら

昨日(2020年7月11日)、阪神横浜に9回逆転負けを喫したのですが、藤川投手が逆転された後に登板してピシャっと抑えたのが馬場投手
弘前のマウンドに上がった選手です。
クリックすると元のサイズで表示します
なお、この年のフレッシュオールスターに登録された選手の中での出世頭はソフトバンク高橋礼投手ヤクルト村上選手だと個人的には思っております。
当時話題になっていたのは清宮選手(日ハム)とか中村奨成選手(広島)かな。

当時は記憶に残らなくても、今現在どれくらい活躍しているのか。
今シーズンは諸事情により始まったばかりなので、昨年の成績を見ていくことにしてみる。

イースタン
投手
高橋昂也(広34)登板なし
塹江敦哉(広36)11試合登板、20.2投球回、防御率6.10
長井良太(広65)登板なし
清水達也(中50)8試合登板、35.1投球回、防御率4.33
藤嶋健人(中54)32試合登板、29投球回、防御率2.48
高橋礼(ソ28)23試合登板、143投球回、防御率3.34
K−鈴木(オ30)19試合登板、102.1投球回、防御率4.31
馬場皐輔(神18)2試合登板、3.1投球回、防御率10.80
望月惇志(神61)8試合登板、31.1投球回、防御率4.02

捕手
中村奨成(広22)出場なし
坂倉将吾(広61)51試合出場、61打数14安打、本塁打1
谷川原健太(ソ45)出場なし
西村凌(オ25)19試合出場、49打数13安打、本塁打2

内野手
石垣雅海(中32)15試合出場、15打数2安打、本塁打0
川瀬晃(ソ00)29試合出場、34打数6安打、本塁打0
周東佑京(ソ121)102試合出場、102打数20安打、本塁打1
福田周平(オ4)135試合出場、492打数123安打、本塁打2
山足達也(オ36)28試合出場、61打数10安打、本塁打1
熊谷敬宥(神4)出場なし

外野手
伊藤康祐(中49)14試合出場、32打数6安打、本塁打0
島田海吏(神53)7試合出場、4打数1安打、本塁打0


ウェスタン
投手
高田萌生(巨53)2試合登板、5投球回、防御率5.40
近藤弘樹(楽12)2試合登板、9.1投球回、防御率8.68
寺島成輝(ヤ18)3試合登板、4投球回、防御率2.25
岩下大輝(ロ46)21試合登板、96.1投球回、防御率3.64
種市篤暉(ロ63)26試合登板、116.2投球回、防御率3.24
齊藤大将(西19)9試合登板、10.2投球回、防御率6.75
西村天裕(日35)35試合登板、44.2投球回、防御率3.83
阪口皓亮(横12)3試合登板、7.2投球回、防御率5.87
捕手
古賀優大(ヤ57)11試合出場、15打数3安打、本塁打0
郡拓也(日60)2試合出場、4打数1安打、本塁打0
山本祐大(横50)13試合出場、12打数4安打、本塁打0

内野手
北村拓己(巨52)5試合出場、5打数0安打、本塁打0
西巻賢二(楽67)2試合出場、1打数1安打、本塁打0
村上宗隆(ヤ55)143試合出場、511打数118安打、本塁打36
安田尚憲(ロ5)出場なし
金子一輝(西56)出場なし
清宮幸太郎(日21)81試合出場、250打数51安打、本塁打7
大河(横23)出場なし

外野手
松原聖弥(巨009)出場なし
岩見雅紀(楽天13)出場なし
戸川大輔(西71)10試合出場、23打数4安打、本塁打1



自分でやっといて言うのもなんだけど、「おおっ!!」と思う選手は少なかった!
ロッテ種市選手は青森県出身だから注目はしていて、今や背番号16を与えられるまでに成長。
あとはソフトバンク周東選手かなぁ。
この年は育成選手で、2019年春から正式契約になってる。

2年しか経っていないけど、移籍した選手、すでに引退している選手もいるし。
厳しい世界だね、プロ野球。
ここに挙げた選手たちのこれからの活躍を期待しております。

0




AutoPage最新お知らせ