2013/4/19

ガネーシャが奉られた家壁  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・ラージャスタン州 タール砂漠エリアにて)

2013/4/17

ターバンを巻いて  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・ラージャスタン州 ジャイサルメールにて)

2013/4/15

ヒンドゥ寺院の門前で  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・ラージャスタン州 ウダイプールにて)

2013/4/13

ビシュノイの村で  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・ラージャスタン州 ジョドプール近郊にて)

2013/4/7

牛飼いの民”アヒール族”と牛のための刺繍作品  刺繍



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

●クリシュナを信仰する牛飼いの民”アヒール族”の村

(写真 インド・グジャラート州 カッチ地方にて)



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

●アヒール族の手掛けた牛顔装飾用の刺繍布
製作地 インド・グジャラート州  
製作年代(推定) 20世紀半ば





●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2013/4/5

今も街づくりに活躍するロバ  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・ラージャスタン ウダイプールにて)

細く曲がりくねった道が多く、坂の多いウダイプールでは、建築・工事資材の運搬にいまも日常的にロバが活躍しています。

古い時代の、外敵の侵入を防ぐための街造りが現在に継承されるウダイプールの姿です。

2013/4/3

婚礼用のらくだ鞍掛け飾り  技巧・意匠・素材




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド・グジャラート州 サウラシュトラ地方  
製作年代(推定) 20世紀半ば
民族名 カティ族  
素材/技法 木綿 / パッチワーク、アップリケ



クリックすると元のサイズで表示します


カティ族はサウラシュトラ地方を代表する地主・富裕層の民族で、婚礼の際に、らくだ・牛・象などの動物に手の込んだ瀟洒な飾り布を纏わせ、盛大な祭事・宴を執り行ったことが知られます。

染織・刺繍の手仕事に長けた農牧民・職人共同体が、この種の作品の製作を請け負いましたが、20世紀も半ばを過ぎるとその伝統はうすれ、現在ではほぼ失われしものとなりました。




クリックすると元のサイズで表示します

●ラバリ族のらくだ鞍掛け布
※上画像はMapin Publishing刊「Threads of Identity」より転載いたしております






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2013/4/1

ミシン一台で  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・ラージャスタン州 ウダイプールにて)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ