2018/3/29

19cシャム王国 真鍮製”亀形”・蒟醤用合子  生活と祈りの道具





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 シャム王国(タイ)
製作年代(推定) 19世紀
素材 真鍮
サイズ 全長(最長部):8.5cm、横幅:5.8cm、高さ:5.5cm、重さ33g

チャクリー王朝期のシャム王国で手掛けられた真鍮製”亀形”の蒟醤(キンマ)用合子、19世紀のアンティークの作品です。

噛み嗜好品”蒟醤(キンマ)”は、近世までの東南アジア諸国において宮廷儀礼・宗教儀式等の公的行事や結婚式等の私的行事双方において欠かすことのできない慣習であり、蒟醤使用に際して用いられる諸道具は、陶磁器・金属器・漆器など様々な工芸技術に反映され(漆器蒟醤手の呼称の由来でもある)、シャム王国美術工芸のいち分野と看做されるほど、意匠・様式の高度化がはかられてきたものとなります。

亀が象られた本合子は、蒟醤材料のひとつ石灰を収めるためのもので、この種の金属製小型合子では、仏教・ヒンドゥの神話に登場する神々や吉祥の動物たちが象られ、高度な打ち出し(レリーフ)の技法により手の込んだ作品が生み出されてきました。

レリーフと全体の造形に甘さがなく、宮廷・貴族調度品として用いられた時代の本物の”蒟醤合子”としての風格と格調の高さが感じられる一品、更に本品の格調を高める要素が経年に由来する真鍮古色とパティナ(緑青)で、19世紀に遡る時代の作品であると考察することができます。

西洋文化の浸透と20世紀中期に出された蒟醤禁止令により、宮廷・貴族層における蒟醤の慣習はほぼ失われ、専門職人の手による道具製作の伝統も失われていきました。
古き良きシャム王国伝統工芸、宮廷・貴族使用の美術調度品の時代が偲ばれる一品です。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献



2018/3/25

満開の日に −胴咲き桜−  日常風景




クリックすると元のサイズで表示します

(写真 日本・東京都 台東区にて)

2018/3/23

桜の季節に −花繋ぎ段更紗−  染織





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 インド南東部 コロマンデル海岸エリア Coromandel coast
製作年代(推定) 18世紀
渡来地・使用地 シャム王国 アユタヤ王朝
素材/技法 木綿、天然染料 / 木版捺染及び描き染め、媒染、防染、片面染め

2018/3/21

20c前 クメール 絹格子&経緯併用絣布  染織




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 タイ東北部 イサーン地方南部 スリン Surin
製作年代(推定) 20世紀前期
民族名 クメール系タイ人(Khmer)
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 平地、縞格子、経絣及び緯絣(経緯併用絣)
サイズ 幅(緯)93cm×長さ(経)216cm

タイ東北部のイサーン地方南部”スリン(Surin)”で手掛けられた、絹格子&経緯併用絣布”アウン・プロム(aum prom)”、20世紀中期の準アンティークの作品です。

イサーン地方南部の、現カンボジアと国境を接するブリラム・スリン・シーサケットの各県はクメール王朝時代の遺跡が残り、クメール系の住民が多く生活する土地柄となります。

いずれも絹織物を主体とする伝統染織の産地ですが、取り分けこのスリンは黄金繭として知られるカンボウジュ種絹繭の養蚕が小村で継承され、手引き・手紡ぎ、天然染料の準備と染め、簡素な木杭作りの機での手織り、の昔ながらの表情を保つクメール織物がつくられてきました。

一見すると落ち着いた色表情の質朴な平地・格子の布ですが、実際には色格子の中に無数の白班が経糸・緯糸双方の絣(=経緯併用絣)として散りばめられる手の込んだ織物で、糸作り・染料作りから始まる丹念な手仕事からのみ生み出し得る特殊な染織作品となります。

現在では失われし素材感及び技巧・意匠のもの、カンボウジュ種絹と天然染料により手掛けられた古のクメール伝統染織、経緯併用絹絣の知られざる逸品です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2018/3/19

開花の日 −上野の空−  日常風景




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 日本・東京都 台東区上野にて 2018.3.17)

2018/3/17

20c初 ナーガ&聖鳥文 仏像光背布としてのピダン  染織





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 20世紀初期
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 綾地、緯絣
サイズ 縦(緯)86cm×横幅(経)252cm

左右にヤントラ文様が配された黒地の二重エンドボーダー、本体に仏法を守護する”蛇龍神ナーガ”が身体をくねらせるような波状文で躍動感たっぷりに描き込まれ、その周囲に”聖鳥ハムサ”を表わす鳥文様や”供物(生命樹)”文等が配された、20世紀初期作の仏教儀礼用ピダン。

本作品は絣が呈する雄大な表情と荘厳な空気感が最大の持ち味・魅力で、文様自体の表出はややおぼろですが、ピダンは仏教寺院内において仏像の奉られた祭壇の背景に幕布として張られる場合があり、ラック染料の赤と黒を基調とする重厚かつ深く落ち着いた色調とデザイン構成から、本布が主役である仏像を惹き立てるための”光背布”として用いられた可能性が指摘できるところとなります。

敬虔な信仰を背景とする深い精神性が染織作品として表現された、アジアの絹絣の名品と呼べるアンティーク・マスターピースの逸品です。







クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2018/3/13

20c初 ”聖鳥ハムサ”ボーダー文様 絹絣腰衣  染織





クリックすると元のサイズで表示します


製作地 カンボジア南東部 コンポンチャム Kampong Cham
製作年代(推定) 20世紀初期
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 綾地、緯絣
サイズ 縦(緯)81cm×横幅(経)206cm

カンボジア南東部の“コンポンチャム(Kampong Cham)”で手掛けられた、女性用の絹絣腰衣“サンポット・ホール・サムロイ(sampot hol samleuy)”、20世紀初期のアンティークの作品です。

本体部分に幾何学模様としての緻密な”菱格子花文”、左右のボーダー部分には具象模様としての”聖鳥ハムサ”と”ヤントラ”の文様が織り表わされた2mサイズの腰衣サンポット・サムロイで、括り・染め・織りの緻密さと絣絵柄の完成度の高さが際立ちます。

特筆すべきはメリハリの効いた色彩の美しさと格調の高さで、本体の菱格子に加えられた”緑”とボーダー柄の地色を構成する”黒”の色遣いが何とも印象的、黒地の中に繊細に描き込まれた”聖鳥ハムサ”と”ヤントラ”からは信仰のものとしての荘厳美が薫り、本布が祝祭・宗教儀礼の特別な用途で使用されたであろうことが伺えます。

この種の凝ったエンドボーダー柄は3mサイズのサンポット・チョンクバンでは良く見られますが、サンポット・サムロイでは珍しく、資料的に貴重な残存作例と言うことができます。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2018/3/11

エーヤワディーの夕映え  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ミャンマー・マンダレー地方域 バガンにて)

2018/3/9

メコンの朝  旅の一場面




クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ラオス・ルアンパバンにて)

2018/3/7

17c明朝末期 古染付”魚花波頭文青花碗”  古陶磁






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 中国・江西省 景徳鎮民窯
製作年代 17世紀前期(明朝末期) 在銘 崇禎年製
種類 青花(染付)磁器
サイズ 口径:約12cm、高さ:約6cm、重さ:143g

中国・江西省の景徳鎮民窯で手掛けられた、古染付”魚花波頭文青花碗”、明朝末期(崇禎年製の在銘)の作品です。

外面に”魚・花・波頭”の主模様が回遊文として優美に描かれ 見込み中央に”雲文”が大ぶりに配され、内口縁に”菱格子帯文”が端整に線描きされた作品、筆致は丁寧で穏やかな表情があり、目にしていると気持ちも穏やかな心地となるような一品です。

全体に繊細な地貫入が見られますが、濃淡(ダミ)を生かした巧みな文様描写と青花の濃厚な発色と調和しており、茶陶寄りの滋味が感じられるように思われます。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2018/3/5

12−13cクメール王朝期 褐釉陶器・象形石灰壺  古陶磁






クリックすると元のサイズで表示します


製作地 クメール王朝 現タイ東北部 ブリラム周辺 Buriram
製作年代(推定) 12−13世紀
種類 施釉陶器
サイズ 胴径:約7.5cm、全長:約11cm、高さ:約9.5cm、口径:約2cm、重さ約450g

クメール王朝で手掛けられた黒褐釉陶器・象形壺、12〜13世紀のアンティークの作品です。

この象形壺はクメール王朝期動物形陶器の典型作例となりますが、象の意匠・造形及び胎土と釉薬(釉色)の種類にバリエーションがあり、これは製作年代と製作地の違いによるものと考察されております。

本品は赤茶色の胎土と黒褐釉の質感及び象の形状から現タイ東北部のブリラム(Buriram)で製作されたと推察できるもので、壺内部には石灰の付着・固化がみられ、噛み嗜好品”蒟醤(キンマ)”用の石灰壺として使用されたものであることが明らかとなります。

壺本体(象の胴部)は丸々とカタチが整っていることから、ロクロで壺本体を成形、その後四脚と象の顔部と尻尾を貼付けで成形し施釉・焼成したタイプで、ふくよかで安定感のある体躯と顔・脚等の意匠バランスは秀逸であり、見飽きることの無い表情の豊かさが感じられます。

また作品全体に釉カセが見られますが、数百年の年月が育んだ自然なカセは雅趣に富むよい景色を生んでおり、むしろ本作品の魅力を高める要素となっているように思われます。

アンコール文明期の時代の空気が濃密に薫り立つ一品です。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2018/3/3

20c中 タイ・ルー 奉納用・縫取織幕”パー・シバウン”  染織





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


製作地 ラオス北部 ウドムサイ県 Oudomxay Province
製作年代(推定) 20世紀中期
民族名 タイ・ルー族 (Tai Lue)
素材/技法 木綿、天然染料 / 平地、緯紋織・縫取織(浮文織)
サイズ 横幅(緯)108cm(54cm×2・二枚接ぎ)×縦(経)48cm

中国南部からインドシナ諸国の広範囲に生活する「タイ・ルー族」は、高度に発達した染織文化を有する民族として多様な技法の作品を手掛け、そのデザイン様式は生活エリアによって様々となりますが、本作品で見られる”緯紋織””縫取織”の浮文織、また“縞・格子””地紋”“絣””綴織”など一つの織物中に多数の技法を交えて表現するものに技巧の卓越が確認できます。

布全面が多彩な浮文織・大小多数の具象モチーフで彩られた本布は、仏教寺院での宗教儀式で幕(仏像の後背布等)として用いられたもの、敬虔な仏教徒であるタイ・ルー族の女性は僧侶・出家修行者が使用するための衣服・生活布(寝具等)、そして本品のような儀式用の織物を製作し寄進・奉納することで徳を積むことができるという独自の慣習を有してきました。

本パー・シバウンは中央二枚接ぎで108cm×48cmの横長の幕として仕立てられたもので、木綿白糸を経緯とする平織り地に10色を数える多彩な木綿色糸により”象と獅子が混交した神獣シーホー”をはじめとする神獣・精霊・霊船や吉祥の動物たちが繊細かつ躍動感たっぷりに織り描かれたもの、織り技術の高さとともに、天然染色によりここまで瑞々しく鮮やかかつ力強い色味の木綿染色を完成させている点にタイ・ルー染織の真骨頂が感じられます。

長きの伝統に培われた成熟した染織文化を有する民が、信仰の祈りとともに手わざを尽くして生み出した作品たる意匠の完成美、精神性の高みに惹き込まれる一枚です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2018/3/1

19c末 チャム 菱格子・星状文様 絹絣腰衣  染織





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南東部 コンポンチャム Kampong Cham
製作年代(推定) 19世紀末
素材/技法 絹(カンボウジュ種)、天然染料 / 綾地、緯絣
サイズ 縦(緯)84cm×横幅(経)210cm

カンボジア(クメール)伝統の絹絣布「ホール(hol)」。本品は宗教儀式・祝祭等の盛装用として女性が着用するための腰衣“サンポット・サムロイ(sampot samleuy)”として、19世紀末のコンポンチャム(Kampong Cham)で手掛けられたものとなります。

布全面に緻密な”菱格子・星状文”の連続文様が表わされた2mサイズのサンポット・サムロイで、括り・染め・織りの緻密さ・繊細さが際立つ一枚です。菱格子及び星状文は水と大地を司る蛇龍神”ナーガ”(の胴体と頭)を象徴するモチーフと考察されます。

本布の特筆すべきは、細密な連続文様でありながら絣柄の細部が均質(画一的)ではなく文様それぞれに表情の差異(豊かさ)が確認できる点で、括り・染めを一括して行なうことで作業工程の効率化をはかる通常の連続文様絣とは異なる視点と技巧により製作されたことが伺えます。

天然染色の完成度の高さも注目すべき点、経緯濃藍染めの深みのある地色の”黒”、ラック染めの鮮やかかつ色味の濃い”赤”、プロフー染めの暖かみある”黄”、絶妙なアクセントを加える”青(藍)”及び掛け合わせの”緑”、色彩の美しさと力強さに惹き込まれる思いがいたします。

ひとつひとつの文様、更にはドット(点描)ひとつひとつにも固有の表情と生命の息づきが感じられるような、他にはなかなか類例を見い出すことができないアジア・アンティーク絹絣の逸品です。






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ