2016/10/29

19c 木版”白地花散らし文”インド更紗裂  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド北西部 ラージャスタン州若しくはグジャラート州
製作年代(推定) 19世紀初期
素材/技法 木綿、天然染料/木版捺染、媒染、描き染め(藍)
サイズ 横幅:55cm×縦:95cm


白地を埋め尽くすように配された”多弁花””葉””花びら”の散らし模様が印象的なインド更紗。

繊細に紡がれた細手の木綿糸で織られたやや薄手の木綿地をベースに、木版により”明礬””鉄漿”の媒染剤を押塗し茜浸染により花・花弁及び葉の輪郭の”赤””黒”を発色、その上から”黄染料”を木版捺染で色付けし、葉を彩る水藍がカラム(筆)で描き染めされた片面染めの作品です。

”多弁花”の意匠はどこかヨーロッパ風を思わせる表情のもので、インドネシアや日本等のアジア向け交易更紗及びインド国内向けとは一風異なる雰囲気を感じさせるもの、特定は出来ませんが、色柄の雰囲気からヨーロッパ向けに手掛けられたものの可能性を指摘できます。

茜赤・黒・黄・水藍、二百年前後の時を経て色褪せることなく瑞々しい生命感を呈し続けるインド更紗固有の木綿媒染技術は見事、歴史の浪漫を薫らせる19cインド更紗の稀少作例です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2016/10/27

秋の野で  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


(写真 日本・奈良県 天理市にて)

2016/10/25

19c江戸後期 経緯絣入り・縞木綿布  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本 地域不詳  
製作年代(推定) 19世紀前期 江戸時代後期
素材/技法 木綿、天然染料/平地、縞織、経緯絣
サイズ 幅(緯):27cm、長さ(経):31cm


本布は白と薄茶の木綿(薄茶は茶綿の可能性有り)を経緯とする経縞をベースに、藍染めの経絣と茶染めの経緯絣が織り込まれたもの、手紡ぎ・手結い・天然染色の木綿縞絣としての瑞々しい生命感が感じられる一枚で、取り分けリズミカルに配された”井桁文”経緯絣の表情に格別の秀逸な味わいがあります。

国産木綿を素材とするこの質感と表情を有する木綿縞絣は、江戸時代末〜明治初期には急速に失われてしまったものであり、19世紀前期までの限られた期間にのみ生み出されたものであることが、残存する作例及び当時作られた裂帖により確認することができます。

古き良き日本の木綿染織の時代が偲ばれる、江戸後期・木綿縞絣の薫り高き逸品裂です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●参考画像 同時代(江戸中後期)の木綿縞絣が蒐められた江戸期の裂帖 
クリックすると元のサイズで表示します
※上画像は平凡社刊「別冊太陽 木綿古裂」より転載いたしております




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2016/10/23

秋曇天  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 日本・奈良県 天理市にて)

2016/10/21

19c琉球王国 首里”浮文&捩織”花織  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 琉球王国(現日本国・沖縄県) 首里
製作年代(推定) 19世紀後期 琉球王朝期
素材/技法 木綿、天然染料 / 平地、浮文織、捩織
サイズ 幅(緯):27cm、長さ(経):58cm


”首里花織”は、琉球王府の王族・士族層の織物として発展した首織織のひとつで、素材面・技巧面を併せて、王国の中心地たる多様で格調の高い織物が生み出されました。

本花織は、経に白・茶・空藍・濃藍の4色の木綿糸、緯に白・空藍・濃藍の三色の木綿糸が配され、平織を基本組織としながら、文様を構成する部分は”紋織”に”捩織”を交えた高度かつ複雑な織りにより布両面で破綻の無いの”浮花文”が表現されたもの、技巧的には”両面浮花文”の一種と位置づけられる作例となります。

特筆すべきは経緯に用いられている木綿糸の柔らか味とふくよかさで、織りは緻密でありながら布及び文様には硬い表情が無く、手紡ぎ・手繰りの木綿糸を腰機で織り上げた王朝期織物に固有の優美な表情が感じられます。

”紋織”と”捩織”を駆使して表現された10の点とそれを繋ぐ放射状の線からなる”群星文様”、その緻密な織り表情が秀逸であり、織物がかもす独自の色香と完成美に目と心を奪われます。

細太の交わった(あえて均質化しない)ふくよかな木綿糸によって地織と紋織の一織り一織りがなされており、同一(連続)パターンながら”群星文様”の表情はひとつひとつ微妙に異なるといった作品であり、そこに最大の魅力と見所が感じられます。

素材・技巧・意匠及び精神面のすべてにおいて今では再現することのできない、王朝期・首里”浮文&捩織”花織の薫り高き逸品裂です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2016/10/19

16−17c明 繻子地”紗綾形・花文”繻珍裂  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 中国 明朝  
製作年代(推定) 16−17世紀
渡来地・使用地 日本 安土桃山〜江戸時代初期
素材/技法 絹、天然染料、銀平箔/経繻子地、緯紋織、別絡
サイズ 横幅(緯):34cm、縦(経):23cm


“繻珍”は繻子(朱子)組織をベースに、多色の絵緯により文様を織り出す広義の錦織物を指し、明朝期の中国で織り始められたとされ、金襴・緞子等とともに袈裟・仏具及び茶の湯を中心に日本でも珍重された特別な舶来織物の一つに挙げられます。

本繻珍裂は、経糸に薄金茶の絹糸が配され経の繻子で組織された中(白地の範疇に入るもの)に、白、薄紅、浅葱、水藍、群青及び銀平箔(表面の銀はおおむね脱落)の6色の絵緯を用いた緯紋織により”紗綾形(卍繋ぎ)”の地文及び“牡丹””“唐花””梅花”等の花文が繊細に描き出されており、経糸の薄金茶を含めると“七彩”が用いられたもの、繻珍の語源とされる“七糸緞(しちしたん)”の原型を伺うことの出来る秀逸かつ瀟洒な作例となります。

繻子を構成する経糸の絹は極めて細手で、繻子光沢の気品ある美しさは特筆すべきもの、さらに6色の絵糸により巧みに描き込まれた紗綾形・花文の優美な表情からは、名物裂ともされた高貴な織物特有の精神性と幽玄性、完成された様式美を感じ取ることができます。

安土桃山〜江戸初期に遡る渡り繻珍の格調高き逸品、時代の浪漫に惹き込まれる一枚です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します


●参考画像(下) 明朝期作の近似する意匠の繻珍裂

クリックすると元のサイズで表示します

※上画像は京都書院刊「名物裂」より転載いたしております





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2016/10/17

秋陽光  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 日本・東京都 国分寺市にて)

2016/10/15

17−18c 鬼手”茜地花瓔珞文”インド更紗裂  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド南東部 コロマンデル海岸エリア
製作年代(推定) 17世紀〜18世紀
渡来地・使用地 インドネシア 〜 日本 ※或いは直接日本に渡来
素材/技法 木綿、天然染料/木版捺染及び手描き、媒染、片面染め
サイズ 43cm×44cm


鋸歯文様(ギザギザ文様)の亜種と考察されるペンダント状の”花瓔珞文様”が二重で配された多層ボーダー・デザインに独自の表情と新鮮味が感じられる17−18cインド更紗裂。

鬼手木綿の豊かな質感と茜赤の濃厚な色味、茶人好みと呼べる糸味・染め意匠の鬼手茜地更紗であり、画像で目にできるように包裂とした際の絵柄の出方にも秀逸な味わいがあります。

当時インドのみが有していた木綿を濃厚な色味に染め上げ定着させる高度な媒染技術、更に3百年前後の時を経て色褪せず深くかつ瑞々しく残る茜赤の色彩の美しさ、歴史の浪漫を薫らせる古渡り期インド更紗の逸品裂です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2016/10/13

19c江戸後期 白綿×茶綿・縞木綿裂  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本 ※地域不詳 
製作年代(推定) 19世紀 江戸時代後期
素材/技法 国産木綿(白綿及び茶綿)、天然染料/平地、縞格子
サイズ 幅(緯):36cm、長さ(経):61cm


本布は経に白・茶・水藍・濃藍、緯に白・濃藍の木綿糸が配され、平織により縞格子文様が織り上げられたもの、短繊維の国産木綿を手紡ぎし・手織りした江戸期木綿織物に固有の、鬼手に類する粗々しい紡ぎ感・糸味が見た目及び触感からも感じられるところとなります。

特筆すべきは経縞を構成する茶色の糸は染めではなく”茶綿(ちゃわた)”を素材とする生の色である点で、本布は”白綿”と”茶綿”の交織布と呼べるもの、染めが行なわれているのは天然藍で淡く染めた”水藍”と濃く染めた”濃藍(勝色)”のみであり、最小限の染めで、ここまで多彩かつ華やぎある色表現に成功している点で特異かつ秀逸な作例と言うことができます。

江戸中後期は太平の世を背景に国産木綿の栽培が幾つかの土地に根付き、生産の拡大がはかられていた時代、インドの唐桟や中国の唐木綿、所謂”嶋物”を手本に日本の縞・格子の木綿織物が急速に発展をとげた時期とも指摘されるところ、本織物は品種改良の進む前の粗い木綿の特性を色柄及び布の質感に巧く生かした作例と位置づけられるものです。国産木綿を素材に紡ぎ・染め・織りに職人手仕事の技が駆使された、江戸期縞木綿古裂の薫り高き逸品です。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2016/10/11

17−18c 鬼手”茜描き格子文”インド更紗裂  染織




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド南東部 コロマンデル海岸エリア
製作年代(推定) 17世紀〜18世紀
渡来地・使用地 インドネシア
素材/技法 木綿、天然染料/手描き、媒染、片面染め
サイズ 横幅:22cm×縦:21(22)cm


細太の手紡ぎ感が強く出た”鬼手(おにで)”の木綿地に、カラムカリ(手描き)の技法により細密な格子文様が染め描かれた、17−18c作インドネシア渡りのインド更紗裂。

下に掲載の参考画像の作品のような、上下に鋸歯文様を配したスバギ様式のインド更紗の本体柄部分であったと考察されるもので、縦横ともに明礬媒染(=赤に発色する)の線を約2mm間隔の二重線(二筋縞)で描き上げ、その間に明礬+鉄漿媒染(=紫に発色する)を塗り、茜染料に浸染することで、二色遣いの格子文様を表現したものとなります。

一見するとラフな染めのものとも思えますが、横幅は1m前後・縦は2m前後の長さを手描きの二重線でむらなく引き、さらに二重線内の1.5mm程度の隙間(無数の隙間)に点々と紫に染める部分の媒染液を筆(カラム)で置いていくことで細部に破綻の無い文様を完成させているわけであり、並々ならぬ手技と根気が加えられた木綿染め物と言うことができます。

緻密な連続文様でありながら、出来上がりの表情は硬く神経質な雰囲気とはならず、大らかで柔らか味や伸びやかさがある...これが当時の交易染織・渡りインド更紗の真骨頂とも感じます。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します







●参考画像 手描きで格子状文様が描かれた近似する意匠のインド更紗
クリックすると元のサイズで表示します

※上画像は京都書院刊「知られざるインド更紗」より転載いたしております

クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ