2012/4/15

祈りの装飾  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インド・グジャラート州 カッチ地方にて)

ガネーシャ神が中央に配された絵刺繍の扉掛け布”トーラン”が付されたアヒール族の家。

このトーランは”ウェルカム・バナー”とも呼ばれ、神様の祝福・吉祥を家に招くためとともに、訪ねてきた客人へ歓迎の意を表わすものとなります。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ