ブランデュー弘前 2022 ホーム1戦目  ブランデュー弘前

東北社会人サッカーリーグがようやく開幕!
観客を入れての弘前での公式戦は、昨年の夏以来。
クリックすると元のサイズで表示します
この写真を撮るのも久しぶり。
初戦の対戦相手はFCガンジュ岩手
スタメンはこちら。
GK 河野選手
DF 川崎選手 坂木選手 笠原選手 町田選手
MF 西田選手 森永選手 宮阪選手
FW 高橋選手 高木選手 船川選手
天皇杯予選のときと、サイドバックと中盤を変えてきました。
浅利選手不在はケガなのだろうか。

開幕戦と言うことで・・・
クリックすると元のサイズで表示します
弘前市長の御挨拶。
そして・・・
クリックすると元のサイズで表示します
本日はラグノオスペシャルマッチなので、ブランデューと同じくラグノオさんがスポンサーとなっているプロスイマー樋口遼選手青森ワッツ藤岡選手喜久山選手クイッキーデッチさんも登場。
スポーツでのつながり、大きくなっていくといいなぁ。
ちなみにラグノオさんは対戦相手であるガンジュ岩手のスポンサーでもあります。
本当にありがとうございます。

さて、試合。
今回も動画配信があったのでとりあえず得点と交代の経過だけ。
まずは前半。
クリックすると元のサイズで表示します
04分 得点(西田選手
07分 失点

そして後半。
クリックすると元のサイズで表示します
HT 交代(アウト:高木選手町田選手 イン:八田選手片山選手
60分 交代(アウト:森永選手船川選手 イン:小田桐選手小野選手
71分 得点(高橋選手
75分 得点(高橋選手
81分 交代(アウト:笠原選手 イン:根本選手

これで試合終了。
クリックすると元のサイズで表示します
無事に3−1での勝利となりました。
流れとしては、開始早々に得点をして流れに乗るかと思ったんだけどなぁ。
直後に失点して。
その後はボールを保持する時間が長かったんだけど得点できず
後半は、相手が対策をたててきたのか保持率は両チーム同じくらいに。
そういう展開で得点するのがストライカー高橋選手なんだよなぁ。

あとは、天皇杯の時にケガで出れていなかったメンバーしっかりゲームに入れていたのは収穫だと思いました。
次は無失点でいきましょう!

試合後、サポーターへの挨拶のあとは選手がお見送り
クリックすると元のサイズで表示します
以前のようにハイタッチできないのは淋しいですが、このご時世なので仕方ないですね。
そういえば、久しぶりに顔を見る方がたくさんいましたね。
サポーターあるあるだと思うんですが、スタジアムでしか会わない人っていますよね。
元気そうでなにより。
あと、現地観戦ならではってのは相手のいい選手がわかることかなぁ。
10番の熊谷心真選手、よかったなぁ。

なお、この試合ではラグノオ主催のスピンオフ企画ポロさんをさがせ!をやっておりました。
応募した結果・・・
クリックすると元のサイズで表示します
みごと当選
ホントはライト層が当選するべきなんでしょうけど・・・申し訳ない
0

ブランデュー弘前 2022シーズンキックオフイベント  ブランデュー弘前

ブランデュー弘前の開幕告知イベント開催。
クリックすると元のサイズで表示します
昨年は3月下旬開催、今年は大型連休の中。
天皇杯予選が入ってくるので仕方ない。
まぁ、決勝まで残っていればこのイベント自体ができなかったわけで・・・
3日後の5月8日が決勝戦ですからね、いいんだか悪いんだか
クリックすると元のサイズで表示します
ステージのバックボードはこんな感じ。
ヒロロさん、ありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します
ステージの横には今シーズンのユニフォームなどを展示。
クリックすると元のサイズで表示します
ユニフォームは選手が着用しての紹介もしておりました。
左から矢野選手河野選手笠原選手平尾選手
スポンサーは胸が青南商事さん、背中の上がラグノオさん、背中の下が栄研さん、袖がヒロロさん、パンツが共立設備工業さん
クリックすると元のサイズで表示します
アップウェアも選手着用で紹介。
着ているのは松山選手町田選手
スポンサーは胸面がWoodHEARTさん丸祐運送さんまなびの森弘前城東予備校さんT.RISEさん
背面がANEKKOさん城東電気さん弘前大学整形外科さんMATHGRAPHICSさん
袖がライズファームさんあきた耳鼻咽喉科クリニックさんなとわ動物病院さんReviveさん

その後、選手会主催のじゃんけん大会。
クリックすると元のサイズで表示します
根本選手との対戦で、勝った方には賞品あり
1回戦目は上位2名様、2回戦目は上位1名様が賞品ゲット。
賞品の写真はないので・・・お察しください

その後、大江監督のご挨拶。
クリックすると元のサイズで表示します
話すことを紙に書き持ってきていたところに真面目さが表れているような気がします。
様々な年代やカテゴリーでの指導歴がある方なので、若手が多いうちのチームにはフィットするんじゃないかなぁ
まぁ、やるのは選手なんですが。

最後に、昨年のサポーター感謝デーで作成した横断幕に新加入選手のサイン書き。
クリックすると元のサイズで表示します
これを掲げて応援していきます。

で、終了後に大江監督に話しかけていただきまして。
いきなりだったんでびっくりしちゃったわけですけれども。
熱さを見せるぞ心を動かすサッカーをするぞ、ということでした。
個人的にお願い(?)したことは
2年間も弘前で公式戦が行われていないので見て楽しいサッカーを!
点を取るのが一番盛り上がるからがんがん得点するサッカーを!

ということです。

さぁ、いよいよ5月15日開幕東北社会人サッカーリーグ
1.5巡で総当たりの変則日程となりますが、全部勝てば優勝なのは変わらない
目指すのは優勝ですから、変則日程なんて気にしちゃいけないぜ。
ホーム戦の数の違いは出てくるんだろうけどね。
2

ブランデュー弘前 2022 青森県サッカー選手権大会(兼天皇杯予選)準決勝  ブランデュー弘前

ブランデュー弘前、2022年の最初の公式戦。
リーグ戦の前にAOFA第75回青森県サッカー選手権大会兼天皇杯JFA第102回全日本サッカー選手権大会青森県代表決定戦
準々決勝までを無事に勝ち、準決勝の対戦相手はJFLラインメール青森
ユニフォームは今シーズン初の桜色
クリックすると元のサイズで表示します
ブランデューのスタメンはこちら。
GK 河野選手
DF 川崎選手坂木選手町田選手小野選手
MF 小田桐選手浅利選手西田選手
FW 高橋選手高木選手船川選手
4試合連続で同じメンバーです。

動画配信があったのでとりあえず得点と交代の経過を。
クリックすると元のサイズで表示します
前半
22分 失点
31分 失点
クリックすると元のサイズで表示します
ハーフタイム  高木選手アウト 平尾選手イン
後半
11分 高橋選手
29分 町田選手アウト 松山選手イン
32分 船川選手アウト 森永選手イン
39分 小田桐選手アウト 増田選手イン
45分 失点
クリックすると元のサイズで表示します
結果は1−3で敗戦です。
今シーズンの初敗戦

勝てる試合を落としたって感じは全くない
とは言え勝てない試合でもなかったなぁ。
前半でピンチらしいピンチは1失点目だけ。
2失点目はコーナーからやられた。
先週もコーナーからやられてたのに、また同じような感じ。
風がとても強かったので、風下の前半はせめて1失点で耐えていたかった。
後半はいい時間帯が続いていたものの1得点しかできず。
パワープレーに出て前がかりになってたところでトドメを刺された
トーナメント戦だから、終了間際の時間帯にああなるのは仕方ないかな。

最後、サポーター前に挨拶に来てくれた選手は悔しそうな顔をしてましたね。
格上相手にいい試合ができたっていう満足感より、勝てる相手だったなぁって思っている悔しさ
それがあればまだまだ成長できるさ。
切り替えてリーグ戦に挑みましょう!!


相手チームだけど、差波選手のポジショニングの良さはさすがだなぁ。
あと、廣末選手のゴールキックのときの音がほかの選手と違いがわかるほどパワフル。

ラインメール青森は前節の東京武蔵野ユナイテッド戦とスタメンが同じでしたねぇ・・・
それでもブランデューがここまでやれたことを良しとするかどうか。
1

ブランデュー弘前 2022 青森県サッカー選手権大会(兼天皇杯予選)準々決勝  ブランデュー弘前

ブランデュー弘前、2022年の最初の公式戦。
リーグ戦の前にAOFA第75回青森県サッカー選手権大会兼天皇杯JFA第102回全日本サッカー選手権大会青森県代表決定戦
1回戦、2回戦を無事に勝ち、準々決勝の対戦相手は八戸学院大学サッカー部
クリックすると元のサイズで表示します
ブランデューのスタメンはこちら。
GK 河野選手
DF 川崎選手坂木選手町田選手小野選手
MF 小田桐選手浅利選手西田選手
FW 高橋選手高木選手船川選手
3試合連続で同じメンバーです。
2回戦で多少苦戦したので変えるかと思いましたが、そのままでしたね。

動画配信があったのでとりあえず得点と交代の経過を。
クリックすると元のサイズで表示します
前半
04分 高橋選手
14分 高橋選手
27分 高木選手
クリックすると元のサイズで表示します
後半
06分 失点
22分 高木選手アウト 根本選手イン
35分 失点
37分 船川選手アウト 平尾選手イン
42分 町田選手アウト 松山選手イン
クリックすると元のサイズで表示します
結果は3−2の勝利。

前半30分までに3得点したものの、その後は追加点なし。
その3得点も、相手がこちらのスピードに慣れる前に前線からプレッシャーをかけてのショートカウンターが起点。
3得点後は前線で追わず、つないでいこうとするが上手くいかない。
後半に入ると、どちらかと言えば相手ペース
失点は2つともセットプレーから
松山選手を入れてからは5バックにして完全に守り切る方向にシフトチェンジ
ベンチからしっかり指示が出ていたので、選手たちにとってもわかりやすかったかな。

次戦は準決勝、JFLラインメール青森戦。
ゴール裏から見た素人の感想としては、この戦い方だと次は厳しい
もちろん、あと一週間で何らかの対策とかすると思うけど。
サポーターとしては、勝利を信じて応援するのみ。

それにしても隣のプラスタヴァンラーレが太鼓鳴らして応援してるのに、こっちはダメかい。
0

ブランデュー弘前 2022 青森県サッカー選手権大会(兼天皇杯予選)1回戦  ブランデュー弘前

ブランデュー弘前、2022年の最初の公式戦。
リーグ戦の前にAOFA第75回青森県サッカー選手権大会兼天皇杯JFA第102回全日本サッカー選手権大会青森県代表決定戦
1回戦の対戦相手は七戸サッカークラブ
クリックすると元のサイズで表示します
ブランデューのスタメンはこちら。
GK 河野選手
DF 川崎選手坂木選手町田選手小野選手
MF 小田桐選手浅利選手西田選手
FW 高橋選手高木選手船川選手
配置のイメージはゴール裏から見た感じだと今の日本代表みたい。

動画配信があったのでとりあえず得点と交代の経過を。
クリックすると元のサイズで表示します
前半
04分 小野選手
13分 高木選手
21分 高橋選手
29分 船川選手
クリックすると元のサイズで表示します
後半
03分 船川選手
08分 高木選手
10分 浅利選手
17分 高木選手
17分 高木選手船川選手アウト 平尾選手森永選手イン
25分 小田桐選手
25分 小田桐選手町田選手アウト 根本選手松山選手イン
31分 浅利選手
38分 小野選手アウト 増田選手イン
45+2分 高橋選手
クリックすると元のサイズで表示します
結果は11−0の勝利。
相手キーパーが普通の選手だったらあと2点くらい取れてた。
大量失点していながらも集中力を切らしていないいい選手でした。

さて、今シーズンのブランデューですが。
ケガ人が何人かいるようで、今日のメンバーがチームとしてのベストかどうかは判断が難しいところ。
個人的な今日の収穫は両サイドバック。
サイド攻撃を多用し、その起点になっていた印象。
小野選手は先制点を挙げたし。
前線の3人も全員が得点したし、今季の勢い付けに成功したかな。
交代で入った根本選手が昨年までやっていたサイドバックじゃなくサイドアタッカーとして起用されていたのは驚いた
もともと前線の選手だから、元に戻っただけなんですが。
今後もこのような起用法になるのかな?

次戦は来週。
本選出場まで突っ走れ!!
0

ブランデュー弘前 2021シーズン サポーター感謝デー  ブランデュー弘前

シーズン終了後のお楽しみ企画、サポーター感謝デー。
クリックすると元のサイズで表示します
当然ブラッフェも登場。
今年は子供を泣かせることはなかった(と思う)。

今年の新しい企画としてはサポーターと選手でつくる応援横断幕
クリックすると元のサイズで表示します
開場時から塗りはじめ、イベントの最後でお披露目予定。
マスキングテープを貼っている状態からのスタートなので、本当に塗るだけの作業

ステージイベント、まずは弘前ボーイズコレクション2021
クリックすると元のサイズで表示します
左から小野春選手松山選手清水選手大原選手片山選手
テーマは白神で登山デート
なかなかみなさんセンスがいい。

次のイベントは96男児スペシャルライブ
あまりに衝撃的すぎて写真撮るのを忘れてた
坂木選手浅利選手宮阪選手船川選手高木選手笠原選手似鳥選手(背番号順)によるダンス&ボーカルユニット。
黒ずくめの衣装で出てきて、自己紹介ソングパプリカを披露。
歌唱力もなかなか衝撃的でしたね・・・
ちなみにユニット名の数字96ではなく全員が96年生まれだからという理由が明かされました。

ライブ後、感想を求められたのは1学年上の繁田選手
生年月日で言うと俺も96年生まれなんだよね、という一言で会場がざわつきました。
そしたら川崎選手俺も早生まれで96年生まれって言っちゃうし。
ただ、チーム内の仲の良さは感じられましたね。
同学年でのまとまり具合とかも。

その後、姜監督川崎選手から今シーズンを振り返っての御挨拶
そして横断幕披露
クリックすると元のサイズで表示します
なかなかいい感じでできたんじゃない?
来シーズンはこの横断幕を試合会場に張る予定。
きちんとシーズンが始まって、観客が入れることを祈ります。

なお、来場者限定特別抽選会の個人的結果はこちら。
クリックすると元のサイズで表示します
横川選手のTシャツ(タグ付き)、サイン入り。
来シーズンもよろしくお願いします!
0

ブランデュー弘前 2021 ホーム最終戦(エキシビジョンマッチ)  ブランデュー弘前

今季ホーム最終戦とするためのエキシビションマッチ。
相手は同じ青森県内の筒木坂FC

試合前にキッズチアによるチアダンス
クリックすると元のサイズで表示します
最初に出てきた、小学校入学前と思われる女の子たち。
この子らのときが、一番雨が強かったかもしれない・・・
誰のせいだよ、この雨は。

さて、試合。
クリックすると元のサイズで表示します
スタメンは、
GK 横川選手
DF 川崎選手 根本選手 繁田選手 笠原選手
MF 濱中選手 浅利選手 大塚選手 高木選手 大原選手
FW 船川選手

センターバックで川崎選手の相方は根本選手
成田選手の怪我は公表されていましたが、坂木選手も出られないとは・・・
根本選手の4バックでのセンターバックは初めてかな?
あまりやってる印象がない。
クリックすると元のサイズで表示します
内容はYouTubeでも見られるので適当に。
試合開始直後はどちらも主導権を握ることができない感じ。
得点のチャンスもあったが決められず。
給水タイムまでスコアレス
スコアが動いたのはその直後。
大塚選手のクロスを高木選手が詰めて先制
しかし前半40分、失点。
そしてそのまま前半終了。
前半はサイドからやられることが多かったなっていう印象。
失点シーン以外でも、けっこうクロスを上げられていたし。

ハーフタイムショーはアルプスおとめさん。
クリックすると元のサイズで表示します
このときも、直前まで落ち着いていた雨が強くなったんだよなぁ。
誰のせいだよ、この雨は。

後半、スタートと同時に選手交代。
高木選手繁田選手船川選手がアウト、小野敬選手小野春選手宮阪選手がイン。
クリックすると元のサイズで表示します
サイドバックをやっていた繁田選手を下げて小野春選手を入れてポジションがどうなるか。
それを見ようと思っていた後半開始直後に失点
すべてが中途半端になってたよなぁ。
そこから10分後、後半から投入された宮阪選手クロスからゴールを決めて同点
61分、濱中選手が怪我でアウト、代わって嶋選手がイン。
その直後、宮阪選手がさっきとは反対側からのクロスを決めて勝ち越し
3分後、フリーキックからの混戦で根本選手が蹴り込んで追加点
2点差になってからは得点が動かなかったものの、73分にペナルティエリア内で浅利選手落ち着いてゴールを決めて勝負あり。
直後に大原選手アウト、沼倉選手イン。
87分、大塚選手アウト、清水選手イン。
そのまま試合終了。
クリックすると元のサイズで表示します
5−2で勝利。
エキシビジョンマッチとは言え、勝てたのはいいこと
失点の形はまぁ、反省材料ってことで。

公式戦ではないものの、ホームでの今年最後の試合と言うことでホーム最終戦セレモニー
クリックすると元のサイズで表示します
写真は姜監督ですが、その前に西澤社長、監督のあとには川崎主将もサポーターに向けたご挨拶。

セレモニー後は選手みんなでお見送り。
クリックすると元のサイズで表示します
今シーズンもありがとうございました。
0

ブランデュー弘前 青森スーパーカップ  ブランデュー弘前

青森県にあるサッカーチームによるおまつり、青森スーパーカップが初開催となりました。
クリックすると元のサイズで表示します
いわゆる旧三市に本拠地を置くヴァンラーレ八戸ラインメール青森ブランデュー弘前による三つ巴の戦い。
ちなみに旧三市ってのはすでに県内でもしっくりこない方が多い気がしますが・・・
昭和の町村合併推進法(昭和28年)施行時に青森県内に存在した3市のことでございます。

大会方式は45分一本勝負をそれぞれに行い、勝ち点(通常と同じく勝利3、引き分け1)が多いチームの優勝。

まずは1試合目。八戸vs弘前
クリックすると元のサイズで表示します
スタメン
GK 河野選手
DF 川崎選手 成田選手 繁田選手 笠原選手
MF 西田選手 浅利選手 大塚選手 小野敬選手
FW 前原選手 宮阪選手

相手直前のリーグ戦でスタメンではなかった選手を主に使用している模様なので勝ちたい一戦。
試合中盤にカウンターから前原選手小野敬選手とつないで先制。
前原選手の体の強さが生きた場面を初めて見た気がする・・・
そもそも東北リーグではカウンターから得点ってほとんどないですからねぇ。
その後、30分くらいに失点
そしてそのまま試合終了。
クリックすると元のサイズで表示します
格上相手に善戦したと見るか、勝てる相手に勝てなかったと見るか。
まぁ、うちらがどうこう言うよりは選手が感じるものがあったのではないかと思う試合でした。

引き続き2試合目。青森vs弘前
クリックすると元のサイズで表示します
スタメン
GK 横川選手
DF 片山選手 川崎選手 坂木選手 根本選手
MF 濱中選手 高木選手 清水選手 嶋選手
FW 小田桐選手 船川選手

相手のメンバーがどうこうより、優勝するために勝ちたい試合。
ところが序盤はほとんどチャンスを作れない・・・
相手ゴール前にもほとんど行けてない状況。
試合が中盤に差し掛かってくると、相手のプレッシャーにも慣れたのか徐々に攻め込む場面も。
そんな中、30分過ぎに失点
その失点を取り返すことができずに試合終了。
クリックすると元のサイズで表示します
前の試合から10人を入れ替えてもそれなりのサッカーができたことは収穫。
ただ、得点の形が見られなかったのは残念かな。

個人的に現場にいたのはここまで。
・暴風雨になりそう(暴風はきていた)
・前日にワクチン接種していた
・相方さんが同行していた
というのが主な理由。
ヴァンラーレ八戸のみなさまラインメール青森のみなさま、ごめんなさい。

なお、3試合目はスコアレスドローのようで。
優勝は勝ち点4のラインメール青森でした。

結果論ですが、青森戦でブランデューが1点取ってドローにしていれば優勝はブランデューでした。
(勝ち点と得失点差で並んだ場合は総得点で優勝を決めるレギュレーションになっていたはず)

勝ち点1の重さ、得点1の重さを選手が感じ取ってくれるといいな。
おまつりだろうが、優勝したいもの。
0

ブランデュー弘前 2021 ホーム3戦目  ブランデュー弘前

ブランデュー弘前、今年の東北社会人サッカーリーグのホーム3戦目。
今まで2試合は無観客だったので、今年ホーム初観戦
対戦相手は日本製鉄釜石
この試合は栄研スペシャルマッチと題されております。
栄研さん、ありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します
スタメンはこちら。
GK 横川選手
DF 片山選手 川崎選手 坂木選手 繁田選手
MF 西田選手 小野敬選手 浅利選手 宮阪選手 大原選手
FW 船川選手
後ろはがらっと変えてきましたね。
両サイドバック、これまで根本選手笠原選手の組み合わせが多かったけど片山選手繁田選手に。
センターバックも成田選手が外れるのは久しぶりかな?
なお、集合写真に12人写っておりますが、前列真ん中は有観客記念の挨拶のため来ていただきました桜田市長でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、試合ですが。
YouTubeでも見られるので、適当に。
開始早々、浅利選手のクロスを宮阪選手が頭で合わせて先制。
それから10分ほどして、浅利選手が今度はドリブルでゴール前へ進入し最後は船川選手にパス。
しっかりと決めて追加点。
しかしその後は攻め入るものの得点には至らず
2−0で前半終了。

ハーフタイムでの交代はなく後半へ。
クリックすると元のサイズで表示します
前半と打って変わって、攻め入ることすらできなくなってくる。
まぁ、裏へ抜ける動きがことごとくオフサイドになっていましたから。
後半10分くらいに笛が鳴ってからもプレイを続けたってことで大原選手にこの日2枚目のイエローが出されちゃったのもあるけどね・・・
そのあとは相手がボール保持する時間が長くなってきていたし。
シュートもけっこう打たれましたね、横川選手がしっかりと守ってくれましたが。
飲水タイムのときに宮阪選手out 高木選手in。
それでも追加点は取れず、後半38分船川選手out 濱中選手in。
続けざまに小野敬選手out 沼倉選手in。
しかし追加点は奪えず、このまま試合終了。
クリックすると元のサイズで表示します
2−0で勝利。
リーグ戦が半分になったうえに、ここまで1敗を喫しているため引き分けすら許されない
そんな状況の中で勝ち切ったのはよかった。
ディフェンス陣も、人が変わったにも関わらず無失点は収穫
あとは得点のほうだよねぇ・・・
戦術的なこともあるかもしれないけど、妙にショートパスにこだわってるように見えたのは気のせい?
オフサイドをたくさんとられたから、やり方をそっちにしたのかな?
宮阪選手船川選手を生かすならロングボールのほうがよかったと思うけど。
後ろと違って、何回やってだめでも1回成功(得点)すればいいんだから。

まぁ、何を言ったって勝ち続けるしかない状況は変わらない。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、本日ようやくリーグプログラムを購入。
ついでに、本日から発売開始となったツインメガホンASC2021クールタオルも併せて購入。
散財・・・
0

ブランデュー弘前 2021 青森県サッカー選手権大会(兼天皇杯予選)2回戦  ブランデュー弘前

先々週から始まったAOFA第74回青森県サッカー選手権大会兼天皇杯JFA第101回全日本サッカー選手権大会青森県代表決定戦
ブランデュー、2回戦の対戦相手は青森大学
クリックすると元のサイズで表示します
スタメンは
GK 河野選手
DF 笠原選手 坂木選手 成田選手 根本選手
MF 大原選手 濱中選手 浅利選手 小野敬選手 大塚選手
FW 前原選手

今回も試合自体はネット配信されていたようなので点数&交代の経過を。
クリックすると元のサイズで表示します
8分 失点
30分 失点
38分 失点
39分 失点(PK)

後半。
クリックすると元のサイズで表示します
小野敬選手濱中選手out 宮坂選手西田選手in
根本選手大原選手out 繁田選手船川選手in
82分 成田選手
90+3分 失点

ということで、結果はボロ負け。
クリックすると元のサイズで表示します
1−5でした。
ブランデューに勝つ方法を見事に相手チームが実践した感じ。
前半のようなミスが多くグダグダなブランデューは久しぶりでしたね。
悪いなりにも無失点で耐えるってことができなかった。
ここ2、3年の悪いブランデューって後半みたいに攻めているけど点が取れずにカウンターから失点って感じだったけど。

リーグ戦じゃなくてよかった。
開幕まで中2週を準備に使える。
課題が明確になった。

メリットだってあるじゃないか。
進むしかないんだって。
2




AutoPage最新お知らせ