2015/10/5

クメール王朝期 黒褐釉陶器(水注型小壷)  古陶磁



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 クメール王朝(現カンボジア北部〜タイ東北部)  
製作年代(推定) 12−13世紀
サイズ 胴径:約11cm、高さ:約7cm

ふっくらとした扁平丸型の形状が特徴的な本小壷は”水注型”として知られるもので(但し実際の用途は水注に限定されない)、クメール王朝期・褐釉系陶器の典型作例のひとつとなります。

黒褐釉の表面が荒れており発掘品であることが伺えますが、釉肌・陶肌相まって様々な色味と風雅を呈する、この荒々しい景色こそが本品の最大の魅力と言えます。

歴史が刻んだ唯一無二の表情を、深く永く愛でていきたいと想う一品です。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ