2016/9/29

19c江戸末 縞木綿(佐治木綿)裂  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本 兵庫県丹波市(丹波国佐治村) 
製作年代(推定) 19世紀後期 江戸時代末
素材/技法 国産木綿、天然染料 / 平地、縞格子
サイズ 幅(緯):32.5cm、長さ(経):72cm

この”佐治木綿”は、江戸後期に織られ始め、輸入木綿の紡績糸と機械織の布が市場を席巻する明治中後期までの比較的短い期間に丹波国佐治村で製作されたローカルな織物です。

本布のように経糸・緯糸ともに木綿で織られたものと、緯糸に”絹つまみ糸”(引き始めの繭表層の荒糸)を加えた交織の布(後世”丹波布”と呼称された著名織物)があり、いずれも木綿・絹の糸及び染料を土着の素材で完成させている点に独自性を有し、藍にプラスし、はんの木、しきみ、やまもも、栗皮等々の野山で採取される草木や実を様々に掛け合わせて用いることにより、本布にも見られるような独特の色彩感を有する縞織物を生み出したと考察されております。

本品は栗皮から抽出した染料の媒染と天然藍の掛け合わせで発色させた佐治木綿固有の”緑色”が滋味豊かな一枚、手紡ぎ木綿の一糸一糸、草木染料で表わされた一色一色に愛おしさが感じられるような手仕事の縞木綿であり、江戸期”佐治木綿”の貴重な残存作例です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ