2010/4/26

モアレ(波地紋)の美  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ウズベキスタン・フェルガナ州マルギラン  
製作年代 近年 
素材/技法 絹(経)×木綿(緯)、天然染料 / 経地合・経絣

ウズベキスタンの地で手掛けられてきた”アドラス絣”とは、緯糸に太目の木綿糸が用いられ、その緯糸(木綿糸)をびっしり埋め尽くすように、高密度の経糸(細手の絹の絣糸)の整経・織りがなされる、絹×木綿”交織”の”経地合・経絣”の絣織物です。

経絣ながら横方向に”畝”が現れる点が他の絣織物ではあまり見られない独自性であり、”横畝”の緻密な連なりの中で、意図的に布面に”モアレ”を表出させる技巧が生み出されました。

モアレの波状(木目状)文様は地紋のような立体的な表情を有するものであり、”絣文様+モアレ文様”による、類稀な美を奏でる作例を目にする場合があります。もちろん伝統に培われた高度な技巧を継承する、職人手仕事あっての作品となります。

2010/4/24

経際(たてぎわ)の美  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ウズベキスタン・フェルガナ州マルギラン  
製作年代 近年 
素材/技法 絹(経)×木綿(緯)、天然染料 / 経地合・経絣

ウズベキスタンの絣織物は、経糸を括り染めして絵柄を表現する”経絣”が伝統であり、経(縦)方向に”絣足”や、括り染めの際に生じる”滲み”が現れることとなります。

緯絣とは異なる、経絣独特の”経際(たてぎわ)の美”。もちろん天然染料を用い、昔ながらの手括り等の手仕事により手掛けられた作品のみが有する特徴であり魅力となります。

2010/4/22

アドラス地・経絣の布地  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ウズベキスタン・フェルガナ州 マルギラン 
製作年代 近年
素材/技法 絹(経)×木綿(緯)、天然染料 / 経地合・経絣



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

天然色染めながら、絣の柄と色味がここまでくっきり濃く力強く感じられるのは、高密度の”経地合”であること、太めの緯木綿糸の”畝”によって布に陰影(立体感)が加わり、それによる視覚効果で色がより濃く見えることが要因となります。また色の掛け合わせも卓越しております。

この表情・表現手法は、この土地の千年を超える絣織物の歴史の中で培われてきたものとなります。括り・染め・整経・織り、いずれを取っても他者が容易に真似のできるものではありません。

2010/4/20

マルギランの折り畳み刺繍帽子  民族衣装




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ウズベキスタン・フェルガナ州 マルギラン 
製作年代(推定) 20世紀半ば〜後半

シルクロード交易の要衝であり、古い時代(千年を超える)からの絹及び絹織物の生産地として知られる”マルギラン”で手掛けられたシルク刺繍の女性用帽子”ドッピ”。

縁に黒の絹ベルベットを配し、総刺繍+手縫いの丹念な手仕事により仕立てられたもので、折り畳みが出来るつくりとなっております。クロス(ハーフクロス)ステッチを主体に描かれる精緻な花文様とその色遣いが何とも可憐で、目にしていると心が晴れやかになる作品です。

2010/4/18

ヌラタの花刺繍  刺繍



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ウズベキスタン・ヌラタ  
製作年代(推定) 19世紀後半
素材 木綿地、絹刺繍、天然染料

上の画像は、ウズベキスタン・ヌラタの地で19世紀後半に手掛けられた礼拝用刺繍布”ジョイナモッシュ”、一つの布上に刺し描かれた花モチーフの数々となります。

この”ヌラタ(Nurata)”は、ブハラとサマルカンド、歴史に名を刻む二大オアシス都市に挟まれるナヴァーイー州、その北部に位置する街であり、街の名前では位負けしますが、刺繍に関しては、ブハラ・サマルカンド・シャフリサーブス等と並び称される優れた作品が生み出されました。

上に並ぶ花刺繍は、手紡ぎ・手織りの木綿布をベースに、天然色染めの絹糸で刺されたものとなりますが、花のデザインがそれぞれ異なるとともに、花や茎葉の色についても、良く見ると、一つ一つとても繊細に色彩(染め色)の変化が加えられている様子を確認することができます。

ヌラタの花刺繍は、ムガル帝国(インド)で手掛けられた刺繍や更紗のデザインの直接的影響を受けたものであるという説があります。説の真偽については判りませんが、この瀟洒に完成されたデザイン様式と色彩表現は、ブハラやサマルカンドの作品とは異なる、独自の血脈の存在を伺わせるものであることは確かなように感じます。


クリックすると元のサイズで表示します

手描きインド更紗
製作地 インド西部(ムガル帝国) 製作年代 17世紀
(東京国立博物館所蔵品)

2010/4/16

ミフラーブ刺繍のアーチ  装飾



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ウズベキスタン・ナヴォイ州 ヌラタ 
製作年代(推定) 19世紀後半

2010/4/14

アーチのある風景  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ウズベキスタン・ブハラ州 ブハラにて)

2010/4/13

都会的なサマルカンドの女の子  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ウズベキスタン・サマルカンド州 サマルカンドにて)

2010/4/12

ブハラの散歩道  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ウズベキスタン・ブハラ州 ブハラにて)

2010/4/11

未完の塔、未完の美  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ウズベキスタン・ホラズム州 ヒヴァにて)

2010/4/9

嫁入り道具としての”刺繍風呂敷”  生活と祈りの道具



クリックすると元のサイズで表示します

※上画像はThames & Hudson刊「UZBEKISTAN」より転載いたしております



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ウズベキスタン・スルハンダリヤ州 
製作年代(推定) 20世紀半ば〜後半

ウズベキスタン南部のスルハンダリヤ州山岳地帯に生活する”ウズベク系遊牧民”の手による、嫁入り道具を包むための風呂敷としての刺繍布”ボッグジョマ”。

スザニ等の婚礼刺繍とともに、お嫁入りに向けて予め家庭内で製作される婚礼支度品の一つですが、結婚後は風呂敷両角の刺繍部分がカットされ、テントの室内装飾や腰巻き飾り”ベルボッグ”として再利用されることが習慣とされた、この土地伝統の個性豊かな刺繍作品です。

家族の幸せとともに家畜(羊)の安全・豊穣を祈って手掛けられてきたものであり、遊牧民の生活の変化とともに、今ではほとんど作られることが無くなってしまいました。

2010/4/7

寒い中でのお店番  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ウズベキスタン・ブハラ州 ブハラにて)

2010/4/6

カラクムへと続く砂漠  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ウズベキスタン・ホラズム州にて)

2010/4/5

オアシス都市  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ウズベキスタン・ホラズム州 ヒヴァにて)

荒野や砂漠に河の水が引かれつくられたオアシス都市。数千年来、交易の旅人・あまたな出自の国際商人を受け入れてきた土地柄であり、何ら特別な存在ではない旅人・よそ者の自意識は煉瓦や石畳や青い空に吸い込まれ薄まっていきます。

2010/4/3

路地  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ウズベキスタン・ホラズム州 ヒヴァにて)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ