2011/11/29

タイ・モイ族の盛装用衣装  民族衣装




クリックすると元のサイズで表示します


製作地 ラオス・フアパン県  
製作年代(推定) 20世紀半ば〜後半
民族名 タイ・モイ族

絹縫取織の頭布”パー・カーン”、絹地ブラウス”スア・マイ”、メダリオン紋様のスカート”シン・ボーク”、タイ・モイ族の盛装用の衣装です。

紫のシルク地が刺繍と縫取織で華やかさに装飾される短丈のブラウス”スア・マイ”は、タイ・モイ族固有のデザイン様式のものですが、女性が着用するのみでなく、宗教儀式の際に男性のシャーマンが用いることが知られております。

2011/11/28

赤い頭巾の人々  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ベトナム・ラオカイ省にて)

ヤオ族の一支族である「紅ザオ族」は、日常的に赤の頭巾を頭に巻いて生活しています。赤はヤオ族に古くから伝わる吉祥・守護の色です。

2011/11/27

祈りの意匠(安南銭と槃瓠刺繍)  技巧・意匠・素材




クリックすると元のサイズで表示します


製作地 ベトナム・ホアビン省  
製作年代(推定) 20世紀後半
民族名 コイン・ザオ族



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


様々な元号の安南銭は先祖から伝えられ、一つ一つ加えられてきた”お守り”であり、犬モチーフの刺繍は槃瓠神話(犬祖伝説)に基づく民族の”紋章”となります。

一織り一織り・一刺し一刺し・コインの一つ一つから祈りの遍在が伝わる民族衣装です。

2011/11/24

ベトナム北部 パーテン族の民族衣装  民族衣装




クリックすると元のサイズで表示します


製作地 ベトナム・ハーザン省  
製作年代(推定) 20世紀後半
民族名 パーテン族(Pa Then)



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

”パーテン族”はミャオ・ヤオ(モン・ザオ)語族に属する民族で、ベトナム北部の地に僅か3千〜4千人程度が生活する極少の少数民族となります。

民族衣装は赤と黒を基調色に、精緻な緯紋織と縫取織及び刺繍で彩られた布々がアップリケやパッチワークとして嵌めこまれる点に特徴があり、後身ごろの長い上着と巻スカートの取り合わせには独自の様式美、そして可憐さが感じられます。

人口が少ないこともあり、なかなか目にする機会の限られる、知られざる民族衣装の一つです。



クリックすると元のサイズで表示します

※上画像はベトナム民族学博物館刊資料より転載いたしております

2011/11/23

ヤンゴンの布地マーケットで  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ミャンマー・ヤンゴンにて)

2011/11/22

目に鮮やかな朝市の野菜たち  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ベトナム・ラオカイ省にて)

2011/11/18

ベトナム北部 ヤオ(ザオ)族の脚半  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ベトナム・ホアビン省  
製作年代(推定) 20世紀半ば〜後半
民族名 コイン・ザオ族


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

農作業等の野良仕事の際に足を守るために巻く脚半。手紡ぎの無染白木綿でタイトに織られた布上に、黒木綿によりヤオ族ならではの繊細なステッチによる刺繍が刺し込まれた作品です。

足に巻き上げていく際にしっかりフィットさせるため、布は弧の字型に織られる工夫がなされておりますが、これは腰で経糸のテンションを取る腰機で一織り一織り微妙な加減を取りつつ織り進めるもので、流麗な曲線美からは織り手の技巧の高さが伺えます。

農作業を主体とする生活の中で、平安や豊穣の祈りとともに生み出された脚半、なんとも懐かしく愛おしくなるような手仕事の一品です。

2011/11/17

托鉢の手と手  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ラオス・ルアンパバンにて)

2011/11/8

時刻表のないローカル・バス  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ラオス・フアパン県 サムヌアにて)

出発時刻は季節により変わり、到着時刻は晴雨により異なるため、時刻表の記載はありません。だいたい何時頃に出て、だいたい何時頃に到着するだろうというバスです。

2011/11/5

籠を背負い愛着のシンを履いてマーケットに  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ラオス・フアパン県 サムヌアにて)

2011/11/1

プー・タイ族の縞入り絣スカート  民族衣装




クリックすると元のサイズで表示します


製作地 ラオス南部 サワンナケート県  
製作年代(推定) 20世紀後半
民族名 プー・タイ族  
素材/技法 シルク、コットン/緯絣、縞、縫取織




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

絵柄を表わす絣糸の間に無地の黒縞が等間隔に織り込まれる“ミー・ルアン(mii luang)”と呼ばれる技巧で手掛けられた、ラオス南部プー・タイ族の手によるスカート作品。

縞が入ることにより絣に点描風の表情が加わるとともに、色彩の華やかさが中和され独特の色彩感を帯びることとなります。腰布と裾布のコンビネーションが美しい秀逸な作例です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ