2021/1/28

中国 17−18c 日本渡り”木綿間道”裂(包裂)  染織




クリックすると元のサイズで表示します


製作地(推定) 中国南部
製作年代(推定) 17−18世紀
渡来地・使用地 日本 江戸時代初中期
素材/技法 木綿、天然染料 / 平織、縞格子
サイズ 横(緯)100cm、長さ(経)91cm

中国南部で手掛けられ、江戸時代初中期17〜18世紀の日本にもたらされた”木綿間道”裂。

この平織の”木綿間道”は、変わり織木綿として知られる”唐木綿”とともに中国南方産の布としてオランダ船・中国船(唐船)との交易により舶来したと考察されるもので、インド産を主体とする唐桟留・奥嶋とともに、渡り木綿嶋が大名・貴族・商家等の富裕層の間でもてはやされた様子を当時製作され今に残る裂帖・手鑑及び茶の湯の裂地等により確認することができます。

17〜18世紀当時、国産木綿は未だ短繊維で糸が粗く、渡り木綿の織物の品質に近づくには至っておらず、上質な国産木綿織物の庶民層への流通は18世紀末の”寛政の改革”が契機となった旨の史料記述からも、江戸時代初中期は舶来木綿は憧れの存在であったことが伺えます。

この木綿間道は、白・灰・緑・水・紺・橙・赤茶の7色の木綿糸が経緯に配され、巧みな色の掛け合わせで細太の縞格子が豊かな色彩と端整な柄で織り上げられたもの、布幅(緯)は100cmで着尺の3巾にあたるもので、縫い目無しで絵柄に乱れが生じない羽織や包裂の仕立てがかなうもの、当初から数寄者向きの高級木綿嶋として発注されたものの可能性を指摘できます。

数世紀の時を重ねていろ・かたちを失わず現在に伝えられた布であり、糸・染め・織りの製作技術の高さとともに、日本人の裂愛好の精神・遺伝子が実感される染織作品です。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2021/1/26

いつかの旅  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インドネシア・スラウェシ島 タナ・トラジャにて)

2021/1/22

いつかの旅  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 中国・広西チワン族自治区 柳州市三江トン族自治県にて)

2021/1/20

インド 18−19c スマトラ向け”アラベスク模様”インド更紗裂  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド南東部 コロマンデル海岸エリア Coromandel coast
製作年代(推定) 18世紀−19世紀初め
渡来地・使用地 インドネシア・スマトラ島
素材/技法 木綿、天然染料 / 木版捺染及び描き染め、媒染、防染、片面染め
サイズ 41.5cm×26.5cm

インドで手掛けられ、18世紀〜19世紀初めにインドネシア・スマトラ島にもたらされた”アラベスク模様”のインド更紗裂。

上下左右対称の輪繋ぎ状の連続模様が空間・余白を排して連なる、一見してイスラーム様式の意匠の”アラベスク模様”の影響が色濃い本布は、インドネシア・スマトラ島のジャンビ・パレンバン等ムスリム港市への交易向けに手掛けられたインド更紗の本体柄部分で、完品ではエンドボーダーに鋸歯状模様“トゥンバル”を備えていたと推察される作品です。

スマトラ島において“インド更紗”は“絹経緯絣パトラ”とともに王族・貴族階級のステイタス・シンボルと位置づけられ、代々受け継ぐ財産としての布“=スンバギ(sembagi)”として大切に扱われるとともに、バティック等ローカルの染織文化にも大きな影響を与えてきました。

本品は極めて繊細に紡がれた細手の糸により織り上げられた平滑な木綿地をベースに、木版捺染と描き染めの併用で緻密かつ多彩な色付けがなされた当時の上質な部類に入るインド更紗で、模様の一部にシャム王国向けインド更紗と共通する描線モチーフが見られることから、コロマンデル海岸マスリパタム等の熟練した染め職人が製作にあたったことが伺える作品となります。

東インド会社を筆頭とする交易商人とスマトラ港市間で香辛料貿易が行われ、対価としてのインド染織品が交易船で運ばれた、近世”海のシルクロード”の時代に心誘われる一枚です。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2021/1/18

アラベスク模様  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

●インド更紗 インドネシア・スマトラ島 イスラーム王族・貴族向け

製作地 インド南東部 コロマンデル海岸エリア Coromandel coast
製作年代(推定) 18世紀−19世紀初め
渡来地・使用地 インドネシア・スマトラ島
素材/技法 木綿、天然染料 / 木版捺染及び描き染め、媒染、防染、片面染め


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

(写真 イラン・エスファハーン州 エスファハーンにて)

2021/1/16

いつかの旅  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 インド・ウェストベンガル州 ダージリンにて)

2021/1/14

パキスタン・タキシラ ガンダーラ遺跡のストゥッコ像  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します
ストゥーパ(仏塔)を装飾するストゥッコ製レリーフ中の仏(菩薩)坐像


クリックすると元のサイズで表示します
頭部が破損若しくは切り出されたストゥッコ製の仏(菩薩)坐像

今般ウェブサイトでご紹介の「ストゥッコ・菩薩頭部像」は、数十〜百年前の遺跡発掘時にこのようなかたちで頭部が切り出されたものとも推察できます。

パキスタン・タキシラのガンダーラ遺跡においては、ユネスコ世界遺産登録がなされた現在は、遺跡はしっかりと管理され保存修復活動が行われております。


クリックすると元のサイズで表示します

中心部を砕石でかたちづくり、外側に多孔軟質のカンジュール石を積み上げてかたちを整え、石灰を素材とするストゥッコ(化粧漆喰)で表層を仕上げるとともに、ストゥッコで作られたレリーフで全体を荘厳するという、タキシラのストゥーパ(仏塔)製作方法が解説されております。

(写真 パキスタン・パンジャーブ州 タキシラにて)

2021/1/12

ガンダーラ 3−4c ストゥッコ・菩薩頭部像  仏神像



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地・出土地 パキスタン・ガンダーラ地方 タキシラ−タルベラ Taxila−Tarbela
製作年代(推定) 3−4世紀
種類(推定) レリーフパネル中の菩薩立像或いは坐像の頭部
素材 ストゥッコ、※部分的に赤い彩色の痕跡(酸化鉄或いは酸化水銀)
サイズ 高約11.5cm、幅約9.5cm、奥行約9cm

パキスタン・ガンダーラ地方で3〜4世紀に手掛けられた、ストゥッコ製の”菩薩頭部像”。

ガンダーラ仏教美術においてストゥッコ(化粧漆喰)は片岩と並ぶ彫刻・彫塑の主要素材となりますが、2世紀には製作の盛期に入ったとされる片岩よりもやや遅れ、ストゥッコは3〜4世紀頃に製作の盛期をむかえたものと考察されております。

アフガニスタン東部ハッダのガンダーラ遺跡より多数のストゥッコ像が出土したことにより、本品に類するストゥッコ製の仏像に対して総じて”ハッダ”の名が冠せられますが、パキスタン・ガンダーラ地方のタキシラ及びタルベラからも同種のストゥッコ像が出土しており、いずれの地においても完成度の高い優品が生み出された様子を、現存する作品により確認することができます。

仏頭像では、ハッダはやや面長(瓜実顔)の傾向が見られ、タキシラ−タルベラにおいては丸顔で鼻と唇の間が短く、口元から顎が引き締まった表情のものが多いという傾向を見出せます。

本品はタキシラ−タルベラ系の仏頭像に典型的な丸顔で、波状の頭髪と頭頂の花冠装飾(摩耗のため細部が判然としないものの冠帯と推察されるもの)もあいまって、どこか中性的で若い(幼い)雰囲気を感じさせるもの、端麗かつ優美で気品溢れる顔相に心惹かれる作品です。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します









●参考画像
ペシャワール博物館所蔵 同地域製作のストゥッコ・菩薩頭部像
クリックすると元のサイズで表示します

(写真 パキスタン カイバル・パクトゥンクワ州 ペシャワールにて)





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2021/1/10

ガンダーラ 3−4c 雲母片岩・脇侍菩薩頭部  仏神像



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地・出土地 パキスタン・ガンダーラ地方 サハリ・バハロール Sahr-i-Bahlol
製作年代(推定) 3−4世紀
種類(推定) 仏三尊像レリーフ中の脇侍菩薩頭部
素材 雲母片岩
サイズ 高約9cm、幅約5cm、奥行約4cm、重さ227g

パキスタン・ガンダーラ地方で3〜4世紀に手掛けられた、雲母片岩製の”脇侍菩薩頭部像”。

頭に装飾的にターバン巻いた、王侯風の威厳を感じる相貌が印象的な本頭部像は、出自がはっきりしている複数の現存作品により、ガンダーラ地方仏教文化の中心都市のひとつである”サハリ・バハロール(Sahr-i-Bahlol)”で製作されたものであること、仏陀を中央に左右に脇侍として菩薩が並ぶ”仏三尊像”のうちの菩薩として造形されたものであることがほぼ特定できております。

サハリ・バハロールの片岩製レリーフは総じて彫り表現が緻密で写実的であり、ガンダーラ彫刻が技術的に高まり製作の盛期に達した時期とも見做されており、数多くの優品が今に伝わります。

高さ9cmほどの本菩薩頭部は、仏三尊像のレリーフに当てはめるとレリーフ全形の高さは60cmほどになると考察され、現存するレリーフ(下の参考画像)のサイズと符号するものとなります。

掌に収まる大きさの像片ながら、眼に宿る力強さを筆頭に細部及び全体から圧倒されるような存在感と濃密な精神性が感じられる作品であり、まだ日本には仏教が伝わる前の時代の信仰像として、歴史の浪漫に誘われる一品です。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します









●参考画像
サハリ・バハロール出土 仏三尊像 3−4世紀 ペシャワール博物館蔵
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
      高さ59cm

※上画像は東京国立博物館−NHK発行「パキスタン・ガンダーラ彫刻展」図録より転載いたしております


サハリ・バハロール出土 仏三尊像 3−4世紀 阿含宗蔵
クリックすると元のサイズで表示します

※上画像は二玄社刊「愛しき仏像・ガンダーラ美術の名品」より転載いたしております




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  

2021/1/8

ガンダーラの地で  旅の一場面



クリックすると元のサイズで表示します

(写真 パキスタン・カイバルパクトゥンクワ州 ペシャワールにて)

2021/1/6

19cシャム渡り 色絵磁器”ベンジャロン”碗  古陶磁



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 中国・江西省 景徳鎮 Jingdezhen ※上絵付け及び錦窯焼成は広州の可能性あり
製作年代(推定) 19世紀初頭
渡来地・使用地 シャム王国 チャクリー王朝期
素材/技法 白磁胎、五彩(上絵付け)、金属製の覆輪(※後年付されたと推察されるもの)
サイズ 口径11.5cm、高さ6.0cm、重さ184g

この色絵磁器”ベンジャロン(Bencharong)”は、大航海時代の到来・陸海交易路の発達をもとに海外との交易により国の繁栄を築き上げ4百余年にわたる覇権を維持した“アユタヤ王朝(1351年〜1767年)”が、当時高度な製陶技術で世界をリードしていた中国に発注し製作が始まったもので、“ベンジャロン”の名称は中国名の”五彩”がサンスクリット語に訳されたものとなります。

19世紀の早い時期に景徳鎮で製作されたと考察される本品は”初期ベンジャロン”に分類される上手物で、仏教・ヒンドゥの神話に由来する”天人テパノン(thepanom)””半人半獣の守護神ノラシンハ(Norasingh)”を主要モチーフに、多様な火焔状・花状モチーフにより器全体が繊細かつ華やかに彩られたもの、シャム王国オリジナルと考察されるデザインのひとつで、この系統の作品は宮廷儀礼・宗教儀式の際に用いられるとともに来賓への贈呈物とされたことが知られます。

上質な素材と高度な製陶技術を駆使した上絵付けの巧緻な完成美が見事、シャム更紗(シャムロ染め)の意匠とも繋がるシャム王国固有の仏教美術の格調の高さ、作品から溢れる芳醇な香り・濃密な精神性に惹き込まれる一品です。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献

2021/1/4

17−18c日本向け 古渡りインド更紗裂 袴腰手  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド ※地域不詳
製作年代(推定) 17−18世紀
渡来地・使用地 日本 江戸時代初中期
素材/技法 木綿、天然染料 / 手描き(カラムカリ)、媒染、片面染め
サイズ @上:横8.0cm、縦6.5cm、A下:横9.0cm、縦6.5cm

インドで手掛けられ、江戸時代初中期17〜18世紀の日本にもたらされた古渡りインド更紗裂。

大航海時代の17−18世紀、日本にもたらされ大名・茶人・富裕商人等が愛玩・使用したインド更紗の中には、日本人の嗜好が色濃く反映された”日本向け古渡り”と分類されるデザイン様式のインド更紗が存在することが確認されております。

白地に茜の明礬媒染(赤)と鉄漿媒染(黒)で模様の輪郭線が手描きされ、茜と藍で色づけされた小気味よいパターンの花入り幾何学模様が印象的な本インド更紗裂は、明らかに日本好みの意匠として手掛けられた一群のインド更紗と指摘できるもので、近似するデザインのものを江戸期製作の著名な”更紗裂帖(手鑑)”や博物館所蔵品のうちに目にすることができます。

台形のパーツが幾何学模様を構成するこの古渡りインド更紗は、当時から数寄者の間で”袴腰手(はかまごしで)”と呼称されており、”袴腰”が茶の湯と縁が深いこともあわせ、大切に保存継承されてきたこの小さな断片からも裂愛好の遺伝子を感じとることができるように思います。

裂の全体及び細部をじっくりと目にしていると、壮大な宇宙観が眼前にひろがっていくような、日本古渡りインド更紗固有のスケール感と格調の高さに惹き込まれる一枚です。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
   

2021/1/2

18cシャム王国向け 古渡りインド更紗裂 仏手  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド南東部 コロマンデル海岸エリア Coromandel coast
製作年代(推定) 18世紀初中期
渡来地・使用地 シャム王国 アユタヤ王朝期
素材/技法 木綿、天然染料 / 手描き(カラムカリ)、媒染、防染、片面染め
サイズ 横24.3cm、縦15.2cm

インドで手掛けられ、アユタヤ王朝期18世紀のシャム王国(タイ)にもたらされた宮廷儀礼用布としての古渡りインド更紗裂。

”菩薩(天人テパノン)”が描かれた”仏手(ほとけで)”の呼称で知られる種類のインド更紗で、シャム王国でデザインされインド南東部コロマンデル海岸エリアで製作された特注のもの、高度な技術を有する絵付け・染め職人が製作にあたっており、海洋交易により世界各所にもたらされた(古渡り)インド更紗の中でも取り分け技術・意匠の完成度の高さで定評があり、当時の日本では”シャム更紗(シャムロ染め)”の名でその仏教的意匠が珍重され、大名・富裕商人・茶人等が愛好した様子が伝わるところとなります。

本裂は多層のボーダー柄を有する大判儀礼用布のエンドボーダーの一部分と推定されるもので、花繋ぎ模様が配された細幅ボーダーに上下を挟まれ、約10cmの太幅ボーダー(本裂における本体)に黄染めを背景にシャム更紗特有のデザイン構成による模様が染め描かれております。

とくに目を惹かれるのが大振りに描かれた龍、仏法・王国を守護する蛇龍神”ナーガ”の躍動感溢れる姿ですが、仏手の呼称の由来である”菩薩(天人テパノン)”、仏教に縁の吉祥の動物”鹿””うさぎ”の具象模様が同時に収まっている点、裂のプロポーションと色柄のバランスが整っている点で、本布には尽きせぬ魅力が感じられます。

歴史の浪漫を薫らせる古渡り期インド更紗の逸品裂です。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 

2021/1/1

祝 2021年 令和3年  




クリックすると元のサイズで表示します

(写真 ミャンマー・ヤンゴンにて)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ