2012/3/30

パシュトゥーンのカフェ  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 パキスタン カイバル・パクトゥンクワ州 ペシャワールにて)

2012/3/28

パシュトゥーンの帽子売り  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 パキスタン カイバル・パクトゥンクワ州 ペシャワールにて)

2012/3/26

ステッチが寸断せずに繋がる生命の刺繍  刺繍



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

製作地 アフガニスタン・ガズニー州 ハザラジャート  製作年代 20世紀半ば
民族 パシュトゥーン系遊牧民  刺繍 ラダーステッチ(ボタンホールステッチの変形)


ハザラジャート南部の丘陵地帯で遊牧生活を行うパシュトゥーン系遊牧民が、婚礼に際して手掛けた刺繍布。平安・豊穣への祈りが”生命樹””羊(の角)”等の文様に込められた作品です。

特筆すべきは、ステッチのすべてが寸断することなく繋がっている点、これは”生命力”を寸断させないための技巧・意匠である(あろう)ことを、作品自身が語りかけてくるように思います。

モチーフ(文様)を描くというよりも、”生命”そのものを表わすことに主眼が置かれた、躍動する生命の刺繍作品です。どこを目にしても”生命”は連なり繋がっております。




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2012/3/24

羊たちの往来するペシャワール駅  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 パキスタン カイバル・パクトゥンクワ州 ペシャワールにて)

2012/3/22

かくれんぼ  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 パキスタン・スィンド州 カラチにて)

2012/3/20

古(いにしえ)から続く風景  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インド・グジャラート州 カッチ地方にて)

2012/3/18

バンダニ(絞り染め)を身に着けて  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インド・グジャラート州 カッチ地方バンニにて)

2012/3/16

手紡ぎ木綿・茜染めの一目絞りヴェール  染織



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

製作地 パキスタン・スィンド州 タールパルカール  製作年代 20世紀半ば
民族 使用者:ジャート族/製作者:カトリ共同体  素材 木綿、茜、藍、黄染料
 

インダス川下流域の地で、綿花の収穫から始まる手仕事から生み出された一目絞り・茜染めのヴェール。この地で染色を専門に行なってきた職人共同体”カトリ”の手による作例です。

手紡ぎ・手織りの厚地の木綿の場合、布を折り畳んで括り絞ることはないため、一目一目が単独の絞りであり、熟練した職人は下絵など無いフリーハンドで、この吉祥絵図を完成させます。

ジャート族やメグワール族の女性が、お嫁入りの際に支度品としてあつらえ一生モノとして大切に使い続ける、そういった種類の、古い時代のオーダーメード高級ヴェールとなります。




クリックすると元のサイズで表示します
上画像はThames and Hudson刊「Traditional Indian Textiles」より転載いたしております。



●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2012/3/14

デコレーション  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(パキスタン・スィンド州カラチ 及び カイバル・パクトゥンクワ州ペシャワールにて)

古い時代、遊牧・交易の地では、馬や駱駝は人々の生命を預ける乗り物であり、神の祝福を得るために華やかなデコレーションがなされました。現代のパキスタンを走るデコレーションバス、その一見過剰とも思える装飾スタイルは、遊牧・交易の時代の名残りとも考えられます。

2012/3/12

異なる民族の二つの刺繍ルマル  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

製作地 アフガニスタン・ガズニー州  製作年代 20世紀半ば〜後半
民族 ハザラ族  技法 ダブル・サテンステッチ(両面のサテンステッチ)



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

製作地 パキスタン・スィンド州  製作年代 20世紀半ば
民族 スタール族  技法 サーフィス・サテンステッチ(片面(表面のみ)のサテンステッチ)


アフガニスタン・ハザラ族の刺繍布(上)は、礼拝の際に頭を着ける場所に敷くための布(この布の上に石を置く)。パキスタン・スタール族(下)の刺繍布は、クルアーン(コーラン)等の信仰のものを包むために用いられる布。どちらもイスラームの信仰に纏わる生活の刺繍作品です。

いずれの作品も精緻なサテンステッチで描かれた幾何学文様に特徴があり、モチーフ構成と色遣いが相似しますが、片方(ハザラ族の作品)は布両面に反転する同じ文様が表わされた”ダブル・サテンステッチ技法”、もう片方(スタール族の作品)は布の片面にのみ糸及び文様が現われるように刺した”サーフィス・サテンステッチ技法”と、技巧面が大きく異なる作例となります。

古い時代に何らかの意匠の交流があったものなのか、信仰の精神性が偶然相似する刺繍を生み出したものなのか、またハザラ族の作品はなぜ完全な両面刺繍で手掛けられるようになり、逆にスタール族の作品はなぜ片面刺繍になったのか等、興味の尽きない二つの刺繍です。




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ