2017/3/30

通りすがりの情景 カンボジア・ベトナム国境  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 カンボジア南部 メコンデルタ(ベトナム国境))

2017/3/28

通りすがりの情景 タナ・トラジャ  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)

2017/3/26

通りすがりの情景 車江三宝侗寨  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 中国・貴州省 車江三宝侗寨にて)

2017/3/24

インド・ビハール ミティラー画  絵画




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド・ビハール州 ミティラー地方(Mithila)
作者 バーティ・ダヤル(Bharti Dayal)
製作年 2000年
材質 紙、天然水彩絵の具


「ミティラー画(マドゥバニ・ペインティング)」は、インド・ビハール州北東部とネパール南東部にまたがって位置する”ミティラー地方”(マドゥバニは、主たる製作地の村々を擁するインド側にある街の名前)で、3千年にわたって母から娘へと継承されてきた伝統的民俗絵画です。

本来は家の泥土壁を彩色する”マッド・ウォール・ペインティング”として伝えられてきたモノであり(紙に描かれるようになったのは比較的近年)、農牧生活の豊穣・家族の幸せ等を神々に祈りながら描かれてきました。絵のモチーフは、神々や人・動物・太陽や月など自然と創造に関わるものが中心となります。

本画はミティラー画家の”バーティ・ダヤル”がビハールの牧歌的風景を描いたもので、彼女はこの絵を製作した2000年に「Bihar State Award」、2001年には「Millennium Award from All India Art and craft」を始めとする数多くの美術・伝統工芸賞を受賞したのち、2006年にインド政府から「National Award」を授与されました。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2017/3/22

通りすがりの情景 バガン  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ミャンマー・マンダレー管区 バガンにて)

2017/3/20

通りすがりの情景 ペシャワール  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 パキスタン・カイバルパクトゥンクワ州 ペシャワールにて)

2017/3/18

通りすがりの情景 ブージ  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・グジャラート州 カッチ地方ブージにて)

2017/3/16

黄金色の寺院がある聖地で  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・パンジャーブ州 アムリトサルにて)

2017/3/14

遍在するクリシュナ神  生活と祈りの意匠




クリックすると元のサイズで表示します

●シルバー製アムレット
製作地 インド ラージャスタン州
製作年代(推定) 19世紀〜20世紀初め


クリックすると元のサイズで表示します

●水彩画
製作地 インド ビハール州
製作年代 20世紀末


クリックすると元のサイズで表示します

●多色刷り石版画
製作地 インド マハーラーシュトラ州
製作年代(推定) 20世紀初め


クリックすると元のサイズで表示します

●木綿地絹刺繍
製作地 インド ヒマーチャル・プラデッシュ州
製作年代 20世紀後半

2017/3/12

ラヴィ・ヴァルマー・プレス 20c初インド石版画  絵画




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド マハーラーシュトラ州ロナウラ
製作年代(推定) 20世紀初め
材質/技法 紙製、厚紙(台紙)に貼られたもの/多色刷り石版プリント
サイズ 二点ともほぼ同一 横幅:約26cm×縦:約37cm


現在インドで目にするヒンドゥの神々のカラフルかつポップな(大衆化された)イメージは、画家”ラージャー・ラヴィ・ヴァルマー”(1848−1906)が描いた宗教画と、その時代の印刷技術の向上・大量印刷の汎用化によるところが大きいと考察されています。

ラヴィ・ヴァルマーは神話の世界の神々を人間の姿で洋画の技術によりリアルに描き、英国植民地下のナショナリズムの高まりの中、これがインドの神々のヒロイズム像及びアイドル像として民衆に受容され、後世定着していくこととなります。

本ポスター画二点は、ラヴィ・ヴァルマーがドイツの石版印刷技術を導入し19世紀末に開いた石版印刷所”ラヴィ・ヴァルマー・プレス(RAVI-VARMA-PRESS)”が発行したもので、ボンベイからマハーラーシュトラ州ロナウラに印刷所が移された20世紀初めの作品です。

ラヴィ・ヴァルマー・プレス製作のこの種のプリント画は20世紀初めに大量生産されたものではありますが、第二次世界大戦とインド独立運動の混乱期に多くが失われ、残存するものは貴重な資料と言うことができます。インド・コロニアル時代の空気感と色香が薫る多色石版画です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ