2018/1/31

美しき直し  技巧・意匠・素材





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


19世紀末〜20世紀初めの百数十年前に手掛けられたカンボジア絹絣に見られる小穴の直し。

この鈎針編みによる直しも五十年以上は遡る古い時代のものと思われますが、糸遣い・編み縫いの手仕事が極めて繊細で美しく、目にしていると気が鎮まってくるような心地がいたします。

この絹絣腰衣を大切に想う気持ちが伝わってくる直しであり、これは欠点(欠損)ではなく、むしろ本布の魅力を高める要素となっているようにも感じられます。

見た目だけでなく、直しに込められた精神性が美しいと感じられる一枚です。

2018/1/29

19c末〜20c初 チャム 絹絣腰衣  染織





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南東部 コンポンチャム Kampong Cham
製作年代(推定) 19世紀末〜20世紀初め
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 綾地、緯絣
サイズ 縦(緯)80cm×横幅(経)192cm

カンボジア(クメール)伝統の絹絣布「ホール(hol)」。本品は宗教儀式・祝祭等の盛装用として女性が着用するための腰衣“サンポット・サムロイ(sampot samleuy)”として、19世紀末〜20世紀初めのコンポンチャム(Kampong Cham)で手掛けられたものとなります。

布全面に緻密な”格子小文”が表わされた2mサイズのサンポット・サムロイで、ラックの”赤”、プロフーの”黄”、多色掛け合わせの”黒”を基調とする深くかつ力強い色味、瑞々しく澄んだ”青(藍)”と掛け合わせの”緑”、色彩の美しさと調和の高さに目と心を奪われる一枚です。

本布は取り分け括り・染め・織りそれぞれの工程が繊細かつ丁寧で糸目・文様の細密度合いが際立っており、細密でありながらも文様の輪郭に硬さが無く流麗かつ優美、全体・細部に神経が及んだ高度な手仕事ぶりにチャム系絹絣たる完成度の高さが感じられるところとなります。

素材面・技巧面、そして製作の背景・精神性を含めて今では失われしもの、アジア絹絣の名品と呼べるアンティーク・マスターピースの一枚です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2018/1/27

19c後 ルアンパバン宮廷儀礼用絹絣  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ラオス北部 ルアンパバン Luang Phabang
製作年代(推定) 19世紀後期
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 平地、緯絣、経絣(部分的に経緯併用絣)、経縞
サイズ 幅(緯)85cm、全長(経)240cm

ラオス北部で手掛けられた、ルアンパバン宮廷儀礼用絹絣”パー・ティーン・カップ”。

この”パー・ティーン・カップ(phaa tiin kap)“の意匠の起源は、ラーンサーン王国期にもたらされたインド経緯絣”パトラ(patola)“にあるとされており、布の名称のもととなる”tiin=裾”のデザイン構成からはパトラとの相似点を見い出すことができるところ、本布においては主要な絣モチーフは緯絣ですが、経縞を構成する経糸の一部に色の染め分けがなされており、技法面ではパトラと共通する”経緯(併用)絣”と位置づけられるものとなります。

本布は今から百五十年前後を遡る19c後期に手掛けられたと推定される”パー・ティーン・カップ“の貴重な全形完品。”パー・ティーン・カップ“の多くは中央二枚接ぎで手掛けられますが、本作品は一枚の織り布であり、サイズ面及び意匠様式からルアンパバン王国の宮廷で貴婦人が用いる腰衣として、宮廷に仕える熟練した職人が製作にあたったものと考察することができます。

経緯に上質なカンボウジュ種の絹が配され均等平地で織られておりますが、経緯双方の糸に計算された緻密な染め分けがなされることで濃厚・濃密な色味の赤・紺・緑を筆頭に繊細な色グラデーションが巧みに表現されたもの、作品からは宮廷使用の布たる格調の高さと荘厳美が感じられるところとなります。紛うことなくミュージアムピースクラスと位置づけられる一枚です。






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ