2021/1/4

17−18c日本向け 古渡りインド更紗裂 袴腰手  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド ※地域不詳
製作年代(推定) 17−18世紀
渡来地・使用地 日本 江戸時代初中期
素材/技法 木綿、天然染料 / 手描き(カラムカリ)、媒染、片面染め
サイズ @上:横8.0cm、縦6.5cm、A下:横9.0cm、縦6.5cm

インドで手掛けられ、江戸時代初中期17〜18世紀の日本にもたらされた古渡りインド更紗裂。

大航海時代の17−18世紀、日本にもたらされ大名・茶人・富裕商人等が愛玩・使用したインド更紗の中には、日本人の嗜好が色濃く反映された”日本向け古渡り”と分類されるデザイン様式のインド更紗が存在することが確認されております。

白地に茜の明礬媒染(赤)と鉄漿媒染(黒)で模様の輪郭線が手描きされ、茜と藍で色づけされた小気味よいパターンの花入り幾何学模様が印象的な本インド更紗裂は、明らかに日本好みの意匠として手掛けられた一群のインド更紗と指摘できるもので、近似するデザインのものを江戸期製作の著名な”更紗裂帖(手鑑)”や博物館所蔵品のうちに目にすることができます。

台形のパーツが幾何学模様を構成するこの古渡りインド更紗は、当時から数寄者の間で”袴腰手(はかまごしで)”と呼称されており、”袴腰”が茶の湯と縁が深いこともあわせ、大切に保存継承されてきたこの小さな断片からも裂愛好の遺伝子を感じとることができるように思います。

裂の全体及び細部をじっくりと目にしていると、壮大な宇宙観が眼前にひろがっていくような、日本古渡りインド更紗固有のスケール感と格調の高さに惹き込まれる一枚です。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
   



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ