2015/6/30

代々受け継がれてきた織物の道具  生活と祈りの道具



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)

繊細な彫刻による意匠付けがなされた腰機の背当て

2015/6/29

バティック・サロンを纏って  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 ママサ・トラジャにて)

2015/6/28

インド国外で出逢ったグジャラート染織・刺繍  民族衣装



クリックすると元のサイズで表示します


「宮廷・貴族向け モチ刺繍スカート」
製作地 インド・グジャラート州  製作年代 19世紀

●蒐集地 パキスタン・パンジャーブ州
インドとパキスタンの分離独立前のスィンドの地で、モチ共同体の手により宮廷・貴族向けに手掛けられ、20世紀半ばの分離独立時にパキスタン側に渡った(或いは残った)と推察されるもの


「貴族・富裕層向け 絹ブロケード肩掛け(ヴェール)」
製作地 インド・グジャラート州  製作年代 18世紀

●蒐集地 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャ
海洋交易の対価とされる高級染織品として、18世紀に東インド会社等の交易船によりスラウェシ島にもたらされ、トラジャの地で”聖布マア”として保存・継承されてきたと推察されるもの



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/27

バナナ売りの街角  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スマトラ島 バンダールランプンにて)

2015/6/26

樹皮布に染め描かれた生命樹と生命の意匠  染織



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インドネシア・スラウェシ島 南スラウェシ州  製作年代 近年
素材/技法 樹皮(クワ科)、染料(天然染料+化学染料)/木版捺染



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




●参考画像 樹皮布”シガ”を製作するための道具 石槌”イケ”
※一枚の樹皮布を完成させるには凹凸形状が異なる多数の”イケ”が用いられる
クリックすると元のサイズで表示します


●参考画像2 中央スラウェシ州で用いられた叩き棒(beater)及び石槌イケ 
クリックすると元のサイズで表示します
※参考画像2はTUTTLE刊「TEXTILES OF SOUTHEAST ASIA」より転載いたしております

2015/6/25

生命樹を想起させる屋根  装飾



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)

2015/6/24

儀式の濃密な空間で  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)

2015/6/23

儀礼行為としての炊飯  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)

空間、火熾し、装束、所作... 伝統儀礼としての気と美が集約された炊事場 

2015/6/22

海洋交易の時代の浪漫薫るカード織ベルト  染織



クリックすると元のサイズで表示します


製作地 インドネシア・スラウェシ島 南スラウェシ州  製作年代 19世紀
民族名 製作者:ブギス人 / 使用者:サダン・トラジャ人
素材/技法 木綿/カード織(本体)、カード織(補修:白地の布)、平織(補修:赤地の布)


この帯状の布は、先端に重厚なループを有し内部が空洞となるチューブ状に織られた”カード織”の一作例で、スラウェシ島南部に生活する”ブギス人”が19世紀に手掛けたものとなります。

”ブギス人”は航海術・造船術に長け、中近世には”マカッサル人”とともに、この海域の香料・香辛料の交易において重要な役割を担ったことが知られますが、海の向こうから様々な染織技術を受容し、自身の染織文化を形成していったものとなります(現在もカイン・ブギスの織物が著名)。

本品はタナ・トラジャでの蒐集品で、海洋交易の時代にスラウェシ島内陸部のサダン・トラジャ人にもたらされ、祝祭時に聖剣クリスを身につける際の儀礼用ベルトとして使用され、代々継承される伝世品とされる中で残存したものと推察することができます。

帯裏側に全体の3分の1程度の長さで、白地・藍文字のブギス人の手による別織のカード織帯片が付され、裏の残りの部分には経緯木綿双糸で構成される平織の赤布が付されており、トラジャ伝世品として同時代の上質な素材により大切に補修が繰り返された様子が伺えます。

ブギス人が手掛け、サダン・トラジャ人が使用・伝世した、今では失われし古(いにしえ)のカード織作品、海洋交易の時代の浪漫が薫るアンティーク染織の逸品です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2015/6/21

陽の下で行われる伝統織物  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

竹べらで経糸を掬い絵緯を織り入れる”緯紋織=スンキ”のママサ伝統織物。


クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 ママサ・トラジャにて)


ママサの幾つかの村で、穀物倉アランを小さくしたような舟形屋根の小建造物を目にしました。

村共有の多目的スペースとして用いられているようでしたが、縦横に配された柱は腰機での織物に最適なつくりであり、織り場を主目的に発達したものかもしれません。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ