2015/12/30

本年もありがとうございました  分類なし



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 ママサ・トラジャにて)

新しい年の平安を心より祈ります

----------------------------------------------------

【イオ・ライフ・マーケット 年末年始の営業について】

●ホームページの営業(商品発送)

◆年内は12月30日(水)が商品発送最終日となります

◆年明けは1月4日(月)より商品発送開始となります


●店舗の営業

◆年内は12月30日(水)が最終営業日となります。

◆年明けは1月3日(日)よりご予約により営業いたします。

お越しの前日までにメール若しくはお電話にてご予約ください。

2015/12/28

お目出鯛(よい)年を祈って 鯛の筒描き馬掛け  染織




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 日本・山形県 庄内地方  製作年代 19世紀末 明治時代初中期
素材/技法 木綿、天然藍、天然顔料(ベンガラ)/筒描き
サイズ 幅:35cm、全長:266cm


来る年の吉祥・平安を祈りつつ、年末最後に「鯛模様・筒描き馬掛け布」をご披露させていただきます。荒波を乗り越え、良い年となりますように。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2015/12/26

17−18c古渡り 手描きインド更紗裂  染織



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド南東部 コロマンデル海岸エリア  製作年代 17−18世紀
素材/技法 木綿、天然染料/手描き、媒染、防染、片面染め
裂サイズ 幅:60cm、縦:65cm(最長部)


本品は細手の手紡ぎ糸を素材に目の詰んだ平滑な織りがなされた上手木綿地に、カラムカリ(手描き)の媒・防染染めによって手の込んだ絵柄が表わされたもの、イスラーム様式(アラベスク模様)を香らせるデザイン構成の作品で、インドネシア・スマトラ島ランプン交易向けのインド更紗として知られるものとなります(※ただし同手でトラジャ交易向けや日本交易向けも確認される)。

茜媒染染めの赤・紫・黒及び藍染めの縹(空藍)の色味の力強さ、カラムカリによる緻密な絵付けが見事、更に2百数十〜3百年の時を経て色褪せず深くかつ鮮麗に残る色彩の堅牢度は驚嘆に値するもので、いまも生命を失わない色・柄の意匠とその完成美に目と心を奪われます。

江戸時代初中期の日本にももたらされ、大名・貴族・茶人等に愛玩された手のもの、歴史の浪漫を薫らせる古渡りインド更紗の名品裂です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2015/12/24

江戸中期(18c後) 縞木綿 二景  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本 ※地域不詳  製作年代 18世紀後期(〜19世紀初め) 江戸時代中期
素材/技法 木綿、天然染料/平地、経縞




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本 ※地域不詳  製作年代 18世紀後期(〜19世紀初め) 江戸時代中期
素材/技法 木綿、天然染料/平地、経絣、経緯縞(糸脱落あり)


18世紀に入ると日本の国産木綿栽培は各地で軌道に乗りはじめ、渡り木綿(奥嶋唐桟・渡り嶋物等)に刺激された和物”縞木綿”の生産及び需要熱が高まっていく(庶民層にも広がっていく)様子が、歴史書・日記等の記載及び浮世絵等絵画の描写により確認することができます。

取り分け、享保の改革(18c前)と寛政の改革(18c後)での衣の倹約令は、絹偏重の上層階級衣装モードに変革をもたらし、相対的に”国産木綿織物の地位向上”へと繋がっていきます。

画像上、茶藍”万筋嶋”の縞木綿裂は、明らかに舶来”唐桟留(とうざんどめ)”の影響が色濃く感じられる織り意匠のもので、目の詰んだ織りと一見すると絹と思えるような光沢感のある藍糸の入った平滑な布表情が特徴的、武家の袴地として使用されたものの解き裂となります。

画像下、タテ絣入り縞木綿裂は、本来は絹繻子で色光沢ともに鮮やかに織られた舶来の交織布(インドのマシュルーとする説あり)を祖型とし、これが木綿に写されたものと考えられており、18世紀後半以降、庶民層(町人女)の日用着として流行した様子の記録が残されております。

経と緯の糸抜け箇所は、鉄媒染の濃茶染め糸が腐蝕脱落したものですが、部分的に絹糸が配されていた可能性も考えられます。

2015/12/22

2015年 現地で入手に至らなかった一枚  染織



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)


17c古渡りインド更紗。オランダ東インド会社が香辛料交易用としてトラジャにもたらし、この地で聖なる布”マア”として300余年にわたり伝世されてきた一枚。藍地キンマ模様が印象的です。

2015年、旅先で出会いがありながらも入手の縁には恵まれなかったモノのうちの一つです。

あたり前のことですが、入手したものしかご披露することができない... 入手・ご紹介の喜びの影に、ご紹介に至らなかった残念な(心残りの)品モノたちもあります。

17cのインド更紗を無造作にコンクリの床に広げ、トラジャコーヒーを飲みながら数十分あれこれ和やかに会話を交わしながらも、肝心の商談は不調に終わりました。

2015/12/20

江戸期 絣入り縞木綿裂  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本 ※地域不詳  製作年代 19世紀(江戸時代)
素材/技法 木綿、天然染料/平地、経縞、緯絣


本品は薄茶(淡灰)染めの木綿糸を経緯とする地に、茶経糸の太縞、両脇に藍経糸の細縞を配する”子持ち縞”として織られた経縞の織物で、その中に黒(濃灰)染めの緯(ぬき)の絣糸が散りばめられた”絣入り・多色縞木綿布”となります。

繊細に紡がれた細手の木綿で密に織られており布表情・手触りは平滑、短繊維の国産木綿を紡ぎ・染め・織った江戸期の絣入り縞木綿としては上手(じょうて)と呼べるもの、高級な袴地等として手掛けられたことが推察されます。

国産木綿を素材に、紡ぎ・染め・織りに職人手仕事の技が駆使された、古き良き日本の木綿染織の時代が偲ばれる、江戸期縞木綿古裂の薫り高き逸品です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2015/12/18

”蓮華文”打ち出し 銅製腰黒薬缶(水次)  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本 ※地域不詳  製作年代 19世紀末〜20世紀初め(明治時代)
素材/技法 銅(素銅)/鍛造、鑞付、打ち出し


本品は素銅(すあか)を素材に鍛造・鑞付により成型、打ち出しにより加装が施された中型やかんで、口蓋が付され、胴下部(腰)が黒色とされた”腰黒薬缶”のデザイン様式である点から、茶道の水次(水注)として手掛けられ用いられたものと考察されるものとなります。

胴上部と蓋に大振りな”蓮華文”の連続文様が打ち出し技法により彫り描かれ、仏教的な風雅を加えており、高度な職人手仕事により流麗かつふくよかに表わされた蓮弁が本やかんの最大の見所となっております。

経年・使用により自然に纏った素銅の古色、全体をほんのりと覆う”緑青”、打ち出し”蓮華文”のコンビネーションに格別の滋味が感じられる一品です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2015/12/16

江戸後期 ”夕鶴模様” 京・紅板締め裂  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本 京都  製作年代 19世紀(江戸時代後期)
素材/技法 絹、紅花染料/板締め(夾纈染め)


本布は薄手の平絹地に”夕鶴模様”が可憐な色柄表情で染められた襦袢裂で、橙色の色味は紅花染め+黄はだの上掛け染めで表わしたと考察できるもの、紅花染料と板締め、いずれも高度に熟練した職人技術が必要な染色技法であり、素材・技法・意匠あいまって、独自の様式美と完成美、そして時代に固有の空気感が薫ってまいります。

高度な紅花染めと板締めにより表現された”夕鶴模様”の表現が何とも秀逸で、華やぎと儚さが同居するような叙情豊かな色柄表情に目と心を奪われます。

蛇腹状に布が折り畳まれ板締めで染められる工程が、絵柄の交互反転具合から確認できます。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2015/12/14

江戸末〜明治 豊穣(豊漁)祈願の筒描き・絵幟  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本 ※地域不詳  製作年代 19世紀後期(江戸時代末〜明治時代初期)
素材/技法 木綿、天然染料(顔料)/筒描き、描き染め、両面染め


全長数mに達する縦長の布地に華やかかつ躍動感溢れる武者絵・願掛け絵等の染め付けがなされた絵幟旗は、江戸時代の庶民文化の発達とともに全国で手掛けられるようになったと考えられており、端午の節句や村の神社(鎮守)のお祭りの際に掲げられる伝統を有してきました。

本筒描き絵幟は、幟下部のメーンの絵付け部分が切り取られた裂で、絵の題材から端午の節句用ではなく、豊穣(豊漁)祈願の意の込められたお祭りの際の幟旗(裂)と推察されます。

華やかな羽織を纏い、一部が龍と化した赤付け髪姿の翁が三色の珠状の供物を奉げる姿が、筒描き(蝋描き)と藍染め及び顔料の描き染め・摺り込み等の技法を交えて流麗かつ力強い表情で表わされており、随所から絵師(染め師)の技量の高さが伺えるところとなります。

特筆すべきは天然染料と天然顔料を駆使した完成度の高い絵付け、それが布両面で細部も破綻なく見事に表現されている点で、作品からは江戸時代から明治初期までの筒描き絵幟固有の色香と存在感、そして祈りの精神性が薫ってまいります。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2015/12/12

江戸初中期 木綿地・染め分け型染め布  染織



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本 ※地域不詳  製作年代 17世紀−18世紀初め(江戸時代初中期)
素材/技法 木綿、天然染料(顔料)/型染、片面染め


国産木綿と特定できる短繊維紡ぎのザックリした織り地に、”散らし模様(黄)・青海波うさぎ(茶)・梅唐草模様(黒)”が段状に染め描かれた、三色染め分けの型染め布。

本型染め裂は、袋物の裏地とされ使用頻度の少ないまま保存されてきたため、劣化が進まずに残っていたもので、江戸初中期の色定着の不充分な顔料摺り込みの多色型染布が、三百年の時を経ながら全色とも力強い色味を保ち続けているのは奇跡的と言うことができます。

現代の目には素朴な布と映りますが、当時としては高度な職人手仕事が掛けられた木綿地・型染め布であり、糸・色・模様のそれぞれから、時代に固有の色香が濃密に薫ってまいります。

当初は何の使用目的のために作られたモノなのか、想像を巡らせるのも愉しい一枚です。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ