2022/6/21

19c バンカ島 絹緯絣&金糸緯紋織 ソンケット・リマル裂  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インドネシア バンカ・ブリトゥン州 バンカ島ムントゥック Muntok Bangka
製作年代(推定) 19世紀後期
素材/技法 絹、天然染料、撚金糸 / 緯絣、緯紋織(ソンケット)
サイズ 13cm×33cm

13cm×33cmの断片裂ながらも、高貴な布としてのオーラが隠しようもなく放たれている19cスマトラ貴族・富裕商人向けの儀礼用染織作品。

”カイン・ソンケット・リマル・ムントゥック(Kain Songket Limar Muntok)”と呼称される作例で、”バンカ島ムントゥック製作の緯絣と緯紋織で装飾された布”と意訳できるもの、完品は90cm×2mほどの女性用肩掛(スレンダン)であったものと推察されます。

絣柄の繊細さと色彩の完成度の高さは傑出しており、エンドボーダーを彩る典型的なムントゥック様式の”竹の子模様(プチュク・ルボン)”も端整かつ流麗で経緯絣と見紛うような出来映えです。

そして本裂の特筆すべきは撚金糸の煌びやかな美しさ(孔雀と象の連続模様が織り表されていると思われる)で、金の大方が剥離せずに残っており、当時において最も上質な部類のペルシャ・インド舶来の撚金糸が用いられている様子を顕微鏡画像から伺うことができます。

海洋交易による栄華の時代に花開いた染織作品で製作の盛期は短く失われていったもの、時代に固有の濃密な色香と、儚さを内包する孤高の完成美に魅了される一枚です。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


(光学顕微鏡による画像)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2022/6/16

20c初 ”鳳凰・松&井桁模様”経緯併用絣 近江上布  染織




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本・滋賀 湖東地域
製作年代(推定) 20世紀初め 明治時代
素材/技法 麻、藍 / 経緯併用絣
サイズ 幅(緯)33cm、長さ(経)125cm

”鳳凰””松””井桁”模様が大ぶりかつ端整に織り表された明治期の近江上布裂。

子供用着物の解き裂と推察される一枚で、同じデザイン様式で異なる吉祥モチーフが配された着尺地が同地域・同時代の所産として見出されます。

経緯併用絣に分類される染織作品ですが、仮織りの状態で伊勢型紙を用いた型紙捺染により糊置き・藍染めを行ったうえで本織りされるもの、糸は大麻と苧麻の交織が一般的に行われていたため、本品についても交織布である可能性を指摘することができます。

絣模様の美しさとともに上質な麻糸遣いの織物ならではの肌触りの良さと布表情のたおやかさが魅力、時代に固有の生命感と色香が薫る近江上布古裂の優品です。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


(光学顕微鏡による画像)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2022/6/4

19c 木綿地”真桑瓜”模様 絞り染め・男児用着物  染織




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 日本 ※地域不詳
製作年代(推定) 19世紀 江戸時代末−明治時代
素材/技法 木綿、天然藍 / 絞り染め
サイズ 裄丈37cm、袖巾21cm、袖丈42cm、身丈68cm

複数の絞り染め技法を駆使して布地全面に”真桑瓜(マクワウリ)”模様が生き生きと染め描かれた男児用の着物。

一つ身で魔除けの背守りが縫われており、寺社参拝用の着物と考察されますが、蔓を長く張り巡らせ葉と実がふっくらと瑞々しく育つ姿が可憐に表されており、子供の健やかな成長を祈る親の気持ちが伝わってまいります。

木綿地は手紡ぎで柔らか味が強く当時としては相当上質な種類のもの、藍の色も深くかつ瑞々しく、手の込んだ絞り染めを併せて特別上等なものを紺屋に発注したものと推察されます。

戦争や震災等の災禍をくぐり抜けて、ここまで状態良く現在まで守り伝えられてきたことに感謝をしたくなる一品です。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



(参考画像) 江戸時代に東京葛飾エリアで栽培されていた真桑瓜
クリックすると元のサイズで表示します
※上画像は「最新の食情報を動画報道するフードボイス」記事より転載いたしております



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ