2016/2/29

高床穀物庫アランの天部装飾  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)

2016/2/28

”ドティ・ランギ=天界の班点”が描かれたトラジャ染織  染織



●染めとスリット織及び絣の併用染織 儀礼用の衣布
クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インドネシア・スラウェシ島 西スラウェシ州若しくは南スラウェシ州
製作年代 19世紀
民族名 製作者:ロンコン人? / 使用者:サダン・トラジャ人
素材/技法 木綿、天然染料、顔料/平織・スリット織、捺染、描き染め、経絣(スリット部分)



●浮文の二色二重緯紋織 儀礼用の褌
クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インドネシア・スラウェシ島 南スラウェシ州  
製作年代 19世紀
民族名 製作者:サダン・トラジャ人 / 使用者:サダン・トラジャ人
素材/技法 木綿、天然染料/平地、緯紋織(二色二重)



●手描き媒染による両面染め 儀礼用の幟幡
クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インドネシア・スラウェシ島 西スラウェシ州若しくは南スラウェシ州  
製作年代 19世紀
民族名 製作者:ママサ・トラジャ人若しくはサダン・トラジャ人 / 使用者:サダン・トラジャ人
素材/技法 木綿、天然染料/手描き、媒染(泥の鉄媒染含む)、両面染め

2016/2/27

19c泥(鉄)媒染・両面染め 失われしトラジャ更紗  染織




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


製作地 インドネシア・スラウェシ島 西スラウェシ州若しくは南スラウェシ州
製作年代 19世紀
民族名 製作者:ママサ・トラジャ人若しくはサダン・トラジャ人 / 使用者:サダン・トラジャ人
素材/技法 木綿、天然染料/手描き、媒染(泥の鉄媒染含む)、両面染め
サイズ 56cm×254cm


全長2m半に達する存在感溢れる意匠の本布は、祭事の幟幡として用いられたと考えられておりますが、布を所蔵・継承してきたサダン・トラジャ人の間でも明確な記録(記述)は残されておらず、出自や製作当時の用途等についておぼろな口承(記憶)のみが今に伝わる作品です。

明らかなのは、本布がスラウェシ島のトラジャ地域で手掛けられたものであること、今では製作されていない途絶えた伝統の染織であること、外来のインド更紗等とともに聖なる布”マア”と看做され、長い年月にわたり大切に保管・伝世がなされてきたという事実及び現在の姿となります。

作品の特徴としては、手紡ぎ・手織り木綿地に複数の媒染剤の描きが布両面から行なわれ、天然染料の浸染により模様付けがなされている点で、泥内の鉄分を利用する所謂泥染めが併用されている様子も伺われ、一見すると素朴な色柄の染め布ながら、百余年を遡る時代の木綿染め布としては、専門的な媒染技術(知識)に裏打ちされた高度な染織作品と言うことができます。

インドネシアの伝統染織と位置づけられる蝋を用いた防染による染め物(=バティック)ではなく、防染を前提としない媒染を主技法とする染め物(=インド更紗的染色)を志向している点に、この種の古い時代のトラジャ染織の独自性と特殊性があると考察されます。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)

2016/2/26

今も村々の生活の場であり続ける舟形屋根  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)

居住スペースとしての家屋”トンコナン”と穀物を中心とする貯蔵庫”アラン”

2016/2/25

17c手描き”幾何学&ゴマ手鋸歯文”インド更紗  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド南東部 コロマンデル海岸エリア  製作年代 17世紀
使用地(渡り先) インドネシア・スラウェシ島トラジャ
素材/技法 木綿、天然染料/手描き、媒染、防染、片面染め
サイズ 88cm×204cm

このアラベスク風の模様は一般的にはスマトラ・ランプン渡りのイスラーム向けデザイン様式として知られるものですが、本布は17cにスラウェシに渡りトラジャ伝世布とされた点でやや特殊な部類のものと考察されます。そしてランプン渡りでは平滑な木綿地が主流ですが、本品は鬼手に近い木綿地であること、88cm×204cmとサイズが小ぶりである点にも特徴が見出せます。

何と言っても藍地と茜地を巧みに交えて染め描かれた文様密度の濃い”アラベスク模様”の色柄の美しさは格別であり、本体部の"線”での表現、ボーダー部の”点描(ゴマ手)”での表現のコントラストにも秀逸な味わいがあります。時代が育んだ空気感と色香に惹き込まれる一枚です。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します

2016/2/24

バティック模様の祖形となった古渡り期のインド更紗  染織



●17世紀 手描きインド更紗 トラジャ渡り
クリックすると元のサイズで表示します


●バティック カウォン模様 製作開始時期はおおよそ18世紀後期〜
クリックすると元のサイズで表示します


日本へはシルクロード〜中国由来の織物文様(錦等の絹織物)として仏教伝来の時代前後に伝わったと考察され、その後長きにわたり愛好されてきた”(花)輪違””七宝”のモチーフですが、インドからインドネシアへはインド更紗、つまり染め物の模様を通して伝わったものと考えられます。(近似する文様自体は時代を遡るヒンドゥの建築彫刻等でも確認することができる)

このモチーフはインドネシアでは”カウォン”と呼ばれますが、ジャワの王国において、大柄の”カウォン”は宮廷の禁制模様とされるほど高貴かつ重要な文様として取り扱われてきました。

2016/2/23

17c手描き”花輪違文”インド更紗裂  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド南東部 コロマンデル海岸エリア  製作年代 17世紀
使用地(渡り先) インドネシア・スラウェシ島トラジャ
素材/技法 木綿、天然染料/手描き、媒染、防染、片面染め
裂サイズ 28cm×32cm

輪が上下左右に交叉しながら連鎖的な模様を構成する”輪違(わちがい)”の文様が手描き多色染めで表現された17c作のトラジャ渡りインド更紗裂。輪の各処に”花”を表わすモチーフが散りばめられており、”花輪違文(はなわちがいもん)”と呼称するのが相応しい作例です。

本インド更紗の大きな特徴は、茜地と藍地がほぼ同じ面積比率で入っていることで、媒染による”茜浸染”と防染による”藍浸染”の双方を巧みに組み合わせた、高度かつ手の込んだ製作技法の作品と言うことができます(茜地でありつつ藍地でもあるという両義的インド更紗は少ない)。

大陸由来の”輪違””花輪違”の文様は、古来より日本でも馴染みが深く、本インド更紗は日本向けの”古渡りインド更紗”であったとしても違和感の無いもののように思います。17世紀、江戸初期の大名・貴族・茶人が本裂を目にしていたとしたら、大いに愛玩したものと想像されます。

繊細でありながらふくよかさを兼ね備えた木綿地、明瞭で力強い染まり感を有する色彩、フリーハンドで流麗に描かれたカラムカリの描線、時代に由来する濃密な空気感と精神性が布上に凝縮したインド更紗であり、時代が変わると、この表情は表れ出ることがなくなりました。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2016/2/22

トラジャ人の誇りでもあるトラジャコーヒー  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)

2016/2/21

田園地帯の奥の森にある王族のお墓  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)

2016/2/20

祭事での噛み嗜好品”キンマ”の儀礼  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)




●水牛とキンマの葉(生命樹)の壁面装飾 ママサ・トラジャ
クリックすると元のサイズで表示します


●水牛とキンマの葉の混交意匠(角・耳がキンマの葉) タナ・トラジャ
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ