2012/6/30

躍動する牛と棚田と  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 上:中国・貴州省 黎平県にて/下:ベトナム・ラオカイ省にて)



クリックすると元のサイズで表示します
●貴州省に生活するシュイ族の切り絵(剪紙)

2012/6/29

神さまの遣わした動物  生活と祈りの意匠



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
ミャオ族の手によるシルバー衣装飾りと装身具

古今東西、稲作民・農耕民の多くは”馬”を神や天の遣わしてくれた動物とする伝承を有します。中国・西南地方に暮らす少数民族たちも同様です。

我が国日本には”神馬(じんめ)”という言葉がありますが、神様の乗り物であるとともに、神の遣わした動物という意が掛けられていることに想い至ります。


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 中国・貴州省 黎平県にて)



クリックすると元のサイズで表示します
●貴州省に生活するシュイ族の切り絵(剪紙)

2012/6/28

天秤棒で荷物を担いで  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 中国・貴州省 榕江県及び黎平県 トン族の村にて)



クリックすると元のサイズで表示します
●貴州省に生活するシュイ族の切り絵(剪紙)

2012/6/27

山道をゆき村と村を結ぶバス  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 中国・貴州省 黎平県にて)



クリックすると元のサイズで表示します
●貴州省に生活するシュイ族の切り絵(剪紙)

2012/6/26

木舟に乗って  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 中国・貴州省 榕江県 トン族の村にて)



クリックすると元のサイズで表示します
●貴州省に生活するシュイ族の切り絵(剪紙)

2012/6/25

学校帰り  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 中国・貴州省 榕江県にて)

2012/6/23

太陽と生命エネルギーの刺繍  刺繍



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


”円と渦巻き”はトン族の神話に由来する“太陽”を表わすとともに、万物の生命エネルギーを表わすものと考えられており、衣装・装身具・建造物等、生活の中の様々な場面で守護・吉祥の文様として用いられてきました。

濃藍染めの木綿地の上、白や金白色の絹糸一色で表現された”太陽紋”は、糸目の陰影で表現された無数の”渦巻き”を内部に有し、まさにエネルギーの躍動と横溢を感じさせます。

この”太陽紋”刺繍衣装は、先祖を天から招くお祭り、蘆笙祭の際に着用されたものであり、トン族の伝統文化・信仰の精神性が顕著に反映された民族衣装と言うことができます。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 中国・貴州省 黎平県/湖南省 通道県  
製作年代(推定) 20世紀前期
民族名 トン族

2012/6/21

山仕事へ  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 中国・貴州省 黎平県にて)

2012/6/19

表と裏、麻と木綿、浅葱から濃紺まで  民族衣装



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ベトナム・ラオカイ省  
製作年代(推定) 20世紀後半
民族名 黒モン族


黒モン族がジャケットの上から重ね着するベストは、表地が麻(ヘンプ)、裏地が木綿、自家製の天然藍で染め上げられ、刺繍襟を付して仕立てられます。

濃藍に染められ光沢付けがなされた麻地と、淡藍に染められた木綿地、色合いと質感が大きく異なりますが、黒モン族の人々は、そのいずれの藍の表情も”オモテ”として愛し楽しんでいます。

表で着た際と、裏で着た際では”刺繍襟”の見せ方が異なる点も着用のポイントです。

自身で藍建てを行い、染め濃淡は自身の好みに調整し、ときに染め直しを施し... 刺繍襟の色柄や長さも自身の好みでつくられ、まったく同じベストは二つとありません。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ベトナム・ラオカイ省にて)

2012/6/18

学校帰りは駄菓子屋さんに寄って  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 中国・貴州省 黎平県にて)

2012/6/17

トン族集落の甍の波(2)  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 中国・貴州省 黎平県にて)

トン族の村に滞在し、日夜瓦屋根を眺め続けていると、トン族の人々にとって瓦は単なる建築材ではなく、一枚一枚に願掛けがなされた、龍の鱗と見做されるものであることに気付きます。

2012/6/16

トン族集落の甍の波(1)  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 中国・貴州省 黎平県にて)

晴れの日...雨の日...、一日中眺めていても飽きることがないトン族集落の瓦葺き屋根の連なり。人々の生活の息吹に燻されてきた甍です。

2012/6/15

トン族の”渦巻き文”背守り  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 中国・貴州省  
製作年代(推定) 20世紀半ば
民族名 トン族

背中側に吊り下げられる”背守り(護符)”としての渦巻デザインのシルバー・オーナメント。渦巻き文はトン族に伝わる太陽信仰に由来し、太陽エネルギー(及び万物の生命エネルギー)が表わされたものとされます。

古い時代に銀細工の職人が手掛けた作品は、鍛造の技術に優れ、一つの銀板を巧みに伸ばし・曲げながら成型した渦巻きとS字部分の流麗な曲線、その出来映えが見事であり、護符としての力強いエネルギーが宿っていることを感じます。



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 中国・貴州省 従江県にて)

2012/6/14

黒モン族の犂耕道具  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ベトナム・ラオカイ省にて)

2012/6/13

馬とともにあるトン族の村の生活  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 中国・貴州省 黎平県にて)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ