2011/5/31

北前船で加賀から津軽にもたらされた筒描き・夜着  染織



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本・北陸地方 加賀 / 使用地 日本・津軽地方  
製作年代 19世紀後半 江戸時代末〜明治時代初期
材質/技法 絹、天然染料、木綿(中綿)/地紋織り、筒描き及び友禅染め


この”夜着”は、筒描きに一般的な木綿地ではなく、細密な地上げ紋織りの絹地をベースに、“霊亀(瑞亀)”のモチーフが友禅技法の染めにより表現された作例、筒描きと友禅染めの併用によりつくられた品モノとなります。巧みなぼかしが加えられた友禅と青藍の美しさが見所です。

本品は青森県津軽地方の北前船の船頭の家から出たものと伝わっており、津軽と加賀を行き来する間に、特別な発注により仕立てられたものであることを伺うことができます。

友禅の染め師が”霊亀”を精緻に描き染め、家紋・波文様とともに糊伏せがなされ、最後に紺屋が藍を染めることとなりますが、発注者の北前船の船頭、つまり海の男が最もこだわったのがこの海の色、青藍の染め色ではなかったか... そのようなことを想像するもの楽しい一品です。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/29

奉納用の神馬(じんめ)と絵馬  生活と祈りの道具



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本・庄内地方(山形県酒田)  製作年代 19世紀 江戸時代


神社・寺院での祈願の際にひろく用いられている“絵馬”は、本来、神様の乗り物である馬(=神馬)を豊穣祈願として奉納することに由来しており、時代とともに簡素化・形式化されていった慣習の一つとなります。

馬自体を奉納(献納)することは、する側・される側の双方の負担が高く、絵馬へと移り変わっていったものですが、絵馬以前には木や土でつくられた馬型の像が奉納された期間があり、東北地方のような馬に纏わる民間信仰が根強い一部の地域では、比較的近年(江戸時代)まで、本品のような“神馬”を製作・奉納する伝統が継承されました。

現在”絵馬”というと、一方的にこちら側(人間側)の願いを予め用意された木板に書き、用意された場所に吊り下げ、”神様お願いいたします”とお祈りするものとなっており、奉納の意味合いもほぼ失われてしまいました。せめてお礼参りは忘れないようにしたいものです。



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本・北東北地方  製作年代 20世紀初頭 明治時代

2011/5/27

東北の祈り  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 日本・山形県 鶴岡にて)

2011/5/25

本日、東北地方への仕入れ旅より戻ってまいりました  分類なし



クリックすると元のサイズで表示します

本日25日、東北地方(日本)への仕入れ旅より戻ってまいりました。

庄内地方(山形)を起点に、秋田・青森・岩手の”北東北地方”を、ローカル列車とバスを乗り継ぎながら巡る旅でしたが、2週間はあっと言う間に過ぎていきました。

”生活と祈り”をテーマに、人々の生活の姿を目にしながら、出会った人から土地のお話しを伺いながら、その地に伝わる染織・衣装・古民具等を蒐集いたしてまいりました。

品モノの背景にある歴史や物語を織り交ぜながら、蒐集品のご紹介、またブログの掲載をいたしてまいりたいと思っております。5月下旬からの新たなお付き合い、よろしくお願い申し上げます。

2011/5/10

明日から仕入れの旅に出掛けてまいります  分類なし

クリックすると元のサイズで表示します

明日5月11日から25日までの間、商品仕入れ旅に出掛けてまいります。今般赴く先は、仕入れを目的に旅をするのは初めての国となります。

どこの国から、どのような人々が手掛けた品モノを... またどのような歴史的背景のもと生み出されたものを持ち帰り、ご披露させていただくことになるのか、5月末からの新たな品モノのご紹介を、是非楽しみにしていていただければと思います。

それでは行ってまいります。

2011/5/9

村の子供たち  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・グジャラート州 カッチ地方ブージ近郊にて)

2011/5/8

優しき懐かしき一目の木綿絞り  染織



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド・ラージャスタン州  製作年代 20世紀半ば
素材 木綿、染料、絞りの糸も木綿

手織りの木綿をベースに、一目一目の糸括りにより染め上げられた絞り染めのヴェール。異国のものながら、まず第一に懐かしさが感じられるような作品です。

手紡ぎの木綿、手織りの布、括りの糸にも手撚りの木綿糸が用いられており、丹念な染めも併せて、手仕事の幾つもの重なりが、この優しい表情を生み出していることが判ります。

20世紀半ばに作られたのち、未使用のままで残っていた、貴重な古手一目絞りの作例です。

2011/5/7

村の子供たち  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・グジャラート州 カッチ地方ブージ近郊にて)

2011/5/6

夜行列車のホームで  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・グジャラート州にて ※ムンバイとブージ間を往復する列車)

2011/5/5

古い経典カバーの装丁3(絣入りマシュルー)  染織



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド・グジャラート州若しくはラージャスタン州  製作年代 19世紀半ば〜後半
材質/技法 経糸:絹、緯糸:木綿、天然染料/朱子織、経絣、経紋織


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ