2012/9/27

飛翔を志向する天蓋布  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

●仏教儀礼用の天蓋布”ピダン”
製作地 カンボジア南部  製作年代 20世紀初め
素材/技法 カンボウジュ種シルク、天然染料/綾地・緯絣

主に寺院の天蓋布(仏陀様を奉った祭壇の背壁及び天井等に張られる)として用いられる、仏教絵巻としての絹絵絣”ピダン”。

緯絣ながら、緯方向に絵柄の上下が決められ(画像の上下方向が緯)、躍動感溢れる絵柄が緻密な括り・染め・織りにより流麗に描き出される、完成度の高い絣作品です。

空間に張られる布であるとともに、画面構成自体が飛翔(視線の上昇と浮遊)を志向するデザインとなっており、素材・技巧・意匠を併せ、世界に唯一のオリジナリティを有します。



●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ