2011/2/11

グジャラートのモチ刺繍  刺繍



●19世紀 「モチ共同体」による宮廷様式のモチ刺繍
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

素材 絹織り地、絹糸刺繍  
技法 タンブルワーク  



●20世紀半ば 「パテル族」によるモチ(デザイン様式の)刺繍
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

素材 木綿織り地、絹糸及び木綿糸刺繍  
技法 チェーンステッチほか

18〜19c、カッチ及びサウラシュトラ藩国の全盛期、宮廷・貴族等富裕階級の求めにより刺繍品を手掛ける“モチ共同体(Mochi)”が編成され、この地に優れた刺繍作品が生み出されました。

職人コミュニティ”モチ共同体”には、カンビ族・パテル族・アヒール族等の少数民族を出自とする人々が含まれ、モチ共同体の中で培われた技巧と意匠は、逆に農牧民たちの婚礼衣装・調度品などの生活の刺繍に反映されるに到りました。

”モチ刺繍”本来の技法は鉤針=アリ(ari)を用いた”タンブルワーク(ルーピングステッチ)”ですが、農牧民たちはチェーンステッチを主体とする技法により、このデザイン様式を再現しました。

藩王・貴族の没落により、モチ共同体による宮廷刺繍の伝統は20世紀前期には終焉を迎えましたが、その血脈は、この地の農牧民たちの間で継承されていきました。

現地の人々は、この種の刺繍作品を披露する際に”モチワーク”の言葉を誇らしげに口にします。

2011/2/10

ラバリ族の買い物風景  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・グジャラート州カッチ地方 アンジャールにて)

2011/2/9

アヒール族の買い物風景  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・グジャラート州カッチ地方 ブージにて)


2011/2/8

ろくろを廻し続けて  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・ラージャスタン州 ジョドプール近郊にて)

2011/2/7

ラージャスタン アムレットの小宇宙  生活と祈りの道具



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド・ラージャスタン州  
製作年代(推定) 19世紀−20世紀初頭

神話と英雄伝に彩られたラージプートの地”ラージャスタン”では、インドの中で、取り分け物語性の強い意匠で象られた”アムレット(お守り)”が人々の間で好まれてきました。

神々・英雄・吉祥の鳥獣等々、様々なモチーフが繊細かつ立体的に表現された、この種のシルバー・アムレットは、真鍮で造られた雌型(下画像)を用い、職人の手仕事により、打ち出し(レリーフ)の技法をベースとして生み出されたものとなります。

我々が神社でお守りを買うように、このシルバー・アムレットは、主に巡礼地であるヒンドゥの聖地で手掛けられ、巡礼者向けに販売されたものであることが知られております。それ故、巡礼の聖地では、銀細工・金属工芸の職人技術が発達しました。

古い時代に手掛けられたシルバー・アムレット、そして真鍮製の打ち出し用雌型、そのいずれからも、土地と時代の空気を内に封じ込めたような、小宇宙が感じられるように思います。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド・ラージャスタン州  
製作年代(推定) 19世紀−20世紀初頭

2011/2/6

羊の時間  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・ケーララ州 コーチンにて)

2011/2/5

身だしなみはおばあちゃん仕込み  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・グジャラート州カッチ地方 ブージ近郊にて)

2011/2/4

ラ−ジプート族の婚礼用・総刺繍ブラウス  民族衣装




クリックすると元のサイズで表示します


製作地 インド・グジャラート州 カッチ地方
製作年代(推定) 20世紀半ば〜後半




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2011/2/3

古い時代の壁が見守る村  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・グジャラート州 カッチ地方ブージ近郊にて)




2011/2/2

マルワーリー・ラハリア  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド・ラージャスタン州 マルワール地方
製作年代(推定) 20世紀前期
素材/技法 木綿(木綿モスリン) / 波文様の巻き絞り染め(ラハリア)



クリックすると元のサイズで表示します
●マルワール貴族の古いポートレート 
(写真 ジョドプールで宿泊したホテルにて)

2011/2/1

ケーララ トタン屋根のバナナ売り  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・ケーララ州 コーチンにて)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ