2012/10/31

永遠を祈る環状整経・不切断の織物  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ミャンマー・ラカイン州  製作年代 20世紀前期
民族 ラウクトゥ族  素材/技法 木綿、絹、天然染料/環状整経・経糸不切断、片面緯紋織、菱地紋


環状整経で織り上げ、通常は切断して一枚布として完成させるフリンジ部分を、敢えて切断せずに環状(輪)のままで用いる、特殊な織物に出会うことがあります。

ミャンマーのチン族、インドネシア・スマトラ島のバタック族、マレーシア・ボルネオ島のイバン族...等々 共通するのは、これが祝祭や儀礼等の特別な用途で手掛けられ、長寿や結婚の幸せなど、”永遠への祈り”を”途切れ目の無い織物”に投影させている点となります。

画像の作品は、チン族系の民族である”ラウクトゥ族”が頭布として織り上げたもの、単に環状整形であるのみでなく、白地部分には菱地紋が織り込まれ、布端には片面緯紋織の文様が描かれるなど手が込んでおります。そしてそのすべてが”祈り”へと繋がります。


●環状整経・経糸不切断の織物を頭に巻いたラウクトゥ族の男性
クリックすると元のサイズで表示します
※上写真はRIVER BOOKS刊「MANTLES OF MERIT」より転載いたしております。



●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2012/10/29

托鉢・供物を奉げるためのさじ  生活と祈りの道具



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ミャンマー・シャン州  製作年代 20世紀半ば
素材 チークウッド、黒漆、朱漆

クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ミャンマー・バガン  製作年代 19世紀後期〜20世紀初頭
素材 チークウッド、漆


敬虔な仏教信仰が生活に根付いてきたミャンマーでは、様々な種類の仏教儀礼用の道具が、土地ごとの伝統手工芸とも密接に結び付いて生み出されてきました。托鉢・供物を奉げるための匙(さじ)もその一つです。

チークを素材に繊細な手彫りによる造形がなされ、漆の塗装が加えられたご紹介画像のような供物用匙は、中部の古都バガン・マンダレーやミャンマー漆の原産地シャン州において、優れた作品が手掛けられ、信仰と生活の中で用いられてきました。

一木からの丹念な彫りにより表わされた意匠、祈りの精神性に惹き込まれる作品たちです。




クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2012/10/27

英領時代のラングーン邸宅調度品  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ミャンマー・ヤンゴン  製作年代 19世紀後半
素材 チーク材

頭にターバンを巻き腰衣を着けた人夫の彫像、英領インド時代のラングーン(ヤンゴン)で作られたもので、意匠からはコロニアル(植民地)美術・建築様式の濃密な空気感が薫ってまいります。

木像の中央に管を通す穴が貫いており、手を添えた人夫の口部から水を噴出すもの、邸宅を装飾するエクステリアであったと考えられる作品です。

英領時代のラングーンは”東方の庭園都市”と呼ばれ、緑と水(湖や池)に溢れ、チーク材の産地(出港地)として瀟洒な英風木造建築が建ち並ぶ美しい街並みであったことが知られます。

この人夫の彫像は、ラングーン居住の英国駐在員や商人の邸宅の、緑と花で彩られた庭に設えられた水管の先端に付されていたのかもしれません。

どのような人が住む、どのような家でこの人夫のチーク彫像の口から水が噴き出ていたのか、そしてその庭はどのようなつくり・景色であったのか... また百数十年前の当時のラングーンは、どのような表情・空気であったのか、想像が停まることがありません。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
●英領インド時代のラングーン(ヤンゴン)
※上写真はAPA PUBLICATIONS刊「BURMA MYANMAR」より転載いたしております




●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2012/10/23

念持仏としての青銅製せん仏  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア北部  製作年代 12〜13世紀 アンコール期
素材 青銅(ブロンズ)


クリックすると元のサイズで表示します


”せん仏”は、寺院や仏塔等建造物の装飾、或いは単独で奉納仏・礼拝仏及び法具等として用いるため、雌型に粘土等を詰めて型押しし、乾燥若しくは焼成させて作られた比較的小型の仏像及びそれに類する品モノとなります。

インド・中国を製作・伝播の起源地として、東アジア・東南アジアを含む仏教圏の広い範囲で手掛けられてきました。我が国日本では唐の影響下で7〜8世紀を中心に製作がなされたことが、残存する寺院装飾や遺跡発掘により確認されております。

クメール王朝期(アンコール期)に手掛けられた本せん仏は、大きさが5cm弱の小型である点、そして型ではない実仏(本仏)が青銅製である点に特徴を見出すことができます。

クメール王朝はとくに青銅製品を宗教儀礼用の法具として重用してきたため、このような青銅製のせん仏が、信仰の対象として作られるに至ったと考えられております。

手の平に納まる大きさのうちに篤き信仰の精神性が凝縮された、遠い時代の護符・念持仏です。




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2012/10/21

クメール絹絣の表情・色香  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部  製作年代 19世紀〜20世紀前期
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料/綾地・緯絣





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2012/10/19

祈りとともにあった織物と織機  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

●織機の綜絖吊り滑車
製作地 カンボジア南部  製作年代 19世紀末〜20世紀前期


カンボジアの古い織機の部品であった綜絖(そうこう)を上げ下げする糸吊りの滑車。布を織る道具の小さなパーツに、ここまでの意匠が凝らされていたことに心を動かされます。

糸作り、染料作り、染め織りのすべてが手仕事であった時代、織物の出来上がりは作り手の意思や技量のみで決まるものではなく、祈り(神仏)の力が必要であったことに思い至ります。

織られる布の一枚一枚が異なる表情・生命を有していた時代の織機... 織機やその部品自体も世界に一つのものとして、職人が祈りとともに手掛けていたのでしょう。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します
(写真 カンボジア・タケオ県にて)





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2012/10/17

仏教信仰が反映したボードゲームの駒  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

●ボードゲーム”シィットゥイン”の木製駒
製作地 ミャンマー  製作年代 19世紀〜20世紀初頭
素材 チークウッド、漆

シィットゥイン(sittuyin)は、将棋やチェスの起源とされる古代インドのボードゲーム“チャトランガ”が、8世紀頃にビルマに伝わり独自化したものと考えられております。

千年以上にわたり原型を保ったまま継承されてきた点、インド本国では仏教信仰が意匠化されたボードゲーム駒は時代とともに消滅した中、ビルマではこれが継承・残存している点においても貴重な伝統のものと言うことができます。

敬虔な仏教国ミャンマーの空気感、職人手仕事の精神性が薫る、チーク彫りのゲーム駒です。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します
(写真 ミャンマー・バガンにて)

2012/10/15

カミ族・アラン族の片面紋織と偽刺繍  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ミャンマー・ラカイン州  製作年代 20世紀半ば
民族 カミ族  素材/技法 木綿、絹/片面緯紋織、緯糸遣いブレード&タッセル


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ミャンマー・ラカイン州  製作年代 20世紀半ば
民族 アラン族  素材/技法 木綿、絹/片面縫取織(偽刺繍)、ビーズ織り込み


カミ族・アラン族の女性が祝祭時に胸当てとして用いるパネル状の織り布。織り裏には紋織の絵糸が全く現われない”片面緯紋織(縫取織)”の技巧が見事な作品です。

そして片面紋織のうちにも様々な技巧・意匠の粋が凝らされており、カミ族作品(上)に見られる、複数(四色)の色糸が地緯と絵緯を同時に構成する技法、アラン族作品(下)に見られる、絵緯が縦・横・斜めと自在に走り回る”フォールス・エンブロイダリー(偽刺繍)”と呼ばれる技法...

いずれも織りの魔法を目にしているようで、見飽きることがありません。




●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2012/10/13

タイ・デーン族の失われし縫取織スカート  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ラオス・フアパン県サムヌア  製作年代 20世紀前期
民族 タイ・デーン族  素材/技法 絹、木綿、天然染料/縫取織、経縞


スカート全面が多彩な浮文の縫取織で精緻に装飾された”シン・コー”と呼ばれるタイ・デーン族伝統の衣装作品、20世紀前期の作例です。

このシン・コーは、家庭において母から娘へと手指の記憶として伝えられる慣習を有してきたものとされ、手指やひごを用いて経糸を持ち上げ縫取織の絵糸を織り入れる技巧により、家族(一族)に伝わる家紋に類する固有の文様が描かれました。

地産のラオ黄繭(カンボウジュ種)の手引き・手紡ぎ絹を、同じく地産の天然染料を駆使して多色に染め上げた縫取織の糸、これも母から娘へと伝えられた染色技術によるものであり、繊細な色の染め分けは、家庭で少量の染めを行なうことにより可能なものでした。

家庭内で染め織りが伝えられていた時代の、今では失われし表情、デザイン様式の作品です。


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します
●現代的な素材と織りのシン・コー(シン・ムック・コー)を履くサムヌアの女性
(写真 ラオス・フアパン県にて)




●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2012/10/11

ラオ・クラン族の交織絣  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

製作地 タイ・ピチット県  製作年代 20世紀前期〜半ば
民族 ラオ・クラン族  素材/技法 絹(緯)×木綿(経)、天然染料/緯絣(画像の部位)


ラックカイガラムシから得られるラックを主染料とした、紅赤の色遣いが印象的なラオ・クラン族の手による絣衣装。

ラオ・クラン族の”クラン”とはラック染料を表わすもの、この民族がどれだけラックを用いた染色と深い関わりを有してきたかを伺うことができます。

そしてラオ・クラン族の染織のもう一つの特徴は、絹(緯)×木綿(経)の交織で表現される絣が多い点となります。(居住エリアで異なる場合あり)

縫取織で装飾される裾布は、タイ北部ラーンナーのデザイン様式であり、ラオ・クラン族の作品は、一目でそれと判る独自の表情・空気感、そして完成美を有します。




クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ