2016/6/30

”生命樹”デザイン 合金製・彫金アムレット  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド ジャンムー・カシュミール州 シュリーナガル
製作年代 18−19世紀
素材 合金製、色ガラス


本品はインド・カシュミール地方シュリーナガルの地で、18世紀〜19世紀に手掛けられたと推定できるもので、銀製ではなく合金製のものである点が第一の特徴、しかしながら銀製の代替品やフェイク品ではなく、当時の世襲の熟練彫金職人(シルバー・スミス)が合金の地金を素材に、巧みな鍛造・打ち出し・彫金・ろう付け等の技巧を駆使して生み出した一級の工芸作品であることをアムレット本体及び手の込んだチェーンとカザリパーツのつくりから指摘することができます。

このデザイン様式の装身具は、主にペルシャ・中央アジア・パキスタン・インドのイスラーム・コミュニティの間で古い時代から使用されてきたものとなります。赤は魔除け及び生命力を表す色であり、この種のアムレットにはカーネリアンやガーネット等の色石若しくは色ガラスが用いられ、本体は唐草・生命樹・羊の角等の吉祥・豊穣を表す彫金モチーフで彩られてきました。

豊穣を表す”生命樹”が力強く躍動感溢れる刻線で描かれ時代物固有の色表情と深みを湛える赤色ガラスがセットされた本体部、繊細なパーツで構成されるチェーンと垂れカザリ、高度かつ繊細な手仕事による意匠の完成美に魅了される一品です。




●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2016/6/29

マニ車と紡錘車と  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド ジャンムー・カシュミール州 ラダック地方 ラマユル近郊にて)

マニ車を回すように、生活の中で時間さえあればスピンドル(紡錘車)を回し続け糸を紡ぐ行為は祈りに通じているのかもしれません。

2016/6/28

19c初 カシミヤ綾地・刺繍”アームリカル”(3)  刺繍




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド ジャンムー・カシュミール州 シュリーナガル  
製作年代 19世紀初め アフガン期
素材/技法 カシミヤ山羊の内毛(うぶ毛)、天然染料/2/2綾組織、刺繍、アームリカル
サイズ 横幅67cm、縦42cm


ムガル治世下に”綾地綴織”の織物として技術の完成をみたカシミール・ショールですが、織物一枚の製作にあまりに労力・時間が掛かりすぎ、国内外からの需要が高まる中、綴織一枚織物(カニカル)に比べ製作時間の短縮が望める刺繍物(アームリカル)がアフガン期に登場します。

しかしながら、目にした際に明らかに刺繍と判別できるようなものは、貴族・富裕層のための高級衣料”カシミール・ショール”として受け入れられるものではなく、代用品及び汎用品のレベルを遥かに上回る高度な刺繍技術による細密刺繍ショールが生み出されることとなります。

本品は2/2綾組織によるオフホワイトの織り地が極めて高品質で、高級パシュミナたる織り密度の高さと柔らか味を兼ね備えており、それ故に織り地と刺繍の糸目とが見事に馴染んでおり、肉眼で一見したのみでは織りか刺繍かを判別するのは困難と言える秀逸な作品です。

刺繍の細密ぶり・色彩の美しさ・デザインの精巧さが際立つ”初期アームリカル”の名品裂です。



●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2016/6/27

19c初 カシミヤ綾地・刺繍”アームリカル”(2)  刺繍




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド ジャンムー・カシュミール州 シュリーナガル  
製作年代 19世紀初め アフガン期
素材/技法 カシミヤ山羊の内毛(うぶ毛)、天然染料/2/2綾組織、刺繍、アームリカル




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2016/6/26

19c初 カシミヤ綾地・刺繍”アームリカル”(1)  刺繍




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド ジャンムー・カシュミール州 シュリーナガル  
製作年代 19世紀初め アフガン期
素材/技法 カシミヤ山羊の内毛(うぶ毛)、天然染料/2/2綾組織、刺繍、アームリカル




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2016/6/25

青い空と馬たちと  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド ジャンムー・カシュミール州 ソナマーグにて)

2016/6/24

19cカシュミール−モチ刺繍(3)  刺繍




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 インド ジャンムー・カシュミール州 ※グジャラート州の可能性あり  
製作年代 19世紀後期 ドグラ期
素材/技法 木綿地、絹刺繍、天然染料/平地、タンブルワーク(モチ様式刺繍)
種類(用途) 祝祭儀礼用の敷き布 ルマル
サイズ 約170cm×約170cm


本品は外観的には19世紀中後期のドグラ期(英国植民地下のヒンドゥ藩国)にカシュミールで手掛けられた刺繍(アームリカル)作品中の”ミニアチュール(細密画)風ショール”等と呼称されるデザイン様式のもので、布全面を彩る人物・鳥獣の具象モチーフ及び地模様が“鉤針=アリ(ari)”を用いた”タンブルワーク(ルーピングステッチ)”で細密に表現された作品となります。

しかしながら、カシュミールにおける”ミニアチュール風ショール”は概ね織り地及び刺繍(織りの場合あり)、若しくはそのいずれかに”カシミヤ(パシュミナ)”が用いられるものであり、本作品のように織り地に木綿、刺繍に絹が用いられたものは類例が限られる特殊なものと位置づけられ、カシュミール作と特定するに至る要素・根拠には欠けるものと考察されます。

人物や馬等の描き方は明らかに近世グジャラートにおいて宮廷・貴族・富裕商人のための刺繍を手掛けた職能集団モチ共同体の手による”モチ刺繍”の影響を伺わせるもので、カシュミールに存する刺繍職人がグジャラートの宮廷・貴族の求めによりモチ様式の作品として製作したもの、或いはグジャラートにおいてカシュミール・ショール風デザインの敷き布ルマルをモチ刺繍職人が製作したもの、双方の可能性が想定されるところとなります。

いずれにせよ、並々ならぬ高度かつ熟練した職人技術と手間隙が掛けられたもので、作品の全体及びディテイルからは当時の宮廷・貴族向けモチ様式刺繍に固有の意匠の完成美・濃密な色香が薫ってまいります。歴史の浪漫が薫るインド・アンティーク刺繍の名品です。




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2016/6/23

19cカシュミール−モチ刺繍(2)  刺繍




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド ジャンムー・カシュミール州 ※グジャラート州の可能性あり  
製作年代 19世紀後期 ドグラ期
素材/技法 木綿地、絹刺繍、天然染料/平地、タンブルワーク(モチ様式刺繍)




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2016/6/22

19cカシュミール−モチ刺繍(1)  刺繍




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド ジャンムー・カシュミール州 ※グジャラート州の可能性あり  
製作年代 19世紀後期 ドグラ期
素材/技法 木綿地、絹刺繍、天然染料/平地、タンブルワーク(モチ様式刺繍)




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2016/6/21

19−20c初 刺し子&刺繍”ラクシュミー”カンタ  刺繍



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 インド・ベンガル地方 現バングラデシュ・ジョソール
製作年代 19世紀後期〜20世紀初め
素材/技法 木綿地、木綿刺繍/刺し子、刺繍
サイズ 72cm×81cm


蓮華、孔雀、象、魚、生命樹... 女神ラクシュミーを祝福するモチーフが生き生きと刺し描かれたヒンドゥ教徒の手による刺し子&刺繍布”カンタ”。

印パ分離独立前、19世紀後期〜20世紀初めのベンガル地方ジョソール(現バングラデシュ)における作例で、ルマル・チャクラ(掛け布)或いはボスタニ(包み布)として手掛けられたもの。

赤・青・橙の木綿糸を素材にステムステッチによる線描及び”チャタイ(chatai)”と呼ばれる縫取風の断続したダーニングステッチを主体にモチーフ描きがなされ、地の白木綿全面に白糸による緻密な刺し子が加えられたもの、ボーダー文様の”ボテ”から中央部の”蓮華”まで、無数に散りばめられた大小モチーフは端整でありながらも硬さが無く大らかで生き生きとしており、作品からは技術的な素晴らしさとともに、祈りとともに手掛けられた古い時代のオリジナル・カンタのみが有する生命感の豊かさ・精神性の深みが薫ってまいります。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




●本記事内容に関する参考(推奨)文献



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ