2018/3/29

19cシャム王国 真鍮製”亀形”・蒟醤用合子  生活と祈りの道具





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 シャム王国(タイ)
製作年代(推定) 19世紀
素材 真鍮
サイズ 全長(最長部):8.5cm、横幅:5.8cm、高さ:5.5cm、重さ33g


チャクリー王朝期のシャム王国で手掛けられた真鍮製”亀形”の蒟醤(キンマ)用合子、19世紀のアンティークの作品です。

噛み嗜好品”蒟醤(キンマ)”は、近世までの東南アジア諸国において宮廷儀礼・宗教儀式等の公的行事や結婚式等の私的行事双方において欠かすことのできない慣習であり、蒟醤使用に際して用いられる諸道具は、陶磁器・金属器・漆器など様々な工芸技術に反映され(漆器蒟醤手の呼称の由来でもある)、シャム王国美術工芸のいち分野と看做されるほど、意匠・様式の高度化がはかられてきたものとなります。

亀が象られた本合子は、蒟醤材料のひとつ石灰を収めるためのもので、この種の金属製小型合子では、仏教・ヒンドゥの神話に登場する神々や吉祥の動物たちが象られ、高度な打ち出し(レリーフ)の技法により手の込んだ作品が生み出されてきました。

レリーフと全体の造形に甘さがなく、宮廷・貴族調度品として用いられた時代の本物の”蒟醤合子”としての風格と格調の高さが感じられる一品、更に本品の格調を高める要素が経年に由来する真鍮古色とパティナ(緑青)で、19世紀に遡る時代の作品であると考察することができます。

西洋文化の浸透と20世紀中期に出された蒟醤禁止令により、宮廷・貴族層における蒟醤の慣習はほぼ失われ、専門職人の手による道具製作の伝統も失われていきました。
古き良きシャム王国伝統工芸、宮廷・貴族使用の美術調度品の時代が偲ばれる一品です。






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2018/3/27

満開の日に −飛鳥山−  日常風景




クリックすると元のサイズで表示します

(写真 日本・東京都 北区王子にて)

2018/3/25

満開の日に −胴咲き桜−  日常風景




クリックすると元のサイズで表示します

(写真 日本・東京都 台東区にて)

2018/3/23

桜の季節に −花繋ぎ段更紗−  染織





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 インド南東部 コロマンデル海岸エリア Coromandel coast
製作年代(推定) 18世紀
渡来地・使用地 シャム王国 アユタヤ王朝
素材/技法 木綿、天然染料/木版捺染及び描き染め、媒染、防染、片面染め

2018/3/21

20c前 クメール 絹格子&経緯併用絣布  染織




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 タイ東北部 イサーン地方南部 スリン Surin
製作年代(推定) 20世紀前期
民族名 クメール系タイ人(Khmer)
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料/平地、縞格子、経絣及び緯絣(経緯併用絣)
サイズ 幅(緯)93cm×長さ(経)216cm


タイ東北部のイサーン地方南部”スリン(Surin)”で手掛けられた、絹格子&経緯併用絣布”アウン・プロム(aum prom)”、20世紀中期の準アンティークの作品です。

イサーン地方南部の、現カンボジアと国境を接するブリラム・スリン・シーサケットの各県はクメール王朝時代の遺跡が残り、クメール系の住民が多く生活する土地柄となります。

いずれも絹織物を主体とする伝統染織の産地ですが、取り分けこのスリンは黄金繭として知られるカンボウジュ種絹繭の養蚕が小村で継承され、手引き・手紡ぎ、天然染料の準備と染め、簡素な木杭作りの機での手織り、の昔ながらの表情を保つクメール織物がつくられてきました。

一見すると落ち着いた色表情の質朴な平地・格子の布ですが、実際には色格子の中に無数の白班が経糸・緯糸双方の絣(=経緯併用絣)として散りばめられる手の込んだ織物で、糸作り・染料作りから始まる丹念な手仕事からのみ生み出し得る特殊な染織作品となります。

現在では失われし素材感及び技巧・意匠のもの、カンボウジュ種絹と天然染料により手掛けられた古のクメール伝統染織、経緯併用絹絣の知られざる逸品です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2018/3/19

開花の日 −上野の空−  日常風景




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 日本・東京都 台東区上野にて 2018.3.17)

2018/3/17

20c初 ナーガ&聖鳥文 仏像光背布としてのピダン  染織





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 20世紀初期
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料/綾地、緯絣
サイズ 縦(緯)86cm×横幅(経)252cm


左右にヤントラ文様が配された黒地の二重エンドボーダー、本体に仏法を守護する”蛇龍神ナーガ”が身体をくねらせるような波状文で躍動感たっぷりに描き込まれ、その周囲に”聖鳥ハムサ”を表わす鳥文様や”供物(生命樹)”文等が配された、20世紀初期作の仏教儀礼用ピダン。

本作品は絣が呈する雄大な表情と荘厳な空気感が最大の持ち味・魅力で、文様自体の表出はややおぼろですが、ピダンは仏教寺院内において仏像の奉られた祭壇の背景に幕布として張られる場合があり、ラック染料の赤と黒を基調とする重厚かつ深く落ち着いた色調とデザイン構成から、本布が主役である仏像を惹き立てるための”光背布”として用いられた可能性が指摘できるところとなります。

敬虔な信仰を背景とする深い精神性が染織作品として表現された、アジアの絹絣の名品と呼べるアンティーク・マスターピースの逸品です。







クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2018/3/15

驟雨のシャワーを浴びて  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ミャンマー・シャン州 インレー湖エリアにて)

2018/3/13

20c初 ”聖鳥ハムサ”ボーダー文様 絹絣腰衣  染織





クリックすると元のサイズで表示します


製作地 カンボジア南東部 コンポンチャム Kampong Cham
製作年代(推定) 20世紀初期
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料/綾地、緯絣
サイズ 縦(緯)81cm×横幅(経)206cm


カンボジア南東部の“コンポンチャム(Kampong Cham)”で手掛けられた、女性用の絹絣腰衣“サンポット・ホール・サムロイ(sampot hol samleuy)”、20世紀初期のアンティークの作品です。

本体部分に幾何学模様としての緻密な”菱格子花文”、左右のボーダー部分には具象模様としての”聖鳥ハムサ”と”ヤントラ”の文様が織り表わされた2mサイズの腰衣サンポット・サムロイで、括り・染め・織りの緻密さと絣絵柄の完成度の高さが際立ちます。

特筆すべきはメリハリの効いた色彩の美しさと格調の高さで、本体の菱格子に加えられた”緑”とボーダー柄の地色を構成する”黒”の色遣いが何とも印象的、黒地の中に繊細に描き込まれた”聖鳥ハムサ”と”ヤントラ”からは信仰のものとしての荘厳美が薫り、本布が祝祭・宗教儀礼の特別な用途で使用されたであろうことが伺えます。

この種の凝ったエンドボーダー柄は3mサイズのサンポット・チョンクバンでは良く見られますが、サンポット・サムロイでは珍しく、資料的に貴重な残存作例と言うことができます。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2018/3/11

エーヤワディーの夕映え  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ミャンマー・マンダレー地方域 バガンにて)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ