2010/3/31

真冬の下校風景  旅の一場面

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(写真:ウズベキスタン・ブハラにて)

2010/3/30

撚金糸ブロケードのお守り袋  技巧・意匠・素材

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
製作地:ウズベキスタン・ブハラ 
製作年代 (撚金糸ブロケード):19世紀、(袋の成形):20世紀半ば

経綾の朱赤絹地の中に、撚金糸が緯紋織(浮文)で織り込まれた”金糸ブロケード”の古裂が用いられたお守り袋。この金糸ブロケードは、本来はブハラの貴族・富裕階級が用いた高級コートの布地であったと考えられるもの、19世紀の作例です。

西域と中国の文化的交流の中で育まれたと考えられるこの種の織物は、シルクロードをさらに東進し、古代〜中世の日本にも伝えられていたことが”正倉院裂”等から確認することができます。

21世紀の現代、金糸ブロケードのほとんどはジャカードを筆頭とする機械織(機械仕掛け)で作られており、本品のような手織りの作例は、ほとんど目にすることができなくなりました。

2010/3/29

街を見守り続けるのが日課  旅の一場面

クリックすると元のサイズで表示します
(写真:ウズベキスタン・ヒヴァにて)

2010/3/28

キャラバン隊、商人の行き交った城門  旅の一場面

クリックすると元のサイズで表示します
(写真:ウズベキスタン・ヒヴァにて)

2010/3/27

化学染料以前のビビッドカラー  染織

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
製作地:ウズベキスタン・ホラズム 製作年代:19世紀
素材:経糸シルク×緯糸コットンの経地合、天然染料による染め

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
製作地:ウズベキスタン・ブハラ 製作年代:20世紀初め
素材:経糸シルク×緯糸コットンの経地合、天然染料による染め

スカイブルー、エメラルドグリーン、パープル、ホットピンク... いわゆるビビッドな色味の染織(染色)作品を目にされると、反射的に”化学染料ね(ですね)”と口にされる方が意外と多いような気がいたします。

しかも、これまでの経験で申し上げると、染色を深く愛好される方、染色に詳しい方のほうが、一瞥のみで、迷い無く?”化学染料”と断定される割合が高いように感じます。

私見ですが、化学染料の流通とともに、草木染め(天然色染め)は変質を余儀なくされてしまったような気がいたします。”人々のイメージに合う落ち着いた色味、化学染料らしく無い色味こそが草木染めの本流である”といったような...

しかしながら、例えばこのウズベキスタンの絹×綿絣(アドラス絣)は、千年以上にわたって多様な色彩・色調(ビビッドな色味含む)の草木染めにチャレンジしてきた染織作品の一つとなります。

”蛍光色は天然染料では出せない”などと安易に断定・断言してはいけません。

ウズベキスタンの絹×綿絣(アドラス絣)、イランやトルコの羊毛キリムなど、色の掛け合わせやグラデーション効果、織り地の陰影効果、他色とのコントラスト(対照色効果)により、一見すると蛍光色とも”思わせる”ような、ビビッドな色味作りに成功している作例が多数見受けられます。

ビビッドカラー(=鮮烈な生き生きとした色彩)は、化学染料登場の遥か以前から人々に愛好されてきたものであり、人智を駆使して自然からいただいた”至高の色彩美”ではないかと考えます。


クリックすると元のサイズで表示します
奈良時代、大法会の際に寺院で演じられた仮面舞踏劇”伎楽(ぎがく)”が、1250年の時を経て現代に再現されたもの(1991年・奈良東大寺)。

正倉院宝物を範として、内外の資料をもとに、当時シルクロードを通じて伝わった染織・衣裳装束が”天然色染め”により鮮やかに再現され、歌舞が演じられ、法要が執り行われました。
(上写真は、平凡社刊 別冊太陽「シルクロードの染織と技法」より転載いたしております)

2010/3/26

牧畜風景  旅の一場面

クリックすると元のサイズで表示します
(写真:ウズベキスタン・ウルゲンチ近郊にて)

2010/3/25

牧畜の村  旅の一場面

クリックすると元のサイズで表示します
(写真:ウズベキスタン・ブハラ近郊にて)

2010/3/24

遊牧民ラカイ族のテント装飾帯  技巧・意匠・素材

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

製作地:ウズベキスタン・スルハンダリヤ州 製作年代:20世紀半ば
民族:ラカイ族 技法:キリム&スザニ

ウズベキスタン・タジキスタン・アフガニスタンが国境を接するエリアの高地・山岳地帯に生活する遊牧民”ラカイ族”が、移動テント(ユルト)の装飾に用いた帯布。

羊毛を手紡ぎし茜染め等の天然色染めを施した自家製の素材、紡ぎ・染め・織り・刺繍のすべてを自身の手仕事で作り上げたものであり、タイトな経織(経地合)で織り上げた帯状の布に、“鉤文付きの太陽”“八亡星”“羊の角”等、ラカイ族にとっての吉祥・守護のモチーフが、コーチングを主体とする刺繍技法により力強く描き出されております。

厳しい自然の中で遊牧生活を行なってきた民が、生活のものとして祈りとともに手掛けたものならではの力強い生命感・精神性が作品から薫ってまいります。生活あっての染織・刺繍作品です。

2010/3/23

ナーン売り  旅の一場面

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(写真:ウズベキスタン・サマルカンドにて)

2010/3/22

モスク詣で  旅の一場面

クリックすると元のサイズで表示します
(写真:ウズベキスタン・サマルカンドにて)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ