2009/3/3

チャパティを焼くメグワール族の女の子  旅の一場面

クリックすると元のサイズで表示します
昼食用のチャパティを手際良く作っているところです。小麦粉(全粒粉)に水とギーを混ぜて捏ね、木製の台の上で生地を伸ばし、かまどには薪をくべて鉄板(タヴァ)の上で焼きます。

簡素ですが、垣で囲い清潔に保たれたお台所です。薪木には乾燥し塩分を含んだカッチの大地に茂る灌木が使われます。(写真:インド・グジャラート州カッチ地方ビレンディアラにて)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ