2013/9/29

飛翔し楽舞を司る”キンナリー・キンナラ”  仏神像



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ミャンマー中部  製作年代 19世紀後半
材質 木(チーク材)、漆、顔料、金彩(金泥)、ガラス片

半人半鳥の神様”キンナリー(Kinnari)・キンナラ(Kinnara)”は、梵天(Deva)や阿修羅(Asura)等とともに仏法を守護する八部衆の一つであり、楽舞を司る神様として知られます。

ガルダ・ハムサ(ヒンタ)・キンナリー・キンナラ等の“鳥”に纏わる守護神及びその意匠はミャンマーにおいてとくに愛されてきたもの、それはビルマ宮廷装束のうちにも取り入れられております。

寺院・僧院の装飾パーツとして手掛けられた19cの作例、信仰の精神性に惹き込まれます。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2013/9/27

小さなボートが日常生活の要  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(写真 ミャンマー・シャン州 インレー湖にて)

2013/9/25

シャン仏塔を装飾する女神浮彫と壁画  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(写真 ミャンマー・シャン州 インレー湖エリアにて)

2013/9/23

野ざらしゆえに美しき...(2)  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(写真 ミャンマー・シャン州 インレー湖エリアにて)

17〜18世紀 シャン様式

2013/9/22

野ざらしゆえに美しき...(1)  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(写真 ミャンマー・シャン州 インレー湖エリアにて)

17〜18世紀 シャン様式

2013/9/18

多様な織り技法が駆使された褌布  染織



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ミャンマー・ラカイン州  製作年代 20世紀前期
民族 カミ族(チン族系)  サイズ 17.5cm(緯)×456cm(経)
素材/技巧 木綿、絹/経地合、片面緯紋織、片面縫取織(フォルスエンブロイダリー)、浮紋織(黒×黒・地紋)

結婚した女性が夫のために、素材の準備から始まり1年掛かりで作り上げる慣習があったことが伝えられるカミ族の儀礼用褌布(ロインクロス)。70〜80年時代を遡る20世紀前期の作例です。

一見すると刺繍に思える多色絹の装飾部は、経糸の間に縦・横・斜めと絵糸が動き回る特殊な織り技法”フォルスエンブロイダリー=偽刺繍”と呼ばれるもの、さらに裏面には絵糸が現れない”片面縫取織”が併用されており、並々ならぬ高度な手技と手間隙が掛けられたものとなります。

世界に唯一無二、孤高の生命と完成美を宿すアジア染織の一つです。




クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2013/9/16

本日、仕入れの旅より帰国いたしました  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

本日9月16日、約半月間のミャンマー他への仕入れ旅より無事帰国いたしました。

今般の台風により被害にあわれた皆さまへ心よりお見舞いを申し上げます。

旅行中は日本のニュースに触れる機会がほとんどありませんでしたが、飛行機に乗り込み、日本の新聞を目にして台風の影響が大になりそうなことを知り驚くばかりでした。

雨季のミャンマーの旅、そこそこの大雨にあうことを覚悟していましたが、現地では天候に恵まれ、交通(移動)の乱れも無く、良い仕入れの旅になったと振り返りながらの帰国の途上、まさかの日本での台風でした。

まずは本日予定通りに無事帰国できたことを感謝いたしております。仕入れの内容については次回以降にご報告させていただきます。素晴らしい品モノたちとの出会いがありました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ