2009/3/19

インド・グジャラート 婚礼刺繍・戸口飾り”サキヤ”  生活と祈りの道具

クリックすると元のサイズで表示します
カッチ地方 アヒール族

クリックすると元のサイズで表示します
カッチ地方 ラージプート族

このL字型一対のドア横飾り布”サキヤ(sakhiya)”は、婚礼に際して手掛けられるグジャラート伝統の刺繍作品の一つで、新郎新婦が結婚後の新しい生活を始める家(部屋)の扉を装飾するものとして、取り分け手の込んだ、また瑞々しい祝福の意匠で彩られる品モノとなります。

1m半〜2mもの長さのL字の布、諸民族に伝わるデザイン様式に従った吉祥文様が煌びやかに描き出されますが、その大きさもあいまって、圧倒的な存在感を薫らせる刺繍作品です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(上画像はThames and Hudson刊「Traditional Indian Textiles」より転載)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ