2015/1/31

春の華やぎ 江戸の色香  染織



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本  製作年代 19世紀中期 江戸時代末
素材/技法 木綿、天然染料及び顔料/手描き(若しくは手描きと型染め併用)

”竹矢”と”梅花”の大振りの華やぎ溢れる絵模様が、手描き(筒描き)若しくは手描きと型染めの併用により、国産木綿の手織り布のうえ力強い色表情で染め描かれた江戸期の和更紗裂。

当時の汎用的な和更紗とは絵柄の趣が異なり、狂言装束等の特注の染め布から取られた裂とも推察されます。ときを渡り、江戸の空気と色香に浸ることのできる一枚です。





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2015/1/29

ゆったりとした時間の流れるスマトラの村で  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スマトラ島 西スマトラ州にて)

2015/1/27

小さな裂に宿る完成美  染織



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インドネシア バンカ・ブリトゥン州(旧南スマトラ州) バンカ島  
製作年代 19世紀中後期  素材/技法 絹、天然染料/緯絣

僅か13cm×18cmの小さな裂ですが、一つの織物、一つの作品としての完成美が宿っている、19c海洋交易の時代のスマトラ染織作品の色香と格調が凝縮されたような一枚です。




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2015/1/25

インド更紗の地 ラージャスタンの色(3)  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インド・ラージャスタン州 ウダイプールにて)

2015/1/23

インド更紗の地 ラージャスタンの色(2)  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インド・ラージャスタン州 タール砂漠エリアにて)

2015/1/21

砂漠の街の茜染めウール・ヴェール  染織



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド・ラージャスタン州 バルメール  製作年代 20世紀初め
素材/技法 ウール、天然染料、木綿/絞り染め、刺繍


100年を経過してなお瑞々しさを失わない茜赤の美しさに目を奪われる、インド・ラージャスタン西部の地の婚礼用ウール・ヴェールです。

タール砂漠エリアの旧交易街道の街”バルメール”〜”シェカワティ”に伝わる意匠のもので、色彩の乏しい砂漠の地で、この茜赤の色がどれだけ華々しく映えわたったことか... 繊細で手の込んだ絞り染めと刺繍の吉祥模様がどれだけ人々の目を惹き付けたことか... そのようなことをイメージしつつ作品を目にすると、さらに鑑賞の愉しみがひろがっていくように思います。

裂け穴や補修はありますが、大切に用いられ継承された時代モノの染織作品として、欠損や繕いにも愛おしさを感じるアンティークの一枚です。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2015/1/19

インド更紗の地 ラージャスタンの色(1)  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インド・ラージャスタン州 ジョドプールにて)

2015/1/17

藍地ボテ文様インド更紗裂(貼り込み装丁)  染織



クリックすると元のサイズで表示します


製作地 インド・ラージャスタン州  製作年代 18〜19世紀
素材/技法 木綿、天然染料/木版捺染、媒染、防染


瑞々しい色味の水藍地に茜染めのボテ(ペイズリー)が散りばめられた薄地の更紗、ラージャスタンで国内向けにつくられた木版更紗に固有の可憐な表情を有する小文柄の裂貼りカバーです。

ボロと言えるほど年季の入った一品ですが、裏地の黄味掛かった藍木綿、様々な表情の手書き文字の入った芯紙、目にしていると時を忘れてしまい、彼の時代に連れて行かれるような心地となります。時代裂には朽ちることの無い生命の息づきがあり、打ち捨て難い魅力を感じます。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2015/1/15

明治初期 馬の腹掛け・筒描き布  染織



クリックすると元のサイズで表示します


製作地 日本・北東北地方  製作年代 19世紀後半 明治時代初期
素材/技法 木綿、天然染料、天然顔料、革/筒描き(手描き・糊防染)、漆塗り


婚礼の際に嫁ぐ娘のために特別な出費をして、紺屋(染め物屋)に特注の筒描き布(蒲団表や油単)を仕立ててもらうのと同じくらい”馬が特別な存在であった”ことを物語る、染めに気合の入った馬の腹掛け布です。

手描きの繊細かつ流麗な糊置き、天然染料と天然顔料を駆使した見事な染付け... さらに革に多色漆で彩色した胸部の護符板、職人手仕事の並々ならぬ気が伝わってまいります。

「大津東町・上下仕合」の文言は、滋賀県大津市に存する馬神神社(長等神社)が江戸時代に発した馬の悪疫除け(頽馬除け)に由来するもので、愛馬の健康・長寿を祈るおまじないとなります。

江戸〜明治初中期、馬が運輸・交通・農耕の場面で日常的に活躍していた時代の馬の腹掛け布であり、馬への祈りと感謝等の並々ならぬ想いが伝わる、古き良き日本の民間染織の逸品です。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2015/1/13

18−19c江戸期の舶来縞織物 唐桟裂  染織



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド? 不詳  製作年代 18世紀〜19世紀半ば 江戸時代中後期
素材/技法 木綿(緯)、絹(経)、天然染料/交織、平地・縞織


”唐桟(とうざん)”は、江戸初期の鎖国(海禁)政策の後、長崎の出島を通じてオランダ船との交易が行なわれた時代を中心に、インド及び東南アジア産の染織品(いわゆる紅毛裂)がもたらされた中、人気を博した”縞物”を指すものとなります。唐桟は遠く離れた海洋国(島)から舶来されたため”奥嶋”とも呼ばれ、それ以前の日本においては”筋”と呼ばれていた縞文様が”縞(=嶋)”と呼称替えされたきっかけでもあったことが伝わります。

藍・黄・茶・緑・紅の5色(白を含めると6色)の経縞で構成される本唐残裂は、インド産或いはそれ以外の南アジア・東南アジア産であるか出自の特定は難しいところですが、極めて繊細な手紡ぎの木綿と絹により目の詰んだ織りがなされた”薄物”の交織縞で、当時日本の国産で生み出されていた縞木綿とは明らかに異なる表情・質感を有するものとなります。

一見すると布に微光沢があり絹地の縞とも思われますが、実際には緯(よこいと)に細手の絹、色糸の経(たていと)に木綿が配され、経地合に近い密な織りがなされることにより、ほんのり光沢感を纏った織物の特性が生み出されている様子を確認することができます。糸・布の表情から時代の浪漫を感じることができる舶来縞織物の逸品です。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ