2017/5/31

19c ブロケード裾布&縞絣(文様切替) 儀礼用絹絣  染織





クリックすると元のサイズで表示します


製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 19世紀後期
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 綾地・緯絣、ブロケード(経紋織)、裾布の絣は平織
サイズ 縦(緯)96cm(本体82cm+裾布14cm)、横幅(経)326cm

カンボジア南部で19世紀後期に手掛けられた宮廷・寺院儀礼用の絹絣”ピダン”。

王国を守護する”蛇龍神ナーガ”がジグザグ(山道)模様で表わされた3mサイズの作品で、布中央部で文様切り替えとなっており、片方(右側)には絣入りの多色縞が縦方向(緯)に細かく配された特殊なデザインのもの、さらに本品には絣とブロケード(経紋織)が一つの織物に同時に表わされた細幅(14cm巾)の布が裾布として付されており、通常とは異なる特別な宮廷儀礼・宗教儀礼のための腰衣チョンクバン或いは掛け布ピダンとして用いられたことが伺えます。

そして単にデザイン・仕様が特殊なだけでなく、絣のつくりは極めて手が込んでおり秀逸、ラック染めの赤は朱・赤・紅と繊細な色の変化があり、プロフー染めの黄(山吹)は色味が鮮やかで力強く、プロフーと藍が掛け合わされた緑の色グラデーションには得も言われる豊かな味わいがあり、斑状の白絣が入った多色縞の巧緻な表現をあわせ、並々ならぬ高度な括り・染め・織りの技術により製作された作品であることを指摘することができます。

裾布の細幅織り布は、これ専用の機を用い緻密な意匠の絣と経紋織技法のブロケードを一枚に織り込んでいく特殊なもの、20c半ばには製作の伝統が失われてしまっており、織り始終が整い”寺院文様”の織り込まれた本布は、これのみで資料的に極めて貴重なものと言えます。

一枚の布に様々な技巧が駆使された織物、美の生命が細部に宿るクメール染織の名品です。







クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2017/5/29

19c ”ナーガ&聖鳥文” 宮廷儀礼用絹絣  染織





クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 19世紀後期
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 綾地・緯絣
サイズ 縦(緯)91cm×横幅(経)346cm

カンボジア南部で19世紀後期に手掛けられた宮廷儀礼用の絹絣”ピダン”。

布全面に大小の蛇龍神”ナーガ”が躍動感たっぷりに菱状に配され、その中に多数の聖鳥ハムサが散りばめられるように描かれたもので、”ハムサを守護するナーガ”と解釈されるデザイン構成の一枚、上下のボーダー柄を含めて括り染めの細密度合いと精緻さは特筆すべきものであり、色彩の力強さを併せ、目にするものを圧倒する存在感と精神性を薫らせます。

本品のように、龍(ナーガ)の頭や目がしっかり描かれている(抽象化・簡略化されていない)モノは、アンティーク・ピダンの中でも年代の遡る作品に多いことが知られており、残存する類例及び織り布の質感から、本品は19世紀後期に王都プノンペンの宮廷内若しくはコンポンチャムで手掛けられたものと考察されます。

この”ナーガ&聖鳥文”ピダンは、王都宮廷において、取り分け完成度の高さを追求した種類の織物で、同種デザインのものがシャム王国を筆頭に、遠くはヨーロッパやアメリカに19cを中心に贈答品等として渡り、現在それらは各国の著名博物館に所蔵されている様子を確認できます。

近世クメール染織が素材面・技術面で最も充実した時代の一級作品、貴重な残存作例です。







クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2017/5/27

20c前 カンボウジュ種絹×天然染色 格子織布  染織





クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 20世紀前期 1930〜40年前後
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 均等平地、格子織
サイズ 幅(緯)62cm×全長(経)166cm

カンボジア南部の地で20世紀前期に手掛けられた絹格子織布”クロマー(krama)”。

経・緯ともにカンボウジュ種絹の手引き細糸を素材に緻密かつ端整な均等平地の格子で織り上げられた一枚で、巧みな配色・構成で表現された格子の色彩の美しさが際立つ作品です。

一見すると化学染料とも思えるような鮮やかな色が並びますが、実際には”プロフー”二種媒染の山吹と緑、”ラック”二種媒染の赤と紫、これに無染の白を加えて織り上げたと考察されるもので、染色技術の高さが光るとともに、高度な視覚効果の計算がなされている様子が伺えます。

鮮やかな色味で目に映るオレンジ色は、実際は”山吹”と”赤”のドット(点)で構成されたもの、経緯同密度の”完全均等平地”で緻密に織り上げることで、この鮮やかかつ力強い色彩が表出するものとなります。緑色や紫色の鮮やかさも経緯のドットで生み出されていることが判ります。

”完全均等平地”は、一織り一織りに織り手の手指の繊細な神経が加えられること無しには完成に至らないもの、高度な手仕事による所産であり、今では失われし素材・技術の作品です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2017/5/25

19c末〜20c初 絹玉虫織・腰衣”サンポット・パムアン”  染織




クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 19世紀末〜20世紀初め
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 平織、赤(経)×緑(緯)の玉虫織
サイズ 縦(緯)88cm×横幅(経)304cm

カンボジア南部の地で手掛けられた絹玉虫織・腰衣”サンポット・パムアン”。

”パムアン(pha maung)”は、経緯同色若しくは経緯異色で織られる”単色の衣布”を指すもので、祝祭時や寺院詣で等の正装用、王宮における儀礼用として色に意味づけがなされ、主に長丈のチョンクバン様式の腰衣として着用される伝統を有してきたものとなります。

経緯異色のパムアンの中で、本布のように経に赤、緯に緑を配し玉虫光沢を表出させた緑色の織物は”コー・ティア(アヒルの首)”と呼ばれ、正装用の特別な腰衣として好まれてきました。

本パムアンは、上質なカンボウジュ種絹を素材に、経はラック染めの赤、緯はプロフーの鉄媒染と思われる緑に染められた糸を配し、平地の玉虫織で織り上げたもの、布両端には”赤×赤”の赤地と”赤×黄”の山吹地(細縞)のボーダー柄が表わされており、色柄に格別の完成度の高さが感じられ、特別な用途でのチョンクバンとして製作・使用されたことが伺える作品です。

目の詰んだ緻密な織りから表出される玉虫光沢には得も言われる気品と格調の高さが感じられ、高度な天然染色による色彩の美しさ・力強さは並々ならぬもの、19c末〜20c初期作”サンポット・パムアン”玉虫織布の一級作品であり、今では失われし古(いにしえ)の絹織物です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




●参考画像 絹絵絣ピダンの中に描かれた緑色のサンポット・パムアン
クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2017/5/23

19c末〜20c初 儀礼用・絹絞り染め布  染織




クリックすると元のサイズで表示します


製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 19世紀末〜20世紀初め
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 巻き締め絞り、縫い締め絞り
サイズ 78cm×79cm

カンボジア南部の地で19世紀末〜20世紀初めに手掛けられた儀礼用の絹絞り染め布。

本布のような四隅にコーナー柄を有する正方形に近い作品は、儀礼用の頭巾”キエト”或いは袱紗(小型のふろしき)として用いられたと考えられています。本品は約80cm四方の大きさがあり、頭巾として用いられた可能性が高いと推察できるところとなります。

カンボウジュ種絹を素材とする柔らかくかつ目の詰んだ上質な平織り布を台地に、四隅に縫い締め絞りの三重の弧文様、中央部には大小の一目絞りが菱格子状に配され、黄茶色の下染めのうえに鉄媒染によるラック染めと思われる紫掛かった臙脂色の染めがなされたもので、繊細な手仕事による絞りと深みのある天然染色の色彩に得も言われぬ豊かな味わいが感じられます。

特筆すべきは、この種の正方形・左右上下対称柄の絞り染めは布を折り畳んで”重ね絞り”を行なうのが通常ですが、本作品は一目ごと個別に巻き・縫いの絞りを行なっている点で、ディテイルを良く見るとパターンをわざと崩す遊びの要素を目にすることができ、相当に手の込んだ特殊な技巧が加えられている様子を確認できます。

布全形がしっかり保たれた本デザイン様式・サイズの絹絞りは極めて貴重なもの、現在では失われし伝統の所産であり、幻の染織とも呼ばれる稀少性・資料的価値を有する染織作品です。






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2017/5/21

トンレサップ川で  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 カンボジア・プノンペン近郊にて)

2017/5/19

20c後 クメール ”帆船&寺院文”儀礼用絹絣  染織





クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部 若しくは カンプチア・クロム(※ベトナム側メコン・デルタ地方)
製作年代(推定) 20世紀後期 1960〜70年
素材/技法 絹、天然染料、化学染料 / 綾地・緯絣
サイズ 縦(緯)91cm×横幅(経)308cm

カンボジア南部若しくはカンプチア・クロム(※)で手掛けられた、儀礼用の絹絣”ピダン”。

船・寺院・供物・蛇龍神ナーガ・獅子・生命樹・聖鳥ハムサ・魚等、多数の具象文様が織り表わされた絵絣タイプ・3mサイズの儀礼用掛け布”ピダン”で、製作年代は1960〜70年前後と推定される比較的新しい作品ながら、アンティークに伍する絣の繊細さと出来の秀逸さ、儀礼用布としてのスケール感と荘厳美を薫らせる一枚です。

本品の特筆すべきは、船文様が相当リアルな描写により”帆船”として表わされている点で、この種の布は”シップ・クロス”の呼称で他のピダンとは区別されるものであり、実際に何らかの特別な祝祭儀礼の用途で使われたものとも考察されております。

古の海洋交易の時代の記憶が織り描かれた、歴史の浪漫に惹き込まれる染織作品です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2017/5/17

20c初 魚(双魚)デザイン 織機綜絖吊り滑車  生活と祈りの道具




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 20世紀初め
素材 木製、金具(車輪軸・フック)
サイズ 横幅:約12cm、縦(金具含む):約5.5cm、重さ:約40g(ひとつあたり)

カンボジア南部で手掛けられた織機綜絖吊り用の木製滑車、吉祥・豊穣を象徴する魚(双魚)がデザインされた20世紀初め頃の作品です。

カンボジアやタイ・ミャンマーなど、古くから染織品が宮廷儀礼や仏教儀礼に纏わる装束や装飾のものとして製作が盛んであった土地では、部品の一つ一つに美しい装飾が施された木製及び金属製の織機が用いられていました。

織機を構成する部品(綜絖(そうこう)・筬(おさ)を吊る装置の部品)として使われていた、この手の込んだ”装飾滑車”からは、敬虔な仏教信仰を背景とする、古き良きインドシナ伝統染織の時代が偲ばれます。

染織が神仏への祈りとともにあった時代の所産であり、高度な伝統技術を有する職人手仕事から生み出された意匠の完成美、信仰の精神性に惹き込まれる逸品です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2017/5/15

20c前 タケオ 仏教寺院・掛け布”ピダン”  染織





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部 タケオ Takeo
製作年代(推定) 20世紀前期
素材/技法 絹(カンボウジュ種) ※経の黒糸は紡績糸の可能性あり、天然染料 / 綾地・緯絣
サイズ 幅(緯)84cm×全長(経)274cm

カンボジア南部の地”タケオ”で手掛けられた仏教儀礼用の絵絣ピダン。

仏教寺院において天蓋布や仏像を奉る祭壇の掛け布(後背布)として用いられた系統のもので、推定1930〜40年代の20世紀前期の作品、布端と中央の上下6箇所に布掛けループが付されており、実際に天蓋布・掛け布として使用されたものであることが確認できます。

菩提樹の下の仏陀様と王宮(寺院)とその中の王子の中心に、幟幡を掲げ様々な仕草で祈りを捧げる天女或いは宮廷女性の人物文、獅子や聖鳥ハムサ等の吉祥動物文が繊細かつ生き生きと躍動感たっぷりに染め描かれており、作品がかもす信仰の世界観に目と心を奪われます。

取り分け女性たちが着用する衣裳の表現が秀逸で、巧みに描き分けられた腰衣の絣文様(絣の中に描かれた絣)や幟幡等のディテイルに見飽きることの無い表情の豊かさが感じられます。

より古い時代に宮廷儀礼用のものとして手掛けられたピダンと比べると、諸処に作りの粗さ・甘さが見られますが、大らかかつあたたかみのある絵柄と色彩に、民間使用・庶民のための祈りの布ゆえの慈愛の空気が伝わってくるような、魅力に溢れる一枚です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2017/5/13

20c初 チャム様式 ”生命樹文”絹絣・腰衣  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部 コンポンチャム Kampong Cham
製作年代(推定) 20世紀初め
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 綾地・緯絣
サイズ 幅(緯)81cm×全長(経)190cm

”生命樹(供花)”を中心とする吉祥文様が絵絣として染め描かれた儀礼用の腰衣”サンポット・サムロイ”。その端整かつ生命感溢れるデザイン・色彩の完成美が見事、文様は経緯絣と感じさせるほど緻密かつ流麗であり、括り・染め・織りそれぞれの技巧の高さに圧倒されます。

裾ボーダーに手の込んだ”寺院(の屋根)”若しくは”仏塔”を表わす三角の文様が織り描かれており、”黄”と”藍”の掛け合わせ(或いはプロフーの鉄媒染)による”緑”の色味の美しさが印象的、布左右端の小文入り縞状ボーダーも併せディテイル部分にも格別の味わいがあります。

素材・技術・意匠のすべてに秀でたクメール絹絣の全盛期(充実期)の作例で、同じ素材を用いても現代では再現することの出来ない”精神性の深み”に最大の魅力を感じる一枚です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2017/5/11

19c末〜20c初 儀礼用・絹絞り染め布  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 19世紀末〜20世紀初め
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 巻き締め絞り、縫い締め絞り
サイズ 幅(緯)72cm×長さ(経)166cm

カンボジア南部の地で19世紀末〜20世紀初めに手掛けられた儀礼用の絹絞り染め布。

カンボジアにおいて絞り染め技法による染織作品は一般(民間)には顕著な作例が見られず、宮廷内で儀礼用の頭巾や袱紗等を用途に限定的に手掛けられたと考察されておりますが、宮廷染織については1970年代に始まる長い内戦・圧政の中、技術・人材・作品、文献・資料等に至るまでほぼ全てが消失してしまったため、その全容は未だ充分には明らかとなっておりません。

インドネシア・スマトラ島のパレンバンで手掛けられた絹絞り染め布“プランギ(pelangi)”との技巧及び意匠の相似が指摘されており、マレー世界との海上交易の関わりを下地として、マレー系カンボジア人であるチャム人の手により作られたイスラーム様式の儀礼用布を原初とし、クメール仏教様式が混交した独自の絞り染め作品が生み出されたものとも考えられております。

本布のような鋸歯文状のボーダー柄が布両端に配された大判・長方形の作品は、宮廷において儀礼用の頭巾“キエト(kiet)”や肩掛けとして用いられたと考えられております。

カンボウジュ種絹の平織り布を台地に、一目の巻き締め絞りに一部縫い締め絞りを交えて、点描線の菱格子と5弁の花文(或いは星文)が両端のボーダー柄とともに端整に染め描かれたもので、白抜き、プロフー染めによる黄、ラック染めによる赤、黄・赤重ね染めの茶、黒染料を重ね染めした焦げ茶の5色の色彩表現が見事、取り分け黄・茶・焦げ茶と多層多色で表現された一目絞りに縫い・染め双方での作り手の技巧の高さを伺うことができます。

イスラーム的要素と仏教的要素が混交した、唯一無二の意匠美を薫らせる染織作品です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



●参考作品 絹絞り染め布の他作例 20c前
クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2017/5/9

暑季の色 ゴールデンシャワーツリー  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 カンボジア・プノンペンにて)



クリックすると元のサイズで表示します

2017/5/7

19c チャム様式 ”ナーガ&霊船文”儀礼用絹絣  染織




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部 コンポンチャム Kampong Cham
製作年代(推定) 19世紀後期
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 綾地・緯絣
サイズ 縦(緯)88cm×横幅(経)312cm

19世紀後期にカンボジア・コンポンチャムで手掛けられた”ナーガ&霊船文”の絹絣。

極めて細密な括り染めと明彩のはっきりした多色染めで表わされており、織りのタイトさと布の艶やかさ滑らかさも特筆すべき点、素材の良さと技術の高さは並々ならぬものであり、チャム系の人々が手掛けた宮廷儀礼用絣に特有の表情・雰囲気を感じ取ることができます。


3mサイズの作品で、正装用の腰衣”チョンクバン”或いは儀礼用の掛け布・荘厳布”ピダン”として用いられたと考えられるもので、布中央部でデザイン切り替え(2種類の文様がひとつの織り布で表現されたもの)となっている点が何とも個性的な一枚です。

水と大地を司り、王国を守護する”蛇龍神ナーガ”がジグザグ(山道)模様で表わされている点、双方の絣とも共通しますが、片方(右側)の絣には”船(舳先が龍で表わされる霊船)”と”鳥(聖鳥ハムサ)”が描き込まれており、端整で生き生きとした具象モチーフに目を惹かれます。

この種の”霊船文”が表わされた絹絣は、雨季明けの11月に水の恵みに感謝して行なわれるカンボジアの伝統行事”水祭り”の際に主に用いられてきたとする研究文献の指摘があります。
そしてジグザグ模様の蛇龍神ナーガは大河メコンの雄大な流れを象徴します。

単なるデザインではない、祈りの精神性が文様として織り込まれた儀礼用絹絣の名品です。






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




●参考画像
カンボジアの”水祭り”で川に浮かべられる電飾船(霊船・灯篭流しを象徴する)
クリックすると元のサイズで表示します

※上画像はRIVER BOOKS刊「Pictorial Cambodian Textiles」より転載いたしております




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2017/5/5

17−18cシャム渡り ”紫地縞花唐草模様”インド更紗  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド南東部 コロマンデル海岸エリア Coromandel coast
製作年代(推定) 17世紀〜18世紀
渡来地・使用地 シャム王国 アユタヤ王朝
素材/技法 木綿、天然染料 / 木版捺染及び描き染め、媒染、防染、片面染め
サイズ 22cm×25cm

インドで手掛けられアユタヤ王朝期のシャム王国に渡来した「紫地縞花唐草模様インド更紗」裂。

日本には安土桃山〜江戸初中期を中心に同種のものが古渡り更紗として伝わっており、”段更紗”の呼称で茶の湯裂として愛玩された様子を資料・文献から伺うことができます。

取り分け井伊家に伝わる”彦根更紗”の中に、本裂と同系統の”縞花唐草模様手(段更紗)”を見出すことができ、同時代の交易インド更紗としての浪漫が感じられるところとなります。

本インド更紗の最大の魅力は縞(段)模様を構成する紫と緑の二色の染め色で、鬼手木綿の豊かな質感とこの濃厚な色味に古渡り期インド更紗たる滋味と格調の高さが薫ってまいります。

また布裏も見映えが良く、この布裏を見ると紫は茜媒染、緑は黄と藍(浸染)の掛け合わせと考察され、茜赤による花唐草の流麗な描き染めをあわせ、媒染と防染を駆使した当時の交易インド更紗の技巧を高さを随所に伺うことができます。古渡り期インド更紗の色香溢れる逸品です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します







●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2017/5/3

19c チャム様式 ”絣&紋織併用”ブロケード織物  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部 コンポンチャム? Kampong Cham
製作年代(推定) 19世紀後期
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 平地、緯紋織(※絵緯は多色染め分けの絣糸を使用)→ 緯絣&緯紋織併用技法
サイズ 幅(緯)90cm×長さ(経)182cm

この「”絣&紋織併用”ブロケード織物」は、カンボジアにおけるチャム系染織のひとつと位置づけられるもので、名称のように絣と紋織が併用されたもの、ほぼ他には類例の存在(残存)しない特殊な染織作品となります。

絹平地(赤地)の中に描かれた白・黄・橙・緑・青の紋織文様は、通常であれば、すべての色糸を耳から耳まで通し必要な箇所で必要な色糸のみを引き上げる(=緯紋織)、或いは文様の箇所に限定し短い色糸を個別に配していく(=縫取織)とするところですが、この織物はそのどちらの方法も取らず、予め文様の位置に合わせて糸を染め分け(=絣)、耳から耳まで通した染め分け糸を引き上げ(=緯紋織)一枚の織物を完成させております。

古代王国”チャンパ”の末裔である(と考察される)チャム系クメールの人々の染織は、いにしえの海洋交易の時代の染織文化の伝播を解き明かしていく(例:古琉球染織と古チャム染織の繋がり)ためにも資料的に貴重かつ重要であり、20c半ばからの戦乱の時代にほぼ全てが失われてしまった中、このような布は現在及び未来に光を灯す一枚です。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ