2014/9/29

ラオス絹織物 天然染色の美  染織



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ラオス北東部 フアパン県  製作年代 20世紀前期〜半ば
民族名 タイ・ヌア族 ※フアパン県に生活するタイ・ダム族、タイ・デーン族、タイ・カオ族等の総称
素材/技法 絹、天然染料/平地、縫取織(浮文織)

媒染を変えたラック染めの紅(経)と赤紫(緯)の絹平織り地に、白・紫・紺・淡黄・橙・薄緑・黒に染め分けた絹の絵緯により、浮文としての縫取織が織り込まれたタイ・ヌア族伝統様式の絹織物。

遠目から一見すると化学染料による染めとも思えるような鮮やかな色彩、紫や橙の染色表現が見事であり、これは@撚りを掛けない絹釜糸を用いることによる光沢効果、A浮文により立体感を加えた陰影効果、B地色との対色効果、これら巧みに利用したものであることが確認できます。

素材・技巧・意匠の三位一体... ”伝統織物の完成美”という言葉が自然と出てくるような、天然染色の美に魅了されるラオスの古き時代の絹織物です。


●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2014/9/27

ラーンサーン仏教寺院の祭壇(仏壇)  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(写真 ラオス・ルアンパバンにて)

2014/9/25

ラーンナーの気  仏神像



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

製作地 タイ北部 ラーンナー地方 Lanna  製作年代 19世紀後期〜20世紀初頭


●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2014/9/23

ラーンサーン古都の朝の空気  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 ラオス・ルアンパバンにて)

2014/9/21

タイ・デーン族の20c前期・天然染色スカート  染織



民族名 タイ・デーン族 Tai Daeng
製作地 ラオス・フアパン県 サムヌア  
製作年代 20世紀前期 1920〜1940年前後


●シン・ムック・コー・ミー(=経緯の紋織と絣で装飾されたスカート)
クリックすると元のサイズで表示します

素材/技法 木綿、天然藍、絹、天然染料/経縞(交織)、経紋織、緯紋織、縫取織、緯絣


●シン・コー(=全面が縫取織で装飾されたスカート)
クリックすると元のサイズで表示します

素材/技法 木綿、天然藍、絹、天然染料/経縞(交織)、縫取織、緯紋織


●シン・ミー・ター(=絣と紋織で交互にバンド状に装飾されたスカート)
クリックすると元のサイズで表示します

素材/技法 木綿、天然藍、絹、天然染料/緯絣(交織)、緯紋織、縫取織



●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2014/9/19

シャム宮廷渡り染織作品の意匠様式  技巧・意匠・素材



●18世紀 インド更紗
クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド南東部 コロマンデル海岸  製作年代 18世紀中期〜後期
使用地(渡来地) シャム王国 アユタヤ王朝期
素材/技法 木綿、天然染料/手描&手染め、媒染、防染


●19世紀 カンボジア絹絣
クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部  製作年代 19世紀後期
使用地(渡来地) シャム王国 チャクリー王朝期
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料/綾地・緯絣


●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2014/9/17

本日インドシナ諸国への仕入れ旅より帰国いたしました  分類なし



クリックすると元のサイズで表示します

本日9月17日、インドシナ諸国への約半月間の仕入れ旅より無事帰国いたしました。

雨季後半のインドシナは夕方に雷雨が降る日も多いですが、夕立のあとの空と陽には、同じ表情の日は二つと無いであろうというような格別な美しさがあります。

様々に姿を変える空を飽きずに眺めていると、この豊かな色彩やカタチが、インドシナの染織や手工藝に大いなる影響を与えたことは確かであろうと思われてまいります。

空・大地・自然の豊かさこそが、人間が生み出し得る美とその生命力の源泉であることを実感する旅となりました。明後日19日より今般新たに出逢えた品々のご紹介を始めさせていただきます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ