2014/5/31

目の肥えたジャンビ向けのインド更紗とラスム更紗  染織



●ジャンビ向けインド更紗  カイン・スマギ
クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド・コロマンデル海岸  製作年代 18−19世紀
※上画像は京都書院刊「知られざるインド更紗」より転載いたしております



●ジャンビ向けジャワ(ラスム)更紗  カイン・ジャンビ
クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インドネシア・ジャワ島 ラスム  製作年代 19世紀


ジャンビ王国(旧シュリーヴィジャヤ王都)は、近世大航海時代に胡椒交易の集積・出荷地(港湾都市)として栄え、交易の対価として得られるパトラやインド更紗を中心とするインド染織は、ジャンビの宮廷者・貴族のステイタスの象徴として重要な役割を担いました。

「ジャンビで求められるコロマンデルの布を供給出来なければ、胡椒産地の住民が取引を放棄してしまうだろう...」1630年イギリス東インド会社商館の記録

「オランダ東インド会社がインドからバタヴィアへ持ち込んだ品物のうち、84.21%までを染織品が占めるに至った...」1661年
※上の二文章は京都書院刊「知られざるインド更紗」より転載いたしております

上の二文章のみでも、インド更紗(及びパトラ等のインド染織)の当地での価値・需要がどれほどのものであったのか、容易に推察することができます。ちなみにインド更紗はスマトラやバタヴィアを経由して江戸時代の日本にもたらされ大名・貴族・茶人等の間で珍重されるに至ります。

18世紀後期〜19世紀、オランダ植民地下のジャワ島北岸エリアで、交易向けにふさわしい染色技術に達したジャワ更紗の製作が始まり、茜染めの発色が取り分け美しくインド更紗に伍する完成度に達した「ラスム更紗」はジャンビ貴族のおめがねに適うものとなりました。

ジャンビ・パレンバンの人々は、布に対する好みが特に厳しいことでオランダ東インド会社の職人を恐れさせていた... という趣旨の当時の商館員の記録が残っているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します



●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2014/5/29

18−19c”仏陀とナーガ(龍王ムチャリンダ)”像  仏神像



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ミャンマー  製作年代 18−19世紀
素材 青銅(ブロンズ)


White Lotus刊「Burmese Buddhist Sculpture」掲載の同種作例
クリックすると元のサイズで表示します

仏陀像の体躯・顔相の様式の一致から、上二像は同所での製作物と特定することができます。

ナーガは鍛造・曲げ・彫金・鑞付けが駆使されており、職人手仕事のもの故に、全く同じディテイル表情のものは二つと作られなかった、そのようにも推察することができます。

「成道後の仏陀が菩提樹の下で瞑想を行っていた際に激しい嵐が起き、龍王ムチャリンダが自身の身体を用い雨風から7日間にわたりこれを守った...」

信仰の世界観と物語性に惹き込まれる仏教国ミャンマーのブロンズ作品です。



●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2014/5/27

象と獅子の混交モチーフ”シーホー”  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


”象”の頭と”獅子”身体を持つ聖獣「シーホー」は神話に登場し、染織や絵画等に表わされてきたラオス固有の宗教的モチーフとなります。

力の強さを誇る二つの動物が合わさったものですが、その描かれ方はどこかおっとりとして愛らしさが感じられます。即物的な力の象徴でないことは確かなように思われます。


●シーホーが縫取織で表わされた作品(シーホーの背に精霊が乗る)
クリックすると元のサイズで表示します
製作地 ラオス・フアパン県  製作年代 20世紀前期
民族名 タイ・デーン族



●シーホーが絣で表わされた作品(シーホーの背に小さなシーホーが背中合わせに乗る)
クリックすると元のサイズで表示します
製作地 ラオス・フアパン県  製作年代 20世紀前期
民族名 タイ・モイ族




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2014/5/25

ナーガと舟文様の絹絣 クメール宮廷儀礼用ピダン  染織



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部  製作年代 19世紀後半〜末
素材/技法 カンボウジュ種絹、天然染料/綾地・緯絣

クメールの国家・仏法を守護する蛇龍神(ナーガ)と生命樹の間に浮かぶ舟文様の絹絣。一見して宮廷・寺院の特別な儀礼用布としての荘厳美をただよわせる19cの作例です。

”舟”は先祖の霊を奉り、国の繁栄・平安を祈るための灯篭流しの”霊舟”をあらわすとともに、港市国家”扶南””チャンパ”にはじまる海上交易国家としての富の象徴文とも考えられております。

このデザイン様式のピダンはチャム人の手によるものとも推察されており、マレーとクメールを繋ぐ”舟文様”としても歴史の浪漫が薫ってまいります。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2014/5/23

本日インドシナ諸国への仕入れ旅より帰国いたしました  分類なし



クリックすると元のサイズで表示します

本日5月23日、インドシナ諸国への約半月間の仕入れ旅より無事帰国いたしました。

現地の熱が冷めないままに、ホームページでは明日24日より早速品モノのご紹介を始めさせていただきたいと思います。

2014/5/7

5月23日まで海外仕入れに行ってまいります  分類なし



クリックすると元のサイズで表示します

5月9日〜5月23日まで海外仕入れに出掛けるため、HP及びブログの更新は休止をさせていただきます。

今般の仕入れ旅は、タイ・カンボジア・ラオスを中心とするインドシナ内陸部エリアとなります。仏教信仰を背景に生み出された宮廷や庶民の染織・手工芸からアニミズムの世界観のうちに生活を続けてきた少数民族たちの染織・衣装など、現地を巡りながら幅広い種類の品モノを蒐集してきてまいりたいと考えております。

”生活と祈り”は、当店の変わらぬテーマであり、人々の祈りや愛情の込められた手仕事との出会いを追い求めながら、一日一日の旅をいたしてまいります。

帰国後のご報告と品モノのご紹介を楽しみにしていていただければと思います。

2014/5/5

時の経つことを忘れる”旅の時間”6  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(写真 中国・貴州省 黎平県にて)

2014/5/3

時の経つことを忘れる”旅の時間”5  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(写真 ベトナム・ラオカイ省にて)

2014/5/1

時の経つことを忘れる”旅の時間”4  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャ県にて)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ