2015/10/31

江戸期 上布(奈良晒) 鶴松竹梅模様帷子  染織



クリックすると元のサイズで表示します


製作地 日本 ※地域不詳  製作年代 19世紀(江戸時代)
素材/技法 苧麻平糸(経緯とも)、天然染料、天然顔料/平地、筒描き、友禅染め


本品は麻の単衣としての着物(=帷子)で、経・緯に苧麻平糸が配された平織の布地が、薄い色味ながらも華やぎと暖かみのある”淡黄色(たんこうしょく)”で染められ、身頃・袖の全面に散りばめられるように様々な形姿の”鶴”と”松竹梅”模様が筒描きと友禅染めの技法により多彩に瑞々しく染め描かれたもの、振袖型の着物形状及び吉祥感溢れる色柄構成から、婚礼をひかえた若年女性の祝着として手掛けられたことが推察されます。

特筆すべきは、織り染めの元となる苧麻に極めて白く・透明感のある晒し糸(繊維)が用いられている点で、経・緯平糸の均質感及び織りの端整さ、布地の柔らかみ、さらには色染まりの美しさを併せ、特別上質な部類の”上布(じょうふ)”で仕立てられた祝着帷子となります。

組織の拡大画像で確認できる単繊維・経緯平糸の表情及び織り密度具合等から、江戸期に”麻の最上といふは南都なり...”とうたわれた「奈良晒」が使用されている可能性を指摘できます。

華美に堕さずひそやかな洗練・気品が感じられる筒描き&友禅染めで、ウコン染めと思われる”淡黄色”をはじめ、藍・ベンガラ等の天然染料・天然顔料を駆使して染め描いた”鶴松竹梅模様”の完成美が見事、合成(化学)染料・顔料の用いられない天然染色の時代の麻地・友禅として、織り・染めの意匠は調和が乱れず、着物全体から気品と格調の高さが薫ってまいります。

澄んだ空気感と清楚な色香を薫らせる作品の世界に深く惹き込まれる古の染織衣裳です。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




●参考画像 奈良晒 顕微鏡写真
クリックすると元のサイズで表示します
※上画像は平凡社刊「別冊太陽 日本の自然布」より転載いたしております

2015/10/29

トンレサップ川のほとりで  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

(写真 カンボジア・プノンペンにて)

2015/10/27

クメール・スリンの天然染色”ミー・ホール”  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 タイ・イサーン地方南部 スリン  製作年代 20世紀前期
民族 クメール系タイ人
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料/綾地・緯絣


縦方向(実際には緯)に縞状の区画がなされ、その内部に細密な点描を交えた絣文様 が多色で繊細に表現された絹絣、手の込んだボーダー文様をあわせ全体及び細部に美の宿る一枚です。

クラン(ラック)の赤と黄・藍の天然染料による巧みな色彩表現、目の詰んだタイトな綾地の織り、イサーン南部に生活するクメール系の人々が手掛けたマットミー古手作品の特徴を兼ね備えたもので、上質なカンボウジュ種の絹糸と天然染料の地の素材を用いていた時代の貴重な残存作例となります。

タイにおいて”絣”は一般的に”マットミー”と呼ばれますが、このスリンの地では、本品のような縞状にデザインされた古典様式のものは”ミー・ホール(mii hol)”の別称が付されており、作品からは長きの伝統に培われた染織作品としての落ち着きと格調の高さが感じられます。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●参考画像 カンボジアで織られた同種デザインの絹絣(サンポット・ホール)

クリックすると元のサイズで表示します

製作年代 20世紀初め  素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料/綾地・緯絣

※上画像はRIVER BOOKS刊「Traditional Textiles of Cambodia」より転載いたしております

2015/10/25

クメール王朝期 黒褐釉陶器・刻線瓶  古陶磁



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 クメール王朝 現タイ東北部 ブリラム周辺  製作年代 12−13世紀
サイズ 胴径:約10.5cm、高さ:約15cm、口径:約4cm


本品は胎土と釉の質感・色調、刻線装飾の表情から現タイ東北部ブリラム(Buriram)周辺で製作されたと推察できるもので、クメール王朝後期・褐釉系陶器の典型作例のひとつとなります。

ふっくらとした胴部・端整なつくりの盤状の口・肩部に廻らされた力強い箆刻線のバランスは秀逸で、素朴な中にも洗練と格調、引き締まった自律美を薫らせるものとなります。

形姿の優美さと釉の枯れ表情が最大の見所ですが、この視覚的な愉しみとともに、両掌で包み持った際の”たなごころ 感”が何とも味わい豊かで、手にしていると、心は数百・千年の時空を旅しつつ、和みと癒しが染み入ってくるような一品でもあります。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2015/10/23

トンレサップ川を遡って  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 カンボジア・プノンペン〜シェムリアップにて)


2015/10/21

織物の村で  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 カンボジア・タケオ州 プノンチソールにて)


2015/10/19

織物に生命を吹き込む鳥の綜絖吊り滑車  生活と祈りの道具




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部  製作年代 20世紀初め


自分たちが滑車の車輪を回しているというような、生き生きとした躍動感溢れる意匠・愛らしい表情が印象的な織機部品の滑車。仏教に縁の聖鳥ハムサ・小鳥が表わされたものとなります。

実際にこの滑車が付された機で織物がつくられていた際のことを想像すると、カタカタと滑車の車輪が回る動き(振動)とともに脚や翼が動いているように見え、織りの中で糸が糸が擦れて キュッと絹鳴りする音は天を仰ぎ啼くハムサの姿と重なって目に映ったことでしょう。

滑車の車輪を回し織物の完成に手を貸してくれるのは神仏(の使い)であるとのデザイン的メッ セージが伝わってくるものであり、古のクメール染織と信仰の結び付きの深さが伺われます。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2015/10/17

カンボウジュ種絹×天然染色×経緯絣  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 タイ・イサーン地方南部 スリン  製作年代 20世紀前期〜半ば
民族 クメール系タイ人
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料/平地・格子、経絣及び緯絣


単調な表情ともなりがちな縞格子の文様の中、縦へ横へとランダムに奔る軽妙な経緯の絣表情に目を惹きつけられるクメール・スリンの絹織物。

カンボウジュ種黄繭の手引き絹を天然染料で多色に染め、経緯の縞(格子)とともに経緯の絣を織り入れた20世紀前期〜半ばの作品で、特筆すべきは縞格子を経緯できっちりと染め織りする中で、絣の白斑箇所のみ配置をランダムに変化させている... つまり一括した括り染めを行ってはおらず、相当に手間隙の掛かった手の込んだつくりのモノであることが確認できます。

絣とともに縞格子の色構成も繊細で、表面上は(遠目では)すぐには判らないような細部に意匠を凝らし神経を注いた、糸・染料作りから始まる手仕事の織物の素晴らしさを実感いたします。


クリックすると元のサイズで表示します

2015/10/15

カンボウジュ種蚕(黄金繭)の養蚕風景  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 カンボジア・シェムリアップにて)


”黄金繭”の呼称から、山繭等の野蚕(やさん)つまり野生種のように思われることも多いカンボウジュ種蚕の絹繭ですが、実際には家蚕(かさん)つまりカイコガの一種であり、屋内で人の手で大切に育てられることではじめて、美しい色と豊かな質感を有する糸が得られるものとなります。

また”カンボウジュ種”の名称から、カンボジア固有のものとも看做されがちですが、カンボジア・タイ・ラオス・ベトナムのインドシナ半島部諸地において(現存・消失を含め)養蚕の歴史・伝統を辿ることができます。

しかしながら、この養蚕地の分布は、時代を遡るとクメール王朝の範図とほぼ重なるものであり、数百〜千年を遡る彼の時代に想いを馳せ、歴史物語の浪漫を味わうことができます。




●参考画像 アンコールワット壁レリーフに見られる女神が履く織物の腰衣

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 カンボジア・シェムリアップにて)

2015/10/13

緻密な両面浮文が見事なクメール・スリン織物  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


タイ・イサーン地方南部のスリンに生活するクメール系の人々(クメール・スリン)が手掛けた本布は、カンボウジュ種絹を素材に、天然染料により黄(経)・臙脂(経)・山吹(緯)・紺(緯及び経)に染めた4色の糸遣いで平地の格子に織られた腰衣としての織物で、”算崩”状の文様は、地緯の紺糸を巧みに浮かす”浮織”により表現されたものとなります。

特筆すべきは布両面で”算崩”が精緻に表現されている点で、紺糸は両面で交互に浮きつつ格子組織と緻密に組み合わされ破綻の無い文様が織り描かれている様子を確認でき、その技巧の卓越ぶりと織物の完成度の高さに目と心を奪われます。

この算崩デザインの織物はタイ現地で”ラチャワット(rat・cha・ wat)”と呼ばれ、主にタイ南部(マレー半島北部)に生活するマレー系の人々(ムスリム)が伝統的に手掛けてきたものですが、タイ東北部のクメール系の人々がこの種の織物を製作していたことは広くは知られておりません。

カンボジア内のマレー系チャム人の手による染織に同種のものが存在することから、クメール人とチャム人の関わりの中で製作の伝統が継承されてきたものとも考察することができます。




クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 タイ・イサーン地方南部 スリン  製作年代 20世紀前期〜半ば
民族 クメール系タイ人
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料/平地、地組織(地緯)での両面浮織






●参考画像 カンボジア内に生活するチャム人の手による絹格子・浮織の布

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


製作地 カンボジア・コンポンチャム  製作年代 19世紀末〜20世紀初頭
民族 チャム人
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料/平地、地組織(経緯)での両面浮織



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ