2018/2/27

12−13cクメール王朝期 褐釉陶器・鳥形石灰壺  古陶磁






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 クメール王朝 現カンボジア北部〜現タイ東北部(イサーン南部)
製作年代(推定) 12−13世紀
種類 施釉陶器 
サイズ 胴径:約9.5.cm、全長:約9.5cm、高さ:約7cm、口径:約3.6cm、重さ267g


クメール王朝で手掛けられた褐釉陶器・鳥形石灰壺、12〜13世紀のアンティークの作品です。

この胴径約10cmの鳥型の容器は、噛み嗜好品”蒟醤(キンマ)”に用いられる石灰を入れるための壺(石灰壺)として作られたもので、壺内部には石灰の付着痕が確認できます。

顔部から”ふくろう”が象られたと考察されるもので、ロクロ成形ののち貼付け・線刻により加飾がなされたもの、同種品の中ではつくりが端整でややオリーブ掛かって目に映る褐釉の色味は雅趣に富み、作品からは見飽きることの無い表情の豊かさ、そして愛らしさが感じられます。

アンコール期(日本の平安時代後期〜鎌倉時代)の古陶としての時代の浪漫が薫る一品です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2018/2/25

20c中 菩提樹の下の仏陀と王宮文 絵絣ピダン  染織






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 カンボジア南部 タケオ若しくはカンプチアクロム
製作年代(推定) 20世紀中期
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料/綾地、緯絣
サイズ 幅(緯)83cm×全長(経)306cm


カンボジア南部のタケオ若しくはカンプチアクロムで手掛けられた、仏教儀礼用の絹絣「ピダン(pidan)」、20世紀中期の準アンティークの作品です。

仏教寺院において天蓋布や仏像を奉る祭壇の掛け布(後背布)として用いられた系統の3mサイズの絵絣ピダンで、布端と中央の上下6箇所に布掛けループが付されており、実際に天蓋布・掛け布として使用されたものであることが確認できます。

菩提樹の下に坐して瞑想を行なう仏陀様と王宮(或いは寺院)とその中の王子の中心に、幟幡を掲げ様々な仕草で祈りを捧げる天女或いは宮廷女性、吉祥動物たちが繊細かつ生き生きと躍動感たっぷりに染め描かれており、作品がかもす信仰の世界観に目と心を奪われます。

本ピダンは取り分け人物の表情・仕草・女性たちが着用する衣裳の表現が端整かつ秀逸で、巧みに描き分けられた腰衣の絣文様(絣の中に描かれた絣)や幟幡、建物の屋根・柱・カーテン等のディテイルに見飽きることの無い表情の豊かさが感じられます。

また布両端に配されたボーダー文様”ヤントラ”は色調に変化が加えられており、全体の表情を引き締め仏教儀礼用布たる荘厳な空気感をかもしております。

生命息づく絵絣モチーフひとつひとつが紡ぐ物語性に惹き込まれるクメール絹絣の逸品です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2018/2/23

19c タイ・プアン 絹・木綿交織 縞&紋織布  染織






クリックすると元のサイズで表示します



製作地 ラオス北東部 シェンクワン県 Xieng Khouang Province
製作年代(推定) 19世紀後期
民族名 タイ・プアン族(Tai Phuan)  
素材/技法 絹、木綿、天然染料/平地、緯縞、縫取織及び緯紋織(浮文・昼夜織)
サイズ 横幅(緯)82cm(二枚接ぎ)×縦(経)145cm


ラオス北東部のシェンクワン県に生活する「タイ・プアン族(Tai Phuan)」の手による、絹・木綿交織の縞&紋織布、19世紀後期のアンティークの作品です。

本布は経糸にラック染めの絹、緯糸は絹を主体に紺色の縞を構成する藍糸に木綿が配された”絹・木綿交織”の縞織物で、下裾と縞の間に多色の絹を用いた”浮文・縫取織&緯紋織”の技法により立体的な幾何学文様が織り込まれたもの、紋織は表裏で文様が反転する”昼夜織”によって両面で破綻無く巧みに織り上げられております。

中央二枚接ぎで幅82cm×長さ145cmの大判に仕立てられており、サイズ及び仕様から寒冷期に肩から掛けて(巻いて)用いる“パー・トゥーム(phaa tuum)”に分類されるものと思われますが、上質な素材をもとに通常とは異なる意匠が凝らされた作品であり、日常使用のものではなく、祝祭行事や宗教行事等の特別な機会のために製作されたことが伺えます。

特筆すべきは絹・木綿交織による縞の繊細さ、縫取織・緯紋織の絹糸の色彩の豊かさで、細・太の多様な筋(縞)が端整かつ落ち着いた表情で引かれ、その間に金銀の色感を呈する浮文・緯紋織がほんのりとした光沢感を伴って織り込まれ、下裾には多彩な天然色染め絹を用いた高度な技巧の浮文・縫取織により緻密な幾何学文様が織り描かれており、織物全体がかもす雰囲気に得も言われぬ気品と格調の高さが感じられます。

タイ・プアン族の古い時代の織物は、天然染色の技術の高さと色彩の明瞭さに際立つ特徴が見られ、本布においても華やかさと落ち着きを兼ね備えた交織縞を筆頭に、ベニノキのアナトー色素で染める鮮やかなオレンジ、蘇芳の紺紫と藍の紺青、ウコンの黄と樹皮を用いるオリーブ掛かった黄の色の繊細な染め分け等が何とも見事、金銀の色表情と光沢を浮文で表出させた縞間の緯紋織を併せ、作品全体の色彩の完成度の高さに目と心を奪われます。

古の時代に日本に舶載された「間道(かんとう・かんどう)」を彷彿する表情のラオス織物です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2018/2/21

信仰の意匠 ベンジャロン合子&散蓮華  古陶磁





クリックすると元のサイズで表示します


製作地 中国・江西省 景徳鎮 Jingdezhen ※上絵付け及び錦窯焼成は広州の可能性あり
製作年代(推定) 19世紀
渡来地・使用地 シャム王国 チャクリー王朝
素材/技法 白磁胎、五彩(上絵付け)


この色絵磁器”ベンジャロン(Bencharong)”は、大航海時代の到来・陸海交易路の発達をもとに海外との交易により国の繁栄を築き上げ4百余年にわたる覇権を維持した“アユタヤ王朝(1351年〜1767年)”が、当時高度な製磁技術で世界をリードしていた中国に発注し製作が始まったもので、“ベンジャロン”の名称は中国名の”五彩”がサンスクリット語に訳されたものとなります。

”ベンジャロン”の製作地は中国・江西省の景徳鎮であることが研究文献及び窯址出土の陶片により確認されますが、貿易港広州地域の窯址からの陶片発見も伝わり、景徳鎮での白磁胎焼成後に、広州地域で上絵付けと錦窯焼成がなされた品モノがある可能性が指摘されております。

描かれるモチーフは多様で、中国的な花鳥模様及びその影響を受けつつ独自性が加わったデザインが多く見受けられますが、中には本作品に見られるような仏教・ヒンドゥの神話的モチーフ、シャム王国オリジナルと考察されるデザインも少なからず含まれており、これらは王国における宮廷儀礼・宗教儀礼に用いられるとともに来賓への贈呈物とされたことが知られます。

当時のシャム宮廷儀礼・宗教儀礼において、噛み嗜好品”蒟醤(キンマ・キンマーク)”の使用は欠かすことができないものであり、この合子と散蓮華もキンマ用の宮廷・貴族調度品として作られたものと推察されます。信仰の道具としての格調の高さが感じられる作品です。




クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2018/2/19

シャム王国渡り 19c ベンジャロン 散蓮華  古陶磁





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 中国・江西省 景徳鎮 Jingdezhen ※上絵付け及び錦窯焼成は広州の可能性あり
製作年代(推定) 19世紀
渡来地・使用地 シャム王国 チャクリー王朝
素材/技法 白磁胎、五彩(上絵付け)
サイズ 全長13.3cm、最大幅4.7cm、高さ約5cm、匙部深さ約1.5cm、重さ38g


中国・江西省の景徳鎮(Jingdezhen)で手掛けられシャム王国にもたらされた「ベンジャロン(Bencharong)」の散蓮華、19世紀のアンティークの作品です。

本品は”チャクリー王朝期(1782年〜)”に入ってからの19世紀の作と推定されるベンジャロン散蓮華で、合掌姿の”天人テパノン(thepanom)”と”火焔文様クラノック(kranok)”の神話的モチーフが匙・柄内部の小さな面積上に力強い意匠で染め描かれたものとなります。

高度な五彩の技巧による鮮やかかつ立体感豊かな絵付けが薫り高く、シャム更紗とも繋がる宮廷デザイン様式の荘厳かつ妖艶な仏教的意匠、その濃密な精神性に惹き込まれます。

陶磁器や染織品がアジアの海を行き交った時代の、歴史の浪漫に惹き込まれる一品です。






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2018/2/17

19c ラスム 花鳥模様・茜染め更紗  染織






クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 インドネシア・ジャワ島 ラスム Lasem
製作年代(推定) 19世紀後期
素材/技法 木綿、天然染料(茜)/蝋防染(手描き及び型捺し)、媒染・茜染め
サイズ 布幅80cm、全長246cm


インドネシア・ジャワ島北岸の“ラスム(Lasem)”で手掛けられた、花鳥模様・茜染め更紗、19世紀後期のアンティークの作品です。

ラスム更紗の特徴は“赤”の染色にあり、18世紀末〜19世紀初め頃までには当時インドが専有していた高度な媒染技術による“木綿茜染め”の染色技法を会得・完成させたとされ、これを門外不出の秘技とし、アリザリン合成染料がジャワ島に流入する20世紀初め頃までは、他産地作品の染めをもあまた引き受ける“赤”染色の地として栄えました。

本更紗はラスムが茜染めの産地として繁栄していた全盛期の19cに手掛けられたモノで、手描き(トゥリス)と型捺し(チャップ)の併用により文様全体の蝋置きが行なわれるとともに、白地内部の線模様(葉脈)等については媒染(明礬)描きが多用されている点に特徴が見られ、蝋防染描き+茜媒染描きの併用技法の更紗と言うことができます。

同じカタチの葉でも、赤地に白抜きとなる部分は蝋描き、白地に赤線模様が入れられた箇所は媒染描きと巧みな技が用いられており、文様は精緻さよりも描きの勢いや流麗さを重視している点に”絵画的更紗”としての完成美が感じられ、メーンの花鳥図とともに布中央に飛翔する三羽の雀の構図等、得も言われぬ雅趣・情趣が薫ってまいります。

しかしながら本布の最大の見所は何と言っても濃厚かつ鮮やかな茜赤の”いろ”、”血のような赤”と形容されたラスム茜染め全盛期が実感される”いろ”で、茜一色染めゆえに”赤”の美しさが極まるという点に、当時の染め職人及び工房の誇りが伝わってくるように思われます。






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します









クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2018/2/15

19c 儀礼用・絹絣”ピダン”(切替デザイン)  染織






クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 19世紀後期
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料/綾地、緯絣
サイズ 縦(緯)91cm×横幅(経)358cm


推定19世紀後期に手掛けられた120〜150年を遡る時代のアンティーク・クメール絹絣。上部布縁に白布のパイピングが施され、左右及び下縁にも縫い痕が残ることから、額縁状の別布が付され儀礼用掛け布”ピダン”として用いられたものと考察される作品です。

本布の最大の特徴は2種類の表情の違う絣柄がひとつの織物として織り表わされた”切替デザイン”の作品であることで、菱格子と菱花の連続文様が精緻に表わされた主たる部分と大小のモチーフがモザイク様に描かれた部分、赤地と黒地で色柄の雰囲気が大きく異なる点において、特別な意匠が凝らされた特殊な(珍しい種類の)作例と位置づけられるところとなります。

2種類いずれの絣柄においても、ラックの赤、プロフーの黄、インディゴの濃藍と青、掛け合わせの緑の多色が巧みに用いられており色彩の深み・調和の美しさも格別、文様のディテイルが極めて精緻に括り・染め・織りされている様子を細部から確認することができます。

また上下のボーダーは切替デザインのそれぞれ(4箇所)で異なるモチーフが配され、更に布端のライン状のエンドボーダーにも多色遣いの手の込んだ絣文様が描き込まれるなど、全体にわたり並々ならぬ高度な技巧と神経が注がれており、作品からは宮廷儀礼用布たる格調の高さと完成美が薫ってまいります。全長3m50cmに達する圧巻の存在感を呈する19cピダンです。






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2018/2/13

孔雀デザインの織機綜絖吊り木製滑車  技巧・意匠・素材




クリックすると元のサイズで表示します

(写真 タイ・チェンラーイ県 チェンセーンにて)


染織が宮廷儀礼や仏教儀礼に纏わる装束や装飾のものとして製作が盛んであった土地では、部品一つ一つに美しい装飾が施された木製及び金属製の織機が用いられてきました。

織機を構成する部品(綜絖(そうこう)・筬(おさ)を吊る装置の部品)として使われていた、この手の込んだ”装飾滑車”からは、敬虔な仏教信仰を背景とする古き良きインドシナ伝統染織の時代が偲ばれます。染織が神仏への祈りとともにあった時代の所産です。

2018/2/11

19c末〜20c初 チャム 儀礼用・絹絣腰衣”チョンクバン”  染織






クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


製作地 カンボジア南東部 コンポンチャム Kampong Cham
製作年代(推定) 19世紀末〜20世紀初期
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料/綾地、緯絣
サイズ 縦(緯)92cm×横幅(経)276cm


カンボジア南東部の“コンポンチャム”で手掛けられた、100〜120年前後を遡る時代の貴重な儀礼用腰衣”チョンクバン”としての絹絣、色彩の美しさが何とも印象的な一枚です。

プロフー(福木)の”黄”と藍の”青”の掛け合わせで作られた”緑色”が基調色となり、ラック染めのやや紅掛かった赤と山吹により菱文様・幾何学文様が端整に描かれたもので、色柄の意匠全体から古手の”チャム系儀礼用絹絣”特有の気品と色香が感じられる作品です。

地の緑色はラック染め紅赤の経糸が交わることで”オリーブ色”に近い色味として目に映りますが、緑と赤の交色は玉虫効果が生じることも相俟って、太陽光の下と灯りの下、つまり昼と夜とでは色柄の雰囲気が異なって見える独特の妖艶な表情を有します。

長さ2m80cmの”サンポット・ホール・チョンクバン”で、サイズ面と色柄表情から、チャム富裕層の女性が祝祭時の盛装用として身に着けたものではないかと推察しますが、所謂クメール系(仏教系)の荘厳さを備えた儀礼用絣とは趣が異なり、目にすればするほど妖艶さと色香に惹き込まれ、浮遊感に浸れるようなアンティーク・チャム染織の逸品です。






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2018/2/9

18cアユタヤ王朝使用 手描きシャム更紗・腰帯(断片)  染織






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド南東部 コロマンデル海岸エリア Coromandel coast
製作年代(推定) 18世紀前期〜半ば
渡来地・使用地 シャム王国 アユタヤ王朝
素材/技法 木綿、天然染料/手描き(カラムカリ)、媒染、防染、一部に金彩の痕
サイズ 横幅:82cm×縦:80cm


本品は18c前期〜半ばのアユタヤ王朝期のシャム王国でデザインされ、インド南東部コロマンデル海岸エリアにて総手描き(カラムカリ)で手掛けられた儀礼用布としての多色染めシャム更紗(断片)で、当時インドのみが有していた木綿を茜赤等の濃厚な色味に染め上げ定着させる高度な媒染・防染技術、手描きと手染めの職人技の素晴らしさを伺うことができる作例となります。

特筆すべきは、@シャム更紗の中でも古手の18cアユタヤ王朝期の作であること、A製作時の横幅が82cmと、一般的な腰衣用の3分の2程度、装飾掛け布用の半分程度と小ぶりであること、B小ぶりである分、描き文様がそのまま縮小されたように極細密であることで、シャム宮廷儀礼用の”腰帯”として特別に製作されたものと考察されます(当初の長さは2m半〜3m前後)。

多様な瓔珞文様で彩られた重層的なボーダー部分、花繋ぎ格子が流麗かつ勢い良く描かれた本体、いずれも細密な毛抜き状のカラムカリ(手描き)で防染の描きがなされ、インド更紗固有の茜媒染染めにより赤(明礬)・焦茶(鉄漿)及び描き染めの藍(浅葱)の色付けがなされ金彩が施されたもの(一部に金彩痕が残る)、描線・色彩の繊細さと力強さ、そして荘厳美を備えた存在感は圧巻であり、シャム宮廷儀礼用布としての完成美と信仰の世界観に目と心を奪われます。

小穴は散見されるものの使用・経年で生じた自然な表情のもので、3百年を遡る時代の古裂としての魅力を損なうものではなく、横幅については製作時のまま保たれ82cm×80cmの整ったカタチの正方形裂のため、布からは得も言われぬ格調の高さ・見映えの美しさが感じられます。

海上交易の時代に心誘われる一枚、歴史の浪漫を薫らせる古渡り期インド更紗の名品裂です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します







●本記事内容に関する参考(推奨)文献
   



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ