2016/3/31

18cペルシャ更紗 フリーハンド手描きによる連続文様  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 イラン ※インドで製作後にイラン渡りの可能性あり
製作年代 18世紀
素材/技法 木綿、天然染料/手描き、媒染(茜)、描き染め(藍)、表面糊引き
サイズ 43cm×65cm


飛鳥〜奈良時代に大陸から日本にもたらされ、有職文様のひとつとして尊ばれてきた”立涌(たてわく)文様”の発祥地はペルシャと考察されております。

本ペルシャ更紗は、立涌状の唐草模様と立花模様がガラムカール(カラムカリ)で染め上げられた18世紀の作例ですが、連続文様をフリーハンドの手描きで表わしている点に、この時代の更紗絵付け職人の極意が感じられます。

立涌模様のひとつひとつは、縦方向・緯方向ともに微妙に大きさ・かたちが異なり、立涌の膨らみの中に描かれた立花模様のひとつひとつも花の表情が異なる。

この更紗のどの部位を見ても”美と生命が横溢している”理由はここにありと実感されます。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2016/3/30

白狐さまの土地  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
(写真 日本・奈良県 大和郡山市にて)

2016/3/29

19c琉球王朝期 木綿地・紅型裂  染織



クリックすると元のサイズで表示します

●水色地雪輪枝垂桜に菖蒲模様


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 琉球王国(現日本国・沖縄県)  製作年代 19世紀 琉球王朝期
素材/技法 木綿、天然顔料、天然染料/型染、糊防染、地返し、片面染め
サイズ 17cm×54cm ※横方向は型紙全形に満たない部分裂


●参考画像
本紅型の使用型紙(と同型)と考察される琉球王朝時代の白地型紙
三分二中手模様−大柄 36cm×42cm

クリックすると元のサイズで表示します

沖縄県立芸術大学附属研究所所蔵(鎌倉芳太郎資料)




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2016/3/28

ほんのり色づき始めた桜蕾の頃  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 日本・京都府京都市 嵯峨野にて)

2016/3/27

白地茜花散らし模様 18c手描きシャム更紗裂  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 インド南東部 コロマンデル海岸エリア  製作年代 18世紀
渡来地(使用地) シャム王国 〜 日本 ※或いは直接日本に渡来
素材/技法 木綿、天然染料/手描(カラムカリ)、媒染、防染


繊細に手紡ぎされた細手の木綿糸で密に織られた上手の白(無染)木綿をベースに、総手描き(カラムカリ)により明礬と鉄漿の媒染描きがなされ、茜浸染により”花蔓模様”が染め上げられたインド更紗裂。上の画像を一見したところではシャム渡りに典型的な意匠上の特徴を見出すことができませんが、同布のボーダー柄部分(下画像)を見ると”瓔珞模様””仏塔状ヤントラ模様”等のシャム(タイ)特有の仏教的意匠が多重ボーダーとして描かれており、”シャム更紗”であることが特定できるもの、その中央部本体柄が本布となります。

仏教に縁の瓔珞・唐花風の流麗かつ繊細な意匠は安土桃山〜江戸初中期の日本においても大名・貴族を中心とする富裕層の茶の湯等の裂地として”暹羅染(シャムロ染め)”の名称で珍重・愛好され、南蛮紅毛貿易の産品としてシャム王国経由及び直接的に日本にもたらされたことが記録により確認でき、実際に本布と近しいデザインの白地茜花模様のインド更紗を当時手掛けられた更紗裂帖(手鑑)の中に見出すことができます。

本体柄は具象と幾何学の花々を織り交ぜた”花散らし模様”として構成されており、白地と茜媒染の赤濃淡及び鉄媒染の黒のバランスが秀逸、裂上のどの部位を見てもカラムカリの筆致は踊るような動きと流麗さがあり、目にしていると作品の世界観に深く惹き込まれます。


●同布のボーダー部分裂
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2016/3/19

3月21日〜26日は仕入れのため休業いたします  分類なし



クリックすると元のサイズで表示します


3月21日(月)〜26日(土)は、国内での仕入れのため休業をさせていただきます。

3月末より新たな仕入れ品、陽春の季節ならではの瑞々しく生命力に満ちた染織作品をご披露させていただきます。江戸期の古染織・渡り染織が中心となります。

店主 丸山


クリックすると元のサイズで表示します

2016/3/18

スラウェシ渡り 15−16c青花蓮弁花唐草文壺  古陶磁



クリックすると元のサイズで表示します


製作地 ベトナム北部  製作年代 15世紀〜16世紀 黎朝期
渡来地(蒐集地) インドネシア・スラウェシ島 南スラウェシ州パロポ
種類 青花(染付) 白磁胎、コバルト顔料
サイズ 胴径:約8cm、口径:約2.2cm、底径:約4.8cm、高さ:約8cm、重さ156g


中国・景徳鎮の青花の影響を受け、14世紀半ば頃に焼造が始まったと考えられているベトナム青花ですが、15〜16世紀には海洋交易の時流に乗り、インドネシア・フィリピンを中心とする東南アジア及び日本等の東アジア、さらには西アジアにまで品モノが運ばれ、交易用染付磁器としての最盛期を迎え、固有の作風を築くとともに作品の完成度を増していきました。

本品はインドネシア・スラウェシ島南西半島部の内陸東に面する交易港”パロポ(Palopo)”にもたらされたもので、”トラジャ交易品”の部類に入る渡り古陶磁となります。

口部が立ち上がったやや肩張りの球形小壺で、肩部に葉文状の”蓮弁”をめぐらし、胴部には横方向におおらかに広がる花唐草文が表裏二個所に柔らかな曲線で端整に染め描かれたもの、上釉の乳白色掛かった和らぎある風合い、濃み(だみ)を加えて描かれた呉須のやや暗色掛かった濃藍の色表情に中期ベトナム青花の特徴があらわれており(17c〜の後期は”絞手”に代表される作風)は、器形・釉調・絵付の全体から洗練かつ可憐な印象が感じられる小品です。

海洋交易の時代の空気を封じ込めたスラウェシ渡り青花、歴史の浪漫が薫る一品です。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2016/3/17

儀礼の場に華を添える盛装姿の子供たち  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)


多色縞の衣装とビーズ・ワークの装身具で華やかに着飾った子供たち(男女)は、結婚式等の祝祭及び葬祭の儀礼の際に、賓客と精霊・先祖をお迎えする役割を担います。

伝世品ともされる格の高いビーズ・ワーク装身具”カンダウレ”(前出)を身に着けるのは、もう少し年齢の高い未婚女性で、いずれも伝統宗教”アルク・トドロ”に基づく神職(シャーマン)の補佐的な役割であることから、”巫女”に近しい存在に位置づけられるものとも考察されます。

2016/3/16

凛々しき表情の聖牛テドン・ボンガ  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)


”水牛(テドン)”は、トラジャの人々にとって富と地位(ステータス)を象徴する生き物、神聖視されるとともに供犠獣ともされる特殊な慣習を有してきました。

同じ水牛でも、身体の大きさ・肌の色・毛並みと色(模様)・目の色・角の形や大きさ等によって細かくランク付けされ、標準ランクの水牛=”単位水牛”は、水牛以外の財産にまで及ぶ相続時の計算基準とされるほどです。(例:○○地域の水田一反=単位水牛○頭分)

上写真”テドン・ボンガ(まだら牛)”は、一頭だけで単位水牛二十頭分以上となる最上位ランクの水牛で、まだら模様の入り方等でさらに価値評価が上下する特別な存在となります。

2016/3/15

日常生活の中に息づくバティック  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ