岩木山観光協会さんありがとう クーポンが当たったよ (続き)  青森県

ちょっと前のブログでも書きましたが、岩木山観光協会主催のキャンペーンでクーポンが当たっておりました
3千円分の当選で2千円分を使用したところまでは書いていましたが・・・
残りの千円もこちらを購入。
クリックすると元のサイズで表示します
湯めぐり手形、千円。
風情を演出するため雪の上で撮影。
紐の色は前回だったんだけど、今回は黄色

で、購入&入浴したのはこちら。
クリックすると元のサイズで表示します
写真じゃわかりにくいなぁ・・・アソベの森いわき荘なんだけど。
通常入浴料金550円。
ホームページには日帰り入浴休業と掲載されており、施設入り口にもそのことが書いた看板があります。
しかし休業中なのは日中の日帰り入浴であり、朝風呂日帰り入浴は可能。
建物の入り口にはそのことを書いた貼り紙がしっかりありました。
営業時間が7時から10時受付は9時までという短期決戦になりますけどね。
その時間帯だと宿泊客は朝食やら帰り準備で入浴する人が少なく、ゆったり入浴できました。

湯めぐり手形の残り2回はどこに行こうかな・・・


ちなみにうちの相方さんがスタンプを集めて12月にキャンペーン応募していたらしく、3千円のクーポンがまた当たりました。
岩木山観光協会さん、我が家に対して太っ腹すぎませんか・・・
ありがたく使わせていただきます。
0
タグ: 青森 弘前 岩木山

キャンペーン利用で西目屋村宿泊  青森県

今となっては懐かしい響きのGoToキャンペーン
国が主催のイベント(?)ですが再開できずにいます。
しかし、類似キャンペーンが自治体単位で行われているようで。
青森県でも、県主催のものだったり市町村主催のものだったりがあります。
せっかくなので使ってみました。
利用したキャンペーンは青森県おでかけキャンペーン西目屋村宿泊応援キャンペーン
宿泊したのは弘前市の隣、西目屋村のグリーンパークもりのいずみ
到着時には雨が降っていたので外観が撮れなかった・・・
こぎんプランってことで、部屋の壁はこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
こぎん刺し模様がいいですなぁ。
部屋にはこんな設備も。
クリックすると元のサイズで表示します
ホテルによくあるワンドア冷蔵庫じゃなく、普通の冷蔵庫
手前にはキッチン
見た瞬間に思ったのは普通に生活できるんじゃないかってこと。
湯治客登山客のための素泊まりプランもあるので、この設備はいいのかも。
連泊向けですね。
宿泊キャンペーン対象は1泊2食付きプランなのでキッチンを使わずに夕食。
クリックすると元のサイズで表示します
固形燃料を1人で2つも使うという贅沢。
左側は、右側は陶板焼き
真ん中の重箱にも各種料理
入りきらないお刺身はひょうたん型の皿の中。
奥には鮭のホイル蒸し
写真に入ってないところには茶碗蒸しプリン
どんだけ豪勢なのよ。
ちなみにチェックイン時にいただいたときに夕食会場に持って行ってもいいですよと言われたのがこちら。
クリックすると元のサイズで表示します
日本酒、山助(300ml)

たらふく食べ、(写真はないけど)温泉を満喫し就寝。
ちなみに温泉は日帰りでもやっています。


早朝、除雪車の音で目が覚める。
部屋の前が駐車場だったから仕方ない。
少し明るくなったところで外を見ると・・・
クリックすると元のサイズで表示します
予想以上の積雪でした。
チェックインの時には積雪ゼロだったのに。
とりあえず起き掛けに温泉に入り、いざ朝食会場へ。
クリックすると元のサイズで表示します
これぞ旅館の朝食って感じ。
でも品数が結構多い。
ごはんをたくさん食べちゃった。

このキャンペーンはおまけつき
夕食のときに飲んだ日本酒のほかにこんなものが。
クリックすると元のサイズで表示します
モンベルの西目屋(道の駅津軽白神)限定タンブラー
青森県おでかけクーポン2千円
西目屋クーポン千円
ちなみに宿泊割引額は
青森県キャンペーン+西目屋村キャンペーン7千円

宿泊料金は割引前で1人11,000円(+入湯税150円)

おわかりいただけただろうか

支払額 11,150円−7,000円(キャンペーン)=4,150円
おまけ 青森県クーポン2,000円+西目屋クーポン1,000円+タンブラー1,650円+日本酒440円=5,090円

前にこのプランが出たときは予約電話をするも完売で泊まれなかった。
見事にリベンジ成功
またやってくれるといいな。
0

岩木山観光協会さんありがとう クーポンが当たったよ  青森県

twitterでも書きましたが、当選いたしました。
クリックすると元のサイズで表示します
岩木山観光協会が主催するお山の湯っこ 新湯治宣言。キャンペーンで新湯治クーポン3千円分。
応募方法は
指定の店で買い物などをしてスタンプをもらって4つになったら応募
宿泊して応募
公式twitterアカウントをフォロー&指定の投稿をリツイート

の3種類。
俺はtwitterで当選したのですが、もらいっぱなしも申し訳ないので使い道を公開して岩木山観光の宣伝でもしようかな。(宣伝効果はほとんどないけど)

まずはこれを買いました。
クリックすると元のサイズで表示します
湯めぐり手形2つ、これで2千円。
当選したクーポンは温泉に使いたいと相方さんが言ったので、これを買ったほうが得だと思いまして。
1回の入浴が500円だとすると、普通に使えば3千円のクーポンで6回入浴。
ところがこの手形を使うと千円で3回入浴できるので1.5倍入浴できる。

この手形は岩木山観光協会加盟施設で買うことができます。
最初は観光協会に行こうと思ったんですが、新湯治宣言パンフレットに載ってるクーポン使用可能施設に観光協会が入ってなかった。
ってことで温泉施設に直接行って購入&入浴。
クリックすると元のサイズで表示します
嶽温泉にある嶽ホテル
通常入浴料金500円。
温泉街の一番手前(百沢側)にあります。
浴室は内湯と露天。
今日は雪が降っていて、今シーズン初の雪見風呂となりました。
初めて行きましたが、なかなかいい感じ。
購入時には当たったんですか!おめでとうございます!!なんてことを言われまして。
また行くことになるだろな、ここ。
湯めぐり手形は1施設1回だから、行くのはもうちょっと先になると思うけど。

さて、残り千円分のクーポンをどのように使おうか・・・
使用期限は1月31日までなので、ゆっくり考えることにしよう。
0
タグ: 青森 弘前 岩木山

弘前バル街に参加しました!  青森県

昨年8月以来の開催となった弘前バル街
新型コロナウイルス感染症の影響で元気がなくなった飲み屋街を元気にしようって感じなんですかね。
クリックすると元のサイズで表示します
たぶん今回から主催者が変わった(気がする)。
前回までついてた「vol.○○」が消えたし。
まぁ、チケット1枚で飲み物+ピンチョスというはほとんど変わってないのでありがたいですけど。
ちなみに今回は前売りチケット(5枚組)が2,000円という格安価格(枚数限定)。
当然ながら発売初日に買っておきました。

1軒目、レストラン山崎
クリックすると元のサイズで表示します
豚肉(長谷川自然牧場産)の赤ワインソース添え。

2軒目、串焼き・冷麺としぞう
クリックすると元のサイズで表示します
串焼き2種(厚切りベーコン・味噌だれ鶏もも)。

3軒目、函館あかちょうちん弘前店
クリックすると元のサイズで表示します
きのこ南蛮おろし和え、鱈の田楽焼き、まぐろ握り。

4軒目、サイアンパティオ
クリックすると元のサイズで表示します
生ハム、ハタハタのエスカベッシュ、パエリア。

5軒目、居酒屋オダギリくん
クリックすると元のサイズで表示します
ミニおにぎり、菊のマヨネーズ和え、カボチャサラダ、タンドリーチキン、スープ。
(メニュー名は勝手につけました。)

小雨模様でしたが、それなりの人手。
帰り際にプランデュースタッフの方に出くわしたところでブランデューの選手が城東閣に登場することを思い出した・・・
すっかり忘れて酔ってました

今回は蓬莱広場テイクアウトバルも開催。
飲み物はドリンクチケットとして渡されて土手町コミュニティパークで交換、とパンフレットに書かれていました。
ちょっと覗きに行ってみるとドリンクチケットなしのものもちらほら。
ってことはピンチョスだけ持ち帰って家飲みができたってことだよなぁ・・・
事前にその情報があればよかったかな。

とりあえず今回も楽しめました。
次回はいつになるやら。
0
タグ: 青森 弘前 バル街

弘前バル街Vol.18に参加しました!  青森県

昨年2月以来の参加となった弘前バル街
クリックすると元のサイズで表示します
昨年の夏は何だったかの用事で不参加。
今年の2月開催予定だったvol.18は新型コロナの影響で延期され、8月の開催となりました。
本来はねぷたでにぎわう8月1日。
ねぷたがないならバルだべ、ってことで。
ちなみにバル街は3,500円(当日は4,000円)で5枚のチケットを購入し5軒のお店で飲み物と小皿(ピンチョス)が楽しめるイベントです。

1軒目はみついし(ホントの店名は石を3つ書くやつ)。
クリックすると元のサイズで表示します
自家製ミニソーセージ、ポテトフライ。
たぶんバル街初参加ですよね、このお店。
弘前市民では知らない人がいないんじゃないかってくらいの店ですが、初めて入りました。

2軒目は肉汁鉄鍋餃子専門店 七之助
クリックすると元のサイズで表示します
生皮餃子、水餃子マーラーソース添え、ガツポン酢。
こちらも初めて入店しました。
うちらは並ばずに入れましたが、店を出る頃には大行列に。
早めに行ってよかった。

3軒目は函館あかちょうちん弘前店
クリックすると元のサイズで表示します
鶏つくねバーグ、冷やし茄子のなめこおろしのせ、ミニ手巻き寿司。
700円相当の割には結構なボリューム。

4軒目は焼肉・冷麺としぞう。
クリックすると元のサイズで表示します
チーズタッカルビ、ピクルス。
店舗が今の場所に移転してからは初入店。

最後はおなじみ(?)土手町コミュニティパーク
クリックすると元のサイズで表示します
皐月蔵チャミセ、いわしのマリネ。

クリックすると元のサイズで表示します
レストランバスク、ビーフシチュー(正式な料理名はメモし忘れた)。

相変わらず満喫させていただきました。
今回は初めて、自家用車で土手町まで行きました。
スカイパークに駐車しタクシーで帰宅、翌日早朝に徒歩で車を取りに行くという算段。
ちなみにスカイパークは午後5時から翌日午前9時までの駐車で300円という安さ。
次からもこの手法を使おうかな・・・

今回は幻のねぷたバルということでこの時期に開催しましたが、次はいつやるのかな?
0
タグ: 青森 弘前 バル街

弘前バル街Vol.16に参加しました!  青森県

半年に一度の弘前バル街
平成最後のバル街は2月2日に開催されました。
クリックすると元のサイズで表示します
もちろん参加、チケットは1人分しか写っていませんが、今回も相方さんが一緒です。
3,500円(当日は4,000円)で5枚のチケットを購入し、5軒のお店で飲み物と小皿(ピンチョス)が楽しめるイベント。

1軒目、肉×BAR「肉バルReset」。
クリックすると元のサイズで表示します
このお店は今回初出店であり、個人的にも初めて行きました。
出てきたピンチョスは黒毛和牛A5ランクのタリアータと北海道産インカのめざめのフライドポテト
飲み物はお店おすすめのすりおろし生姜入りモスコミュールにしました。
店構えがなかなか入りにくい感じなので、こういうので体験できるっていいですね。

2軒目、チキポービアボール。
クリックすると元のサイズで表示します
このお店も今回初出店、個人的にはすごく気になってたお店。
初訪問になりました。
出てきたピンチョスはうずら卵とパプリカのピクルスチキンソテー
飲み物はハイボール
そしてこのあと・・・
クリックすると元のサイズで表示します
追加で1皿でてきました、ポークソテー
野菜スティック自家製ニンニク味噌も添えてあります。
お店の雰囲気もいいですし、また行きたい感じ。

3軒目、レストラン山崎。
クリックすると元のサイズで表示します
おなじみですね・・・前回のブログでは次は行かないかもと書いた割にはまた行った。
ピンチョスは豚串ハンバーグ角煮
言葉で書くとあまりおいしそうに見えないな。
写真のとおり、盛り付けもおしゃれで味も良かったんだけど。

このあと、土手町コミュニティパークに移動。
ここでは数店舗が入っておりましたので、相方さんといろいろ楽しんでみました。

その1、北海道北斗市のclimat(クリマ)。
クリックすると元のサイズで表示します
ひこま豚とトマトマトンのテリーヌ7種の豆のサラダ
このお店、HTB(北海道テレビ)のおにぎりあたためますかで紹介されたお店。
シェフがイケメンで戸次さんが拗ねちゃったわけですが・・・
そのイケメンシェフ関川さんが来てました!
有名人に話しかけるのは苦手ですが、思い切って話しかけましたよ・・・
おにぎり出てましたよね?見てましたよ!それがあったので今日は楽しみにしていました!!
酔ってることもあって、まくしたてるように言葉を並べてしまった。
ありがとうございますと言ってくれた関川シェフ、こちらこそありがとうございました!

その2、北海道江差町の皐月蔵チャミセ。
クリックすると元のサイズで表示します
ニシン漬けつきこんにゃくのたらこ和え赤かぶの漬物

その3、青森市のグローバルキッチンサイゴン。
クリックすると元のサイズで表示します
牛スジ煮込み

これら3つを2人で食べて、土手町コミュニティパークをあとにしました。
ってか、出るときに関川シェフに笑顔で頭を下げられちゃって・・・ほんとにありがとうございました。
おにぎりあたためますかを見ていてホントによかった。

場所をかだれ横丁に移動して、残ったチケット1枚の使い方を考え・・・
出た結論がこちら、居酒屋オダギリくん。
クリックすると元のサイズで表示します
特製からあげ長芋アンチョビ焼き自家製燻製ナッツ自家製燻製オリーブオイルのサーモンカルパッチョ
この中でいちばんおいしかったのは意外にも燻製ナッツ。
もちろんほかのものもおいしかったですけどね。

と言うことで、今回も満喫しました。
それにしても肉料理が多かったな・・・
結果的にそういう店を選んだのは自分なんだけどね
冬バルだと、できるだけ歩く距離を短くしたいって考えちゃうもんなぁ。
で、近いところで回った結果がこれだから。
それでも店移動中に何度すべって転びそうになったことか。
雪が降ってないだけ移動しやすかったけど。

相変わらず公式twitterが推奨ハッシュタグ(#ひろばる16)を付けてなかったんだけどな。
お店情報(混雑具合とかピンチョスの写真とか)のtwitterを介した情報共有をしたいもんだ。

次回は7月かな?
また行こうっと。
0
タグ: 青森 弘前 バル街

弘前バル街Vol.15に参加しました!  青森県

半年に一度の弘前市内飲み歩きイベント弘前バル街
今年の夏の陣は7月14日に開催されました。
クリックすると元のサイズで表示します
ってことで、もちろん参加。
昼食を食べていなかったので、17時前から鍛治町近辺にいました。

最初はレストラン山崎
2人で行ったら2種類のピンチョスが出てまいりました。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは魚メイン。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは肉メイン。
どちらもおいしかったですが、店員さんの応対が・・・
料理が運ばれてこず、あとから入ってきたお客さんに先に運ばれる始末。
それでもなお、運ばれてこない。
業を煮やした相方さんが店員さんにまだですか?と注文してようやく運ばれてきました。
出てくる順が逆になるだけならよくあることですが、忘れられるとは思わなかった。
これまで毎回行ってたお店ですがもう行かないかも(と言いつつ料理はいいからまた行くかも)。

次に行ったのは函館あかちょうちん
クリックすると元のサイズで表示します
左から冷やし茄子ときのこの南蛮和え海鮮中華寿司イガメンチカツ
どれもおいしい。
選ぶ酒をを日本酒にしておけばよかったと後悔しましたけど。
バルイベントで行くのは初めてでしたが、いいものを出してくれて大満足。

次はかくみ小路へ向かいましたが、だいたいどの店も行列ができてる・・・
最後尾に並んだ人が最後尾と書いたプラカードを持つというシステムでやってましたね。
行こうと思っていた店が大行列で、なおかつ暑いので外であまり待ちたくない。
ってことで行った3軒目はdiner & bar JET
クリックすると元のサイズで表示します
ステーキのお店ということで、ピンチョスはもちろん牛ステーキ
このお店は大行列というほどの行列ではなかったです。
しかしまぁ・・・当然ながら店の中でステーキを焼いているので店内暑い(笑)
店員さん大変だろうな。

4軒目は土手町コミュニティパーク
今回は函館のラ・リヴィエール
クリックすると元のサイズで表示します
左側が函館沖イワシのマリネ、右側が七飯町産牛肉の赤ワイン煮込み
この写真だと美味しそうに見えないな、すごく美味しかったのに。
ちなみに行った時間、ちょうどアルプスおとめ(りんご娘の妹ユニット)のステージの真っ最中でして。
俺なんかは偶然居合わせた感じになっちゃったけど、それ目的でいらしてる方もステージ近くに陣取っていましたねぇ。
プロのファンの方は盛り上げ方も上手ですね、アルプスおとめのメンバーもだんだん笑顔になってきてたし。

5軒目はわいん食堂LaPaix
クリックすると元のサイズで表示します
タンドリーチキン夏野菜のピクルスガーリックトースト
店の名前のとおり、ワインに合うピンチョスでしたね。
今までは窓際の席に通されてきたんだけど、今回は真ん中のテーブル席。
テーブル席も意外と悪くないけど、窓際のほうがやっぱり落ち着く。

最後はかだれ横丁の前で募金バル。
クリックすると元のサイズで表示します
おなじみ氷のカウンター
150円以上の募金で飲み物1杯と串焼きソーセージ

ということで、今回もイベント満喫でございました。
チケット購入時にもらえるひろバルMAPにはtwitterで#ひろばる15を付けることを推奨してるんだけど、公式twitter(@hirobargai)のツイートには付いてないんだよなぁ。
客が多すぎるから情報拡散を防いでいるという目的ならいいんだけど。
ただ忘れてるだけなら、ひろバルMAPにいらないこと書かなきゃいいのに。

さて、次回は冬の陣(2月開催)があると思うので、また行こうと思います。
0
タグ: 青森 弘前 バル街

弘前バル街Vol.14に参加しました!  青森県

半年に1回の飲み歩きイベント弘前バル街
クリックすると元のサイズで表示します
チケット5枚で3,500円
ちなみに当日買う場合は4,000円
これで5軒の飲み屋(レストラン・居酒屋・バーなど)を飲み歩くことができます。

1軒目、創作郷土料理の店 菊富士
クリックすると元のサイズで表示します
左から、ナンバ味噌おにぎり・比内地鶏つくね汁・日本酒。
同行した相方さんの希望で1軒目から本気メシ。

2軒目、土手町コミュニティパークにてItalian dining「kei」
クリックすると元のサイズで表示します
イタリア牛のタリアータ マルサラソース。
テレビにも出演している高杉圭之輔シェフのお店。

相方さんは土手町コミュニティパークにて江差皐月蔵チャミセ&五所川原デル・ソーレ
クリックすると元のサイズで表示します
メークインのマッシュポテト・スルメ塩辛サラダ仕立て・昆布の佃煮。

3軒目、おなじみレストラン山崎
クリックすると元のサイズで表示します
長谷川自然牧場産熟成豚肉のプチサレ。
野菜スープの中にごろごろとした、でも柔らかいプチサレ(塩漬け豚肉)。

このへんで、相方さんが「お腹がきつくなってきた」って。
そりゃ最初にごはんいってるもの・・・
まだあと2軒、いきますよぉ。

4軒目、Dining Bar MARIACHI
クリックすると元のサイズで表示します
バゲット・鶏肉と大根の煮物・ピクルス・もち(きなこ&黒蜜)。
この店だけ、初めて行ったお店。
お店の入り口、なかなか入りにくい・・・
バルでなければ敷居が高いかな。
ただ、入ってみるといい雰囲気。
二次会向きって感じで、何かの機会に使えそう。

チケット最後、5軒目はわいん食堂 La Paix
クリックすると元のサイズで表示します
カマンベールフライのトマトソース添え・鴨のパストラミ バルサミコソース・アンチョビディップサラダ。

そして、ホントの最後にかだれ横丁の前
クリックすると元のサイズで表示します
こちらも恒例、国連WFP食糧支援募金バル
150円以上の募金で焼きソーセージとワンドリンク。

以上、ひろばる14でした。
次回は7月かな・・・
今から楽しみ。
市民の皆さんにはもう浸透したのかな、このイベント。
冬は客が少ない感じ。
そのぶん待たずに店に入れるからいいんだけどね。
0
タグ: 青森 弘前 バル街

弘前バル街Vol.13に参加しました!  青森県

半年に1回の飲み歩きイベント弘前バル街
クリックすると元のサイズで表示します
チケットは3,500円。
これで5軒のお店を回ることができます。

1軒目、小料理こだま
クリックすると元のサイズで表示します
鯛のカルパッチョ。
あと、別皿で鯛の煮こごり。写真撮る前に食べちゃった。
ちょっと前にテレビ番組人生の楽園に出てたからなのか、けっこう混んでた。

2軒目は今回初出場のお店、dinner&bar JET
クリックすると元のサイズで表示します
ビーフステーキ。
テーブルに置いてある塩で自分で味付けする感じ。
この店の前でブランデュー弘前の理事長に偶然遭遇。
函館の五島軒のカレーがおいしかったとのご報告を受けました。

ってことで、土手町コミュニティパークに移動。
五島軒
クリックすると元のサイズで表示します
こちらも北海道からの出店、江差・皐月蔵チャミセ
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは青森市からの出店、dining villa
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにここ土手町コミュニティパークでは午後7時半からブラタモリパブリックビューイングが開催されました。
行ったのは6時前でしたけどね。
ちなみに6時からはアルプスおとめのライブ。
アルプスおとめTシャツを着た大きなお友達がたくさんいた・・・

次に行ったのは今回初出場のDining room UP
クリックすると元のサイズで表示します
ムール貝の白ワイン蒸し。
飲み物はモヒートorサングリア。
ウェイトレスのおねいさんの衣装が涼し気。

最後はかだれ横丁
クリックすると元のサイズで表示します
いつもどおりの、氷のカウンター

中に入って、串揚げ おでん 吾郎
クリックすると元のサイズで表示します
気候的におでんじゃないなぁってことで串揚げ。

これにて今回のバル街は終了。
次回は2月(予定)。
今までバル街に参加してきて、初めてレストラン山崎に行かなかったな・・・
それでもいろいろ美味しいものが食べられてよかった。

0
タグ: 青森 弘前 バル街

あおもり酒蔵フェスティバル  青森県

柳田酒店(酒の柳田・デギュスタ)主催のあおもり酒蔵フェスティバル
去年と違い、参加酒蔵は4つだけ。
ってことでブログでも紹介しやすい!

まずは田酒で全国区になった西田酒造さん。
クリックすると元のサイズで表示します

八戸の雄、八戸酒造さん。
クリックすると元のサイズで表示します

十和田(南部)と言えば、の鳩正宗さん。
クリックすると元のサイズで表示します

地元、三浦酒造さん。
クリックすると元のサイズで表示します

おつまみは津軽あかつきの会による種々郷土料理。
クリックすると元のサイズで表示します

去年は翌日が仕事なしって日の開催だったのでよかったのですが・・・
今年は日曜開催。
世間的にはゴールデンウィークですからね。
俺以外の出席者も地元民以外の方が結構多かった気がする。

一部(午後1時開始)と二部(午後4時開始)の二部構成で、明日のことも考えて一部に参加しましたが・・・
やっぱり次の日が休みで何も考えずに散々飲めるほうがいいって思ったよ・・・
明日、仕事がんばろ。

0
タグ: 青森 弘前 日本酒




AutoPage最新お知らせ