2011/4/5

ラバリ族の祝祭・婚礼用ヴェール  民族衣装




クリックすると元のサイズで表示します


製作地 インド・グジャラート州カッチ地方  
製作年代(推定) 20世紀半ば〜後半
民族名 ワガディア・ラバリ族

手紡ぎ・手織りのウール地に絞り染めが施され、布両端には様々な形の大きなミラーを交えた力強い描線の刺繍で彩られたワガディア・ラバリ族のヴェール。

布上には中心にパッドが縫い込まれ立体感が加えられた9つのメダリヨン状の円花刺繍が配されており、これは婚礼・祝祭時に着用される特別手の込んだ作品となります。


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

※上画像はMapin MNMP刊「Mud.Mirror and Thread」より転載いたしております



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ