2017/6/29

琉球王国 苧麻”白地斜格子に桜檜扇模様”紅型裂  染織





●両面染め 大模様−大柄
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 琉球王国 沖縄島首里 (現日本国・沖縄県)
製作年代(推定) 19世紀 琉球王朝期
素材/技法 苧麻、天然顔料、天然染料 / 型染、糊防染、両面染め
サイズ 横:14cm、縦:32cm

琉球王朝期の沖縄島首里で手掛けられた「苧麻”白地斜格子に桜檜扇模様”紅型」裂。

苧麻地・両面染めの紅型裂で、地はほんのりと生成りに染められているものの”白地”の範疇に入れられる作例、斜格子を地模様に”檜扇””桜花”等が大ぶりなモチーフ構成で多彩に染め描かれた一枚です。

上から5cmあたりに型紙の送り線(継ぎ目)を確認できますが、縦寸32cmの中に絵柄の繰り返しは無く、実際の縦寸は50cm〜60cm程度、横寸は約40cmの”大模様・大柄”の白地型(紙)が用いられたものと考察されます。

”檜扇””飾り紐””桜花””葉”(最上部の見切れた部分は葉の形から”橘”と思われる)ひとつひとつのモチーフが、巧みな色の掛け合わせや色グラデーションを交えて緻密に表わされており、両面で破綻の無い彩色技術の高さは圧巻のもの、多彩ながらも落ち着きと調和のある色味も秀逸で、19c王朝期紅型の完成度の高さと固有の世界観に深く惹き込まれます。

極めて繊細に手績みされた上質な苧麻遣いの上布、手の込んだ彩色、意匠から伝わる格調の高さから、本紅型は尚王家及び宮廷者(女官等)が用いた夏衣裳”タナシ(ンチャナシ)”とされた布の可能性を指摘できます。裂から衣裳を想像することにも愉しみを見い出せる一枚です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2017/6/27

琉球王国 木綿”花色地蜀江文格子に鶴桜模様”紅型裂  染織





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 琉球王国 沖縄島 (現日本国・沖縄県)
製作年代(推定) 19世紀 琉球王朝期
素材/技法 木綿、天然染料、天然顔料 / 型染、糊防染、片面染め
サイズ 横:12.5cm、縦:25cm

琉球王朝期の沖縄島で手掛けられた「木綿”花色地蜀江文格子に鶴桜模様”紅型」裂。

片面染めの袷衣裳用と思われる紅型裂で、”花色地(ハナイルジー)”と呼称される地色染めのもの、これは朱で下地を染め、動物染料の臙脂を上掛けし色彩を生み出すもので、外来の色料が主素材とされた海洋交易時代・琉球染色の特徴が良く顕われた作例と言えます。

蜀江格子と鶴・葉が群青で表わされ、白抜きされた部位には”黄””朱赤””紅””茶””藍”の多色で桜の花が染め描かれ、”緑(黄と藍の掛け合わせ)”で鶴が染められた箇所も確認できるなど、一見する以上にディテイルの手が込んでいることが判ります。

華やかでありながら色彩に一定の落ち着きと調和が感じられるのが本作品の最大の特徴であり魅力、”天然朱””臙脂””蘇芳”等、王朝期にのみ調達可能であった素材及び特殊な媒染法等の高度な職人技術が加えられた結果と考察されるもの、今では失われし古の染織作品です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2017/6/25

琉球王国 木綿”水色地紗綾形に桜散し模様”紅型裂  染織





●両面染め 染地型・白地型併用
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 琉球王国 沖縄島首里 (現日本国・沖縄県)
製作年代(推定) 19世紀 琉球王朝期
素材/技法 木綿、天然顔料、天然染料 / 型染、糊防染、両面染め
サイズ 横:15cm、縦:18cm

琉球王朝期の沖縄島首里で手掛けられた「木綿”水色地紗綾形に桜散し模様”紅型」裂。

染地型・白地型併用の両面染め作品で、水色の地に太くかつ伸びやかに紫色の紗綾形が唐草状の白抜き桜模様入りで配され、その上から多彩な”桜の花”が散りばめられたもの、鮮やかさと深みを兼ね備えた”水色地”と、天然顔料・染料を駆使したモチーフひとつひとつの色彩の完成度が高く、色柄に息づく瑞々しい生命感に目と心を奪われる一枚です。

那覇市歴史博物館が所蔵する尚王家の衣裳、「黄色地松雪持竹梅模様衣裳」(18−19c作・国宝指定)の裏地・返し衿に用いられているのが、本品と同手型紙で染め色違いの”黄色地紗綾形に桜散し模様”紅型であり、これと同時代作と特定することはできないものの、布・型紙・彩色の完成度の高さから、王朝期・王府首里の正統な職人の手によるものと考察することができます。

古き良き琉球王国の染め布の時代が偲ばれる、19c”古紅型”裂の薫り高き逸品です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●参考画像 同手型紙による黄色地紅型が用いられた尚王家の衣裳

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

国宝「黄色地松雪持竹梅模様衣裳(裏・返し衿:黄色地紗綾形に桜散し模様)」
18−19世紀 那覇市歴史博物館蔵

※上画像はサントリー美術館刊「紅型 琉球王朝のいろとかたち」より転載いたしております







●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2017/6/23

6月下旬は琉球王朝期の紅型をご紹介  




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 日本・沖縄県 那覇市にて)

2017/6/22

風と陽と笑い声が場内を駆け巡る市場で  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 カンボジア・プノンペンにて)

2017/6/20

16−18c 青銅製”仏像”・彫金アムレット  仏神像





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア ※タイで製作された可能性あり
蒐集地 カンボジア
製作年代(推定) 16世紀〜18世紀
素材 ブロンズ(青銅)
サイズ 横幅(最大部)2.6cm、縦(中央部)4.8cm、重さ16g

カンボジア(※)で16〜18世紀に作られた青銅製の”仏像”・彫金アムレット。

この舟形の青銅製彫金作品は、片面に”菩提樹・ナーガの下の坐仏”、もう片面に歩く姿の仏様”遊行仏”が浮彫されたもの、サイズ及び意匠からアムレット(持念仏)的なモノとして手掛けられたことが推察されます。

片面に見られる”菩提樹・ナーガ・坐仏”の配置・デザインは、アンコール期〜ポストアンコール期に手掛けられた”せん仏(及びその青銅製型)”に近しい表情があり、青銅の質感を併せカンボジア製作と考察されるところですが、もう片面の女性的な優美なフォルムの”遊行仏”(背面姿で描かれている)は明らかにスコータイ様式の影響であり、本品の製作地がタイである可能性が指摘されるところとなります。

磨耗の具合やパティナ(緑青)の風合いから相当の長きにわたる年月を経たものと判断できる品モノ、彫金の表情はどこか妖艶で格調高く、信仰の宇宙観に惹き込まれる一品です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/14

20c初 供物用・亀型脚付籃胎漆器  生活と祈りの道具





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ミャンマー中部 ※東部シャン州の可能性あり
製作年代(推定) 20世紀初頭
素材/技法 竹、木(亀の頭・脚)、漆 / 籃胎(竹編み)、黒漆と朱漆による根来状の塗り
サイズ 全長(頭先〜尾部):約36cm、横幅:約27cm、高さ:約10cm、器部の直径:約24cm

ミャンマー中部(※)で20世紀初頭に手掛けられた供物用の亀型脚付籃胎漆器。

敬虔な仏教国ミャンマー(ビルマ)では、仏教法具を始めとする信仰の道具としての漆器製作の伝統を古来より有し、その優れた技術は現在まで受け継がれてきました。

本品は”亀”が象られた供物用漆器で、台部・器部・蓋部の3つのパーツからなり、それぞれが繊細な竹編みにより成型されたもの(脚と亀の頭は木製)、この脚付き・ 蓋付きのドーム型の漆器は”カラト(kalat)”と呼ばれ、仏様に大切なものを奉げるためのもの、寺院・僧院への供物用漆器として、職人への特別な発注により手掛けられる伝統を有してきたものとなります。

台部に脚と頭を付けることで”亀”を表現した比較的シンプルなデザインのものですが、蓋部は丸々とふくよかに成型され、首と尾及び亀の甲には繊細な意匠づけがなされており、ディテイルを良くみると、高度な技術に裏打ちされた見事な完成美を有する作品であることが判ります。

そして黒漆と朱漆の塗りで表わされた深みのある根来の表情は、経年・使用の古色も相俟って、独自の豊かな味わい・格調の高さが感じられます。類例・残存数の限られる資料的に貴重なもの、土地・時代・信仰が育んだ20世紀初頭作”亀型”籃胎漆器の逸品です。






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します







●参考画像 仏塔が象られた供物用籃胎漆器”カラト”
クリックすると元のサイズで表示します
製作地 ミャンマー東部 シャン州  製作年代 20世紀初頭



●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2017/6/12

「〜孤高の完成美〜カンボジア染織の世界」ご紹介終了  




クリックすると元のサイズで表示します

(写真 カンボジア・タケオ州 プノンチソールにて)

5月初め開始の「〜孤高の完成美〜カンボジア染織の世界」は、6月10日ホームページご紹介分が最終となりました。ここまでの期間のお付き合い、誠にありがとうございました。

今後も鋭意、カンボジア染織の蒐集・ご紹介を続けてまいります。次期紹介をご期待ください。

2017/6/10

20c前 格子花文 絹絣・腰衣  染織





クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 20世紀前期 1920−30年前後
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 綾地・緯絣
サイズ 縦(緯)83cm×横幅(経)182cm

カンボジア南部で20世紀前期に手掛けられた絹絣・腰衣”サンポット・ホール・サムロイ”。

黄と赤の点描で表わされる菱格子鉤状文様は水と大地を司る”蛇龍神ナーガ”を表わし、菱格子の中には放射状に広がる”花”が描かれたもの、カンボジア絹絣伝統デザインの作品です。

本サンポット・ホールは、絣模様が緻密かつ端整であるとともに、ラック・プロフー・藍の天然染色を駆使した色彩の完成度が高く、取り分けラックの赤は鮮麗で力強く、プロフーの黄と藍の掛け合わせで表現された”緑”の色味に格別の瑞々しさ・美しさが感じられます。

また上質なカンボウジュ種絹が用いられた織物ならではの、適度な張り感と滑らかさ・柔らか味を備えた布の質感の豊かさも特筆すべきものとなります。

近世クメール染織が素材面・技術面で充実していた時代の一級作品と言える一枚です。






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2017/6/8

20c中 絹絞り染め・頭布”キエト”  染織





クリックすると元のサイズで表示します


製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 20世紀中期
素材/技法 絹、染料 / 平織、巻き締め絞り、縫い締め絞り
サイズ 幅(緯)40cm×全長(経)178cm

カンボジア南部で20世紀中期に手掛けられた、絹絞り染め・頭布”キエト(kiet)”。

本布はカンボウジュ種絹ではなく、ベトナム産或いは中国産と思われる絹を素材とする平織り布と化学染料と思われる染料を主体に手掛けられた20世紀中期頃の作品で、儀礼・祭事用の絹絞り染め・頭布”キエト”としては最後期の作例と考察できる一枚です。

赤紫・藍の単色及び掛け合わせの濃紫と白地の4色で絞りが表現されており、全体を俯瞰すると端整な意匠ながら、絞り目のひとつひとつを見ると大きさや染め表情が微妙に異なり、一目ごとの丹念な手仕事によるものならではの表情の豊かさ・生命感が感じられるところとなります。

20世紀半ばからの戦乱(ベトナム戦争〜カンボジア内戦〜ポルポト政権下)の時代に、このカンボジア伝統染織としての絞り染めは失われしものとなりました。貴重な残存作品です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します








●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2017/6/6

20c初 鳥デザイン 木彫織機パーツ  生活と祈りの道具





クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 20世紀初め
素材 木製
サイズ 全長(幅):約16.5cm、高さ(縦):約4cm、重さ:36g

カンボジア南部で20世紀初めに手掛けられた、鳥デザインの木彫織機パーツ。

本品は綜絖・筬を吊る装置の一部品(滑車と踏み木を繋ぐ吊り棒)で、”馬(heddle horses)”と呼ばれるもの、仏教を守護する聖鳥ハムサが”小鳥”として彫り表わされたもので、素朴な意匠の中にも敬虔な祈りの込められたものとしての瑞々しい生命感と精神性が薫ってまいります。

この種の木彫で飾られた織機は、20世紀半ばからの戦乱の時代には失われてしまっており、本品のようなパーツであっても、欠損の無い完品は残存数の限られる稀少なものとなります。

染織が神仏への祈りとともにあった時代の所産であり、高度な伝統技術を有する職人手仕事から生み出された意匠の完成美、信仰の精神性に惹き込まれる一品です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




●参考画像 儀礼用絹絣ピダンに描かれた鳥(聖鳥ハムサ)
クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/4

20c初 モザイク文様 絹絣・腰衣”サンポット・ホール”  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 20世紀初め
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 綾地・緯絣
サイズ 縦(緯)87cm×横幅(経)182cm

カンボジア南部で20世紀初めに手掛けられた絹絣・腰衣”サンポット・ホール・サムロイ”。

手の込んだモザイク様のモチーフが”段違い格子”として端整かつ細密に織り表わされた作品で、その新鮮味溢れるデザインと色柄の完成美に目と心を奪われる一枚です。

経に濃藍染めの糸が配され、緯の絣糸には赤〜茶の数種類のラック染めの色、プロフー染めの山吹色、プロフー×藍染めの緑色が用いられておりますが、色味には鮮やかな中にも落ち着きがあり、百年を遡る時代に手掛けられた作品に固有の色彩の深み・古色美が感じられます。

あまり目にする機会の無い特殊なデザインのクメール絹絣で、類例の限られる稀少作品です。







クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2017/6/2

20c中 絹縞&絣・腰衣”サンポット・ホール・アンルン”  染織





クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 20世紀中期
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 綾地・緯絣、縞織
サイズ 縦(緯)96cm×横幅(経)160cm

カンボジア南部で手掛けられた、絹地・縞&絣装飾の腰衣”サンポット・ホール・アンルン”。

”サンポット・アンルン(sampot anlunh)”とは通常格子の縞で織られた腰衣を指しますが、これに絣(ホール)が加わる場合は、縦方向(緯)に縞が配され、その間に絣の文様が織り表わされる作品を指し、主に女性用の2m巾の腰衣”サムロイ(samleuy)”として用いられてきました。

本品はカンボウジュ種絹と天然染料を素材に20世紀中期に手掛けられたもので、経にラック染めの赤糸、緯の縞に藍染めの浅葱糸、絣にはやや紫味の強い臙脂赤のラック染め糸を配して、約2cm間隔の繊細な縞と小文絣が三枚綾織の技法で織り上げられたものとなります。

ラック染めの臙脂赤を地色とする小文絣と浅葱色の縞の色コンビネーションが新鮮かつ印象的、鮮やかさの中にも天然染色ならではの繊細な色濃淡、経緯の色が織りなす重層的な色の深み、光の加減による色変化があり、見飽きることの無い表情の豊かさが感じられます。

目の詰んだ織りで、堅牢さとともにカンボウジュ種絹による織物ならではのしなやかさ・肌触りの良さが感じられる古手の優品、20c前期作”サンポット・ホール・アンルン”の稀少作例であり、今では失われし素材感・技巧の準アンティーク作品です。






クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ