2017/2/28

コーヒスタン〜チトラルのカフィール彫刻像  技巧・意匠・素材




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 パキスタン・カイバルパクトゥンクワ州 ペシャワール ペシャワール博物館にて)

2017/2/26

インダス・コーヒスタン ”生命樹文”刺繍サッシュ  刺繍





クリックすると元のサイズで表示します


製作地 パキスタン・カイバルパクトゥンクワ州 インダス・コーヒスタン地方 Indus Kohistan
製作年代(推定) 20世紀前期
民族名 コーヒスタン族(Kohistan)
サイズ 横幅:23cm、全長:127cm(フリンジ部分除く)
素材 木綿地、絹刺繍、ロシア製銅版更紗(裏地)


パキスタン北西部のカイバル・パクトゥンクワ州“インダス・コーヒスタン地方(Indus Kohistan)”に生活する「コーヒスタン族(Kohistan)」の手による、祝祭用の刺繍サッシュ。

“コーヒスタン族”は古来よりこの地方に生活する先住民族であり、パシュトゥーン系民族の流入により生活エリアを辺境の極小地域に狭められながらも、独自の生活文化を守り続けてきた少数民族となります。コーヒスタン族は、チトラル渓谷に生活する“カラッシュ族(Kalash)”と同様、その多くが近年までイスラーム化を拒みカフィール(異教徒)として生活をしてきた人々であり、彼らの手掛ける衣装や装身具は、他に類するモノの無い独自の様式美が薫るモノとなっております。

本刺繍サッシュは1m20数cmの長い布上に一本の“生命樹”が流麗な枝ぶりとともに伸び伸びと力強く描き込まれた作品、その生命感溢れる刺繍モチーフに目と心を奪われます。

外界と隔たった辺境山岳地帯で、土着の信仰のもとに生きてきた民のもとに伝え継がれてきたモノならではの、どこか神秘的かつ新鮮味溢れる意匠に魅力を感じる一品です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2017/2/24

19cラージプト絵画 「踊りのポーズをとる貴婦人」  絵画




クリックすると元のサイズで表示します


製作様式 インド細密画 ラージプト絵画・ジョドプール派(Jodhpur school)若しくはナゴール派(Nagaur school)
製作年代(推定) 19世紀後期(〜20世紀初め)
材質 紙、顔料、金彩、額装
サイズ 額全形:横22.0cm×縦28.7cm、画:横11.0cm×縦18.0cm


踊りのポーズをとる貴婦人(宮廷女性)の姿が描かれた“ラージプト絵画・ジョドプール派(Jodhpur school)”として19世紀後期作インド細密画。

高級な絹ブロケード若しくはカシミヤ錦の衣裳と装身具を身に着けた貴婦人が野外で踊りのポーズをとる姿が叙情豊かに描かれたもので、単純化された背景と緻密な筆致の女性描写との組み合わせはラージプト絵画に典型的な作例と言うことができます。

春の到来を象徴する緑の背景と下生え及び雷雲が金彩遣いで描かれており、”春の喜び””恋の予感”をモチーフとした作品であることが伺えます。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2017/2/22

古代とんぼ玉&ローマングラスビーズ  装身具




クリックすると元のサイズで表示します

製作地(推定) 西アジア・地中海域等
出土地 アフガニスタン / 蒐集地 パキスタン北西部 ペシャワール
製作年代(推定) 紀元前3世紀〜紀元3世紀頃
材質 ガラス(古代ガラス)
サイズ 直径(最小)2mm〜(最大)10mm、平均5〜6mm


アフガニスタン出土の古代とんぼ玉&ローマングラスビーズ53玉。西アジア・地中海域等で製作され交易品として当地にもたらされたもので、製作年代は紀元前3世紀〜紀元3世紀頃までと推定できます(蒐集地はパキスタン北西部のペシャワール)。

古代交易の時代に想いを馳せながらひとつひとつの形・色・模様を鑑賞することに、尽きせぬ愉しみと浪漫が感じられる品モノです。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2017/2/20

春一番の日に(2)  日常風景




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 日本・東京都 荒川区にて)

2017/2/18

春一番の日に(1)  日常風景




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 日本・東京都 荒川区にて)

2017/2/16

村から布・衣装を担いで行商に  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 中国・貴州省 黔東南苗族トン族自治州 凱里にて)

2017/2/14

中国・苗族 蝋纈染め布団表 菱地紋入り  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 中国・貴州省 黔東南苗族トン族自治州
製作年代(推定) 20世紀初め〜前期
民族名 苗(ミャオ)族
素材/技法 木綿、天然藍/菱地紋入り織布、ろうけつ染め、二枚接ぎ
サイズ 横幅80cm(二枚接ぎ)、全長148cm


苗(ミャオ)族は、婚礼支度品として様々な種類の染織・刺繍作品を手掛ける伝統を有します。

この二枚接ぎ大判の布団表は、婚礼支度品の中でも多大な手間隙と技巧を凝らして作り上げる特別な品モノとなります。木綿藍染め地をベースに、花蝶鳥等の吉祥モチーフが手描きのろうけつ染めで描き出される作品は、主に黔西〜黔東南エリアに生活するミャオ族の間で優れた技巧・意匠の伝統が培われてきました。

本布団表は、自家製の手紡ぎ・手織りの木綿地を台布に、線描・点描のろう描きによって花鳥蝶及び水棲生物の吉祥柄が染め出された一枚です。手紡ぎ木綿の豊かな質感、高度な技巧による菱地紋の織り、独特の深みを湛えた天然藍の染め、力強く流麗なフリーハンドのろう描き絵、お嫁入りのため作り手が祈りとともに丹精を込めて手掛けた作品としての生命感が薫ります。

苗族に伝わる染織文化・精神文化の特質が伺える、芸術性溢れる藍蝋纈染め布団表です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2017/2/12

19cラージプト絵画 「聖者から護摩祈祷を受ける女性」  絵画




クリックすると元のサイズで表示します


製作様式 インド細密画 ラージプト絵画
製作年代(推定) 19世紀
材質 紙、顔料、金彩
サイズ 紙全形:横12.2cm×縦19.8cm、画部分:横9.2cm×縦15.7cm


隠遁修行する聖者を訪ね、護摩祈祷を受ける貴婦人の姿が描かれた“ラージプト絵画”としての19世紀作インド細密画。

漆黒の闇夜に護摩を焚き祈祷を受ける聖者と女性の姿が、背景は華飾を廃し人物表現は緻密に描かれた秀逸な場面構成と空気感を有する一枚です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2017/2/10

遠くの村から籠を背負って  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ラオス・フアパン県 ヴィエンサイにて)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ